Teradata Vantageは、ハイブリッド、マルチクラウド環境に対応

比類のない柔軟性
無限の可能性

ハイブリッドマルチクラウド環境で、 より 広がる選択肢、 もっと俊敏に。 Teradata Vantageは、ハイブリッド、マルチクラウドに対応したクラウド・データプラットフォームです。現代のビジネスに必要なパワーと柔軟性を提供します。さらなるコントロールを備え、リスクを軽減し、ロックインを回避できます。

詳細はこちら

デプロイメント
オプション

  • Hybrid Cloud

    ハイブリッドクラウド

    新規および既存のインフラストラクチャを統合し、絶えず変化するビジネス需要に対応し、ハイブリッドクラウドの展開で次に来るものすべてに備えます。 オンプレミスとパブリッククラウドのオプションを組み合わせて使用できます。

  • Multi-Cloud

    マルチクラウド

    複数のクラウドが1つのクラウドよりも優れていることもあります。 マルチクラウド展開により、柔軟性が向上し、ただ1社のパブリック・クラウド・ベンダーに縛られることを回避できます。 ビジネス要件に基づいて各環境を最適化します。

  • Public Cloud

    パブリッククラウド

    パブリッククラウドは、速度、サービス、および無制限のスケールの新しい標準を提供します。 パブリッククラウド・プロバイダーは、柔軟性が高く、大規模な(そして低コストの)ストレージと、価値実現までの時間を短縮します。

  • オンプレミス

    既存のインフラストラクチャへの投資を活用するか、Teradata専用インフラストラクチャを活用して、レイテンシーを最小限に抑え、オンプレミスのデータの重要性を最大限に活用できます。

導入戦略ガイドを見る

各デプロイメントオプションの詳細

パブリッククラウド

アマゾンウェブサービス(AWS)

Teradata VantageのパワーとAmazon Web Servicesのグローバルなフットプリントを組み合わせて、クラウドで最高レベルの高度な分析を実現します。

詳細はこちら

Microsoft Azure

必要に応じて拡張し、Microsoft Power BIなどのお好みのビジネスインテリジェンスおよびビジュアライゼーションツールと統合します。

詳細はこちら

Google Cloud

Googleの高度なIT機能、一流のセキュリティ、環境に優しいデータセンターのグローバルネットワークをご活用ください。

詳細はこちら

オンプレミス

IntelliFlex

最後の一滴まで絞りだすようなパフォーマンスで究極の分析を実現。Teradataの高度に最適化された専用インフラストラクチャを使用すれば、処理能力とストレージを独立して拡張できます。

詳細はこちら

VMware

VantageをVMware vSphere仮想化ソフトウェアとともに展開して、独自のハードウェア・ユーティリティを最大化します。 独自のプライベートクラウドによるレイテンシーの回避。

詳細はこちら

その他のオプション

Teradata Cloud

パブリッククラウドに参加しなくても、クラウドの利点を享受できます。 米国を拠点とするTeradataのデータセンターの1つに、専用のインフラストラクチャを導入して管理しましょう。

詳細はこちら

Customer Cloud

システムのプロビジョニングと管理の問題に煩わされないで、強力な分析を取得しましょう。 Customer Cloudは、Teradataが運用する専用のTeradataインフラストラクチャを独自のデータセンターに提供します。

詳細はこちら

必要に応じて適応

ニーズは急速に変化します。 しかしTeradata Vantageは変わりません。 ポータブル・ソフトウェア・ライセンスによりアーキテクチャ間の移行が容易で、アプリケーションを再コーディングしたり、担当者を再トレーニングしたり、既存の分析プロセスをやり直したりする必要はありません。

使用する分だけ支払う

Teradata Vantageは、混合モデル(高い使用率または非常に予測可能な使用率に最適)または消費モデルで提供できます。消費モデルでは、使用した分だけ支払えます。 契約や前払い金の必要がなく、コストの透明性と自動弾力性が得られます。

詳細はこちら

ITではなくビジネスに焦点

Teradata VantageはAs-a-Serviceで提供します。日常の管理タスクの管理について心配することなく、卓越したパフォーマンス、エンタープライズクラスのセキュリティ、および信頼性の高い可用性を実現できます。 シングルテナント環境、専用リソース、および独自のネットワークまたはクラウドサブスクリプションへの安全な接続を特徴とするTeradata Vantageは、少ない作業で管理できます。

詳細はこちら

詳しく見る

Teradata Vantage展開戦略ガイド

各展開オプションには独自の利点があります。 1つのワークロードまたは組織に最適な選択は、多くの場合、戦略、タイミング、価格、競合する優先順位など、複数の考慮事項に基づいています。

パブリッククラウド

  • 長い調達プロセスなしで、価値実現までの時間を短縮します。
  • 資本支出(事前購入)から運用費用(従量制またはサブスクリプション)にシフトします。
  • 財務リスクを軽減します。 小さく始めて、必要な場合にのみ成長することができます。
  • 自動化または外部委託できるタスクを監視する必要がなく、独自の付加価値に焦点を合わせます。

 

マルチクラウド

  • 地理的に多様なクラウドネットワーク間で可用性リスクを分散させます。
  • 競合するプロバイダー間で絶えず交渉することにより、コストを削減します。
  • ユーザーの要件と利用可能な最良のインフラストラクチャに従ってワークロードを分離します。
  • プロバイダーに関係なく、最新のクラウドエコシステムイノベーションに早期アクセスできます。
Multi Cloud Graphic

ハイブリッド・クラウド

  • 待ち時間、敏捷性、速度、コスト、スキル、およびワークロード期間に基づいて、各ジョブに適したツールを活用します。
  • クラウドで新しいイノベーションを促進しながら、既存オンプレミスのエコシステムへの影響を最小限に抑えます。
  • スキル、ツール、および方法論をある環境から別の環境に拡張します。
  • リスクを最小限に抑え、必要に応じてオンプレミスに戻すなど、すべてのオプションを開いたままにします。

 

オンプレミス

  • 既存のデータセンター施設、人員、および分析パイプラインを使用します。
  • 専用のインフラストラクチャで実行されるソフトウェアを使用して、パフォーマンスを最大化します。
  • データ、アプリケーション、およびユーザー間のネットワーク遅延を最小限に抑えます。
  • 「ダークサイト」として運用し、インターネット経由のアクセスを排除することでサイバー脅威を軽減します。

導入の好みに関係なく、テラデータには、ほぼすべてのエンタープライズ要件に対応できるさまざまなオファリングがあります。 Teradata Vantageソフトウェアは、環境に関係なく、常に一貫性があります。 そして、ポータブル・サブスクリプションでは、どの選択も変更または取り消すことができます。これにより、意思決定のリスクが軽減され、予算に敏感なエグゼクティブに安心感がもたらされます。