インタートイズ社

エンタープライズ分析用のコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームは、俊敏性とコスト削減のための要素を構築します。

インタートイズ社はTeradata Vantageを利用している顧客です

データ分析は、小売業者のホリデーシーズンの収益を左右します。

あなたはおそらく、ホリデーシーズンを玩具の小売業者にとって最も忙しい時期と関連付けるでしょう。 しかし、在庫の注文と管理に加えて、ホリデーシーズンに最も人気のあるおもちゃ、色、ビデオゲームの予測は、数か月前に開始されます。 メーカーの注文は3月までに完了し、夏には配送センターが満杯になります。 9月に入ると、玩具の小売業者は、在庫の補充、需要の予測、販売量の管理、そして全店舗で今年注目のおもちゃに目をつけます。

オランダ最大の玩具店チェーンであるインタートイズ社は、データを活用してビジネスを展開しています。 この小売業者は、200以上の小売店舗、オンラインチャネル、姉妹会社、さらには外部ソースのデータを統合し、在庫、売上、在庫状況を常に把握できるようにしています。 クラウドデータ分析を導入することで、データ(およびデータから得られるインテリジェンス)をビジネスの中核に据えた近代的な企業へと生まれ変わりました。

オランダ最大の玩具店チェーンであるインタートイズ社は、常に競合他社に先行することを目指しています。 そのためには、所有して作成したデータだけでなく、外部のサードパーティデータを活用して、需要、傾向、季節性に関する洞察を明らかにする必要があります。

「データはますます重要になっています。」

「自分たちが持っているデータだけでなく、外部のデータも活用することで、通常は見えない関係性が見えてくるようになってくるでしょう。 たとえば、スポーツイベントやテレビ番組の成功(LEGOマスターズに広告を出すなど)と、これが製品購入に与える影響などが分かるようになるはずです。」

ロビン・ティクラー、 ITマネージャー

数字で見るインタートイズ社

200+
小売店舗
44
年の歴史(1976年に設立)
2017
玩具のトップ小売チェーン部門においてING Retail Annual Awardを受賞

サードパーティデータ(気象情報、スポーツイベント、ポップカルチャーイベントなど)とオウンドデータ(製品、販売、顧客データなど)をデータ統合することで、より深い洞察につながる答えを生み出します。

「当社では、複雑なマルチジョインのクエリを実行して、データのユニークな組み合わせや、世界的なイベントが売上や特定の製品にどのような影響を与えるかなどを調査します。 たとえば、あるイベントの影響を予測することで、特定の種類の製品やターゲットとなる顧客グループの売上増加につなげられる可能性があります。 天気やスポーツイベントによって影響されることもあるでしょう。 このような外部や第三者のデータを、エンタープライズ分析に向けたコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームであるTeradata Vantageに集約する必要があります。」

データのレイテンシにより、モダナイズが必要になります。

「まず求めていたのは、すべての玩具(製品)、販売データ、マスターデータ、財務データなどがある、一元管理された統合データウェアハウスです。 テラデータは非常に強力なクラウドデータ分析プラットフォームであり、さまざまな領域とデータソースをすべてひとつのマネージドデータ分析プラットフォームに簡単に統合できます。」

ロビン・ティクラー, インタートイズ社、ITマネージャー

統合データが不足している場合、部分的なデータのみを使用して意思決定を行わざるを得ません。 小売チェーンを運営し、オンライン販売を管理しているインタートイズ社にとってこれは独自の課題であるため、Teradata Vantageに注目しました。

「実に大きな課題でした。小売チェーン店はそれぞれ異なるERPやレガシーシステムを使用しているため、データソースが大きく異なります。テラデータならそれらシステムと連携できるのです。 テラデータを選んだのは、エンタープライズ分析に最適なコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームであり、VantageがData Lake、データウェアハウス、分析をクラウドで統合してくれるからです。」

彼らがテラデータを選んだ理由は、当初のオンプレミス型プラットフォームにさかのぼります。 テラデータを長年愛用してきたインタートイズ社が当初、使用していたデータ分析プラットフォームは、システムインテグレーター(SI)のデータセンターに設置されたオンプレミス型ソリューションでした。 ハードウェアの減価償却スケジュールと組み合わせて、一連の買収、プライベートエクイティ出資の購入、売却が行われました。 新しい管理とビジョンの下で、インタートイズ社はクラウドの評価を含むデータの近代化戦略を開始しました。

「以前は、自社のデータセンターを一元管理していました。 1年半前、私たちはクラウドソリューションについて考え始めました。 なぜクラウドソリューションを使用する必要があるのか? 私たちにとってのメリットは何なのか? と考えた時、すべてのアプリケーションをクラウドに配置することを決定したのです。」

クラウドへの移行は、インタートイズ社に新たな俊敏性をもたらし、限られた社内リソースをインフラリソースの管理から解放しました。これによってデータ分析能力を継続的に向上させる、さらに戦略的なITイニシアチブに集中させることができます。

パブリッククラウドは、コスト削減と柔軟性を提供します。

「パブリッククラウドは以前に比べて安価で安全になっていました。 スケールアップやスケールダウンにも柔軟に対応でき、24時間いつでも利用できます。 技術的な部分を自分たちでサポートすることはできません。 テクノロジーは急速に成長しており、社内のリソースですべてを対処するのは困難でした。 そのため、社外でその機能を管理してもらう必要があったのです。」

ロビン・ティクラー, インタートイズ社、ITマネージャー

クラウドがコストとセキュリティ、そしてアジリティとイノベーションの理想的なバランスを備えていることを認識したインタートイズ社は、利用可能なパブリッククラウドサービスプロバイダー(CSP)の候補を検討しました。

デジタルリテールや玩具の分野でアマゾンが市場で競争力を持っていることを認識していたインタートイズ社は、クラウドサービスのプロバイダーとしてMicrosoft Azure を選択しました。

次に、チームは複数のクラウドデータ分析プロバイダーを評価しました。 そのうちいくつかはクラウドのみでした。 評価には、独自のハイブリッドマルチクラウド展開の柔軟性を備えたテラデータが含まれていました。

テラデータは、そのスケールで競合他社を圧倒します。

「複数のクラウドベンダーでテストを行いましたが、複雑なクエリの実行やデータ量の処理においては、テラデータが最も優秀でした。 スケールアップやスケールダウンが簡単にできるのです。 さらに、ガートナー社によると、大規模データを処理する拡張性、クエリの応答時間、同時実行性、クエリの複雑性の点でテラデータをトップに評価しています。」

ロビン・ティクラー, インタートイズ社、ITマネージャー

インタートイズ社の評価では、テラデータの比類ない多次元的拡張性を直接体験できました。

インタートイズ社の複雑なビジネスでは、複数の小売店や姉妹会社のデータを統合することで、さらに多くのユーザー、クエリ、複雑なクエリ、データが発生するため、エンタープライズアナリティクスに向けた最新のコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームは、他のドメインに悪影響を与えることなく、多次元的な同時拡張ができなければなりません。

さまざまなデータソースのデータを統合することで、データ量が増加し、複雑なマルチジョインクエリが発生します。そのため、エンタープライズアナリティクスに向けたマルチクラウドデータプラットフォームは、クエリの複雑性も同時に拡張する必要があります。 さらに、これらの新しいデータソース(気象情報やソーシャルメディアなど)の中には半構造化データがあり、プラットフォームは、正規化されたスキーマ、半構造化スキーマ、非構造化スキーマなど、高度なスキーマにも対応する必要があります。 インタートイズ社がデータを最大の資産として処理し続けることで、データ分析に依存するアプリケーションの数は増加し、単純なレポート作成やエグゼクティブダッシュボードから複雑なデータサイエンスモデルまで、非常に複雑なワークロードを生み出すことになります。 このようにワークロードが多様化すると、アプリケーションやユーザーによってプラットフォームの使用率を高くなっている際は、データ分析プラットフォームがSLAを維持することが難しくなります。

「AzureでTeradata Vantageを使うことで、より信頼性が高くなっていると感じています。 データ量、クエリ量、クエリの複雑さ、ワークロードが拡大しても、信頼性の高い予測可能なクエリ応答時間を得ることができました。」

インタートイズ社が行ったクラウドに特化したベンダーのテストでは、これらのテクノロジーには制約があり、多次元のスケールを同時に実現するできないことが分かっています。 オンプレミス環境を移行したインタートイズ社は、ハイブリッド・マルチクラウドに向けて構築されたデータ分析プラットフォームに、Teradata Vantage on Azureを利用しています。 テラデータのデータ分析プラットフォームは、弾力的なスケールアップ、ダウン、アウト、およびインが可能であることが実証されており、インタートイズ社に最小限のコストで大規模かつ最高のパフォーマンスを提供しています。

その他のお客様の導入事例