Azure上のTeradata Vantage

Microsoft Azureインフラストラクチャに関する分析の専門知識

Better Together:
Vantage + Azure

クラウドやその他の場所で、分析プラットフォームとしてのTeradata Vantageの優位性に近づくものはありません。 Microsoft Azureの世界的なフットプリントと相まって、お客様はVantageの強力なクラウドアーキテクチャを使用して、最高レベルの高度な分析を実現できます。

両方を一緒に使用して、Vantage、Azure Blob、ADLS Gen2、HDInsight、またはその他のデータストアで利用可能なすべてのデータの分析を実行します。 必要に応じて拡張し、Microsoft Power BIなどのお好みのビジネスインテリジェンスおよびビジュアライゼーションツールと統合します。

Azureのカタログをダウンロードする

Vantage on Azureは、多くのユースケースの力となります。

新機能へアクセスする

Teradataソフトウェアの最新バージョンを試して、新しい分析機能を確認してみてください

テストと開発

オンプレミスのリソースとは別にテスト/開発ワークロードを実行します

新しいアイデアをすばやく試す

POCを実施し、新しいデータセットを迅速に分析する

データラボを作成する

データサイエンティストが自分の領域でデータをロードして結合できるようにします

本番実行

オンプレミスインフラストラクチャの有無にかかわらず分析を運用可能にする

すばやいリカバリー

アジャイルなクラウドベースの災害復旧環境を確立

Azure上のTeradata Vantage

クラウドでの選択を強化

TeradataとAzureで、クラウドで高度な分析を簡単に実行できます。 環境管理を気にせずにVantageを利用したいとお考えですか? Vantage on Azureを選択します(以下を参照)。 Azureデータウェアハウス環境をカスタマイズして、よりきめ細かく制御したいですか? Vantage on AzureをDIYの考え方で選ぶ。 いずれにせよ、Azureインフラストラクチャを使用して一貫したVantage機能をお楽しみください。

ビジネス上の利点
As-a-Serviceを選ぶ理由?

Teradataはas-a-serviceにより、お客様の分析インフラのパフォーマンス、セキュリティ、可用性、運用をAzure上で管理します。 社内チームはITではなく、答えに集中できます。 ソフトウェア・パッチやバージョン・アップグレード、パフォーマンス・レポート、サポート・チケットの解決など、細かいタスクはTeradataが行います。お客様はビジネスの管理に集中していただけます。
  • ビジネスに焦点データ駆動型ビジネス上の洞察に焦点を当てられます
  • 一貫性:どこにでも展開されるものと同じTeradataソフトウェアを使用します
  • セキュリティ:セキュリティ、コンプライアンス監査を介して安心を提供
  • 拡張性:すぐにスケールアップ、ダウン、アウト、およびインするか、停止してから後で再起動します
  • 監視と制御: Webベースのコンソールを介してアカウントを簡単に管理
  • 財務の明確さ:隠れた手数料なしの予測可能な価格設定により、予算編成を簡素化
  • クラウドフォワードアーキテクチャ:利用可能なデータを100%活用して、リアルタイムのインテリジェンスを大規模に明らかにします。
As-a-serviceの詳細情報
As-a-serviceにより、データからより大きな価値を簡単に得られます。

サブスクリプションにはインフラストラクチャ・サービスが含まれます。

統合

オンボーディングおよびプロビジョニング支援

監視

システム・モニタリングおよびメンテナンス

アップグレード

パッチ管理およびソフトウェアのアップグレード

セキュリティ

動的および静的データの暗号化

バックアップ

毎日、毎週、または毎月のバックアップの選択

サポート

プレミアクラウドサポートが含まれます

  • 機能と利点
セキュリティ

Teradataはセキュリティを優先します。 すべてのas-a-serviceの顧客データは暗号化され、国境を越えて移動することはありません。

Teradataプレミアクラウドサポート

As-a-serviceには、プロビジョニング、オンボーディング、ソフトウェアパッチ、アップデートなどの包括的なインフラストラクチャとソフトウェアサポートが含まれます。

魅力的な価格設定

Teradataは、柔軟なサブスクリプション価格を提供し、予算編成を簡素化します – 隠れた料金はありません。 従量課金制で、使用した分だけ払います。

コンプライアンス

厳密な設計と独立した第三者監査で、GDPR、PCI、HIPAA、SOC 1と2、およびISO 27001のas-a-serviceとしてのコンプライアンスが重視されていることがわかります。

コンピューティングとストレージ

アプリケーションとユースケースに必要なコンピューティング・パフォーマンスとストレージを選択します。 クラウドサービスの説明を表示して最新の選択肢を見ます。

Azureグローバルフットプリント

Azure上のVantageは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋の多くのAzure地域でご利用いただけます。 包括的なリストについてよくある質問を見る

管理コンソール

Teradataは、1つの便利なWebベースの管理ツールでアカウントを制御するために必要な情報を顧客に提供します。

ネットワーク接続性

仮想ネットワークピアリング、Azureプライベートリンク、Azure ExpressRouteなど、Vantage on Azureアカウントに接続するためのいくつかの方法から選択します。

Azure BlobとADLS Gen2の使用

アクセス頻度の低いデータに最適な場所

Vantageは、バックアップにAzure Blobストレージを使用します。 Azure BlobとAzure Data Lake Storage Gen2(ADLS Gen2)はどちらも、ストレージのコストが他の方法よりも低いため、パッシブでアクセス頻度の低いデータに最適なソリューションです。 Vantage、Azure Blob、ADLS Gen2の統合は、構造化、半構造化、非構造化を問わず、大量のデータを抱える企業に適しています。 オファリングは補完的な機能で機能します。ユーザーがAzure BlobまたはADLS Gen2に格納されているデータに対して分析を実行する場合、最初にデータをVantageに移動することなく、Azureデータウェアハウスからそのデータをクエリするだけで済みます。
次のセクション:

料金プラン

無駄なボトルネックや複雑さからの脱却

ホワイトペーパーのダウンロード