Share
content_copy
ホワイトペーパー

妥協のない変革: 多次元スケーラビリティの力

妥協のないスケール

デジタル戦略を成功させるには、大量のデータ容量を収集するだけでは不十分です。データを、問題の解決、より迅速なイノベーション、意思決定への情報提供、将来の予測に使用される最も重要なビジネス資産として扱う必要があります。

データを使用して、機械部品のメンテナンスが必要な場合、または新しいコスト削減の機会が必要な場合に、顧客の最新の好みを予測することは、今日のビジネス環境における競争優位性以上のものです。データの最適化が今や必要です。ビジネスにおいて不確実性は高くつく可能性があります。データ分析プラットフォームでも高額になる可能性があります。組織は、ハードウェアまたはユーザーの追加がプラットフォームのパフォーマンスとコストに与える影響を正確に予測する必要があります。多くのベンダーは、スケーラブルなプラットフォームを、複数のクエリを実行し、将来のデータ増加のニーズを満たすことができるシステムとして定義しています。ただし、スケーラビリティでは、遅延、パフォーマンス、信頼性、可用性、総所有コストなどの重要な要素も考慮する必要があります。

そのため、スケーラビリティのより正確な定義では、データ分析プラットフォームに不可欠な8つのドメインが考慮されます。スケーラビリティの8つの側面により、組織が大規模なデータワークロードから実用的な洞察を得る方法をご覧ください。企業は、すべてのデータについて洗練された新しい質問をして、ビジネスの成果を推進し、目標を達成することができます。