Teradata Vantage

エンタープライズアナリティクスに向けコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォーム

ハイブリッド、マルチクラウド環境のための最新クラウド・データプラットフォーム

Teradata Vantage™は、データレイク、データウェアハウス、分析、そして新しいデータソースやデータタイプなど、あらゆるものを統合する、最新のクラウド・データプラットフォームです。 ハイブリッド、マルチクラウド環境、柔軟性の高いVantageは、豊かなインテリジェンスを提供して、ビジネスの未来を構築します。

あらゆるビジネス課題に答えるデータ活用を実現

統合された部門の枠を超えたデータに対して、あらゆる部門のあらゆるユーザーがデータ活用できるようになります。

詳細はこちら

あらゆる次元で拡張

Teradata Vantageのエンタープライズ・レベルの多次元スケーラビリティは、今日、そして将来の大規模なデータワークロードを高いコストパフォーマンスで処理することを可能にします。

詳細はこちら

高度なアナリティクスに対応

最先端のマシンラーニングやAIを活用することで、より多くのモデル、さらなる品質の向上、より優れた結果を導き出すことができます。

詳細はこちら

データとアナリティクスの民主化

全社レベルでのデータ活用を推進するため、データへの役職別アクセスレベルを設定し、ノーコードでデータ活用を可能とするウェブベースのプラットフォームを提供します。

Teradata Vantageがデータ活用を推進

どこにでもデプロイできます

業界で最も柔軟なプラットフォーム。

Teradata Vantageは、パブリック・クラウド(AWS、Azure、Google Cloudなど)、Teradata IntelliFlexを使用したオンプレミス、またはVMwareを使用した汎用ハードウェアなど様々な環境にデプロイすることができます。また、これらの環境を組み合わせたハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境での運用が可能です。

Teradata Vantageのラインセンスは、頭金ゼロの従量課金を選択することが可能です。また、デプロイ環境を変更することができるポータブルライセンスとなっています。

詳細はこちら

すべてのデータを収集

すべてのデータタイプとフォーマットに対応

Teradata Vantageは、産業用センサーからソーシャルメディアまで、組織内のソースからのあらゆるタイプのデータを統合して、信頼できる唯一のデータソースを提供します。

また、JSON、BSON、XML、Avro、Parquet、CSVなどの一般的なデータタイプとフォーマットのすべてに対応しています。

すべてのデータを統合

データサイロを解決

Teradata Vantageは、データレイク、オブジェクトストレージ、クラウドサービスなど、社内に散在するすべてのデータに接続して分析することで、ビジネスの全体像を把握できます。

幅広いオープンソースおよび商用テクノロジーを使用して、ユーザーが企業全体のあらゆるデータにシームレスに、透過的に、大規模にアクセスできるようにします。

高度なワークロードを簡単に

トータルにトランザクションをコントロール

世界で最も先進的なワークロード管理により、ビジネスの優先順位に応じてユーザーのワークロードに処理リソースを割り当てることができます。すべてを自己管理し、設定した後は何もする必要がありません。

詳細なスペース管理、データベースの再編成、データの再分割、インデックスの再構築、クエリのチューニングなどの作業が不要で、データ管理の煩雑性が解消されます。

大規模な分析を簡単に

シンプルなツールでパワフルなインサイト

Jupyter NotebookやRStudioなどの一般的なツールを使用して、記述的、予測的、および規範的なアナリティクスを可能とし、SQL、R、Python、SASなどの既に使用している言語で複雑なアルゴリズムを実装できます。

あらゆるタイプの分析をほぼリアルタイムで大規模に実行できます。

Teradata Vantageが答えを解き放ち、あらゆる方向にスケーリングし、すべての人にデータを提供する方法
The Virtual Experience

Teradata Vantageにできて、他製品ではできないこと

他のクラウド・データウェアハウス Vantage
クラウドの選択
AWS、Azure、Google Cloudから選択可能 他のクラウド・データウェアハウス
AWS、Azure、Google Cloud、およびプライベートクラウドの選択 Vantage
必要な分だけ支払うシステム
散発的なワークロード向けの従量課金型料金のみ 他のクラウド・データウェアハウス
従量制と柔軟性のあるオファーによる混合型価格を実現 Vantage
予測可能な料金体系
予測不可能な従量課金制のみ 他のクラウド・データウェアハウス
必要な分だけ支払う混合型料金モデル Vantage
ハイブリッド展開
ハイブリッドのサポートなし(クラウド・リソースが必要) 他のクラウド・データウェアハウス
オンプレミスとクラウドは同じソフトウェアと組み合わせて機能します Vantage
空間と時間を分析する
データマネジメントのみ(スペースと時間に関する高度な機能は不要です) 他のクラウド・データウェアハウス
ビルトインの4D分析(地理空間、テンポラル、時系列) Vantage
複数のアプリのSLAへの準拠
ワークロード管理なし。 自動スケールの限られた能力に依存します。 他のクラウド・データウェアハウス
動的なリソース割り当てにより、すべてのSLAをソフトウェアで管理 Vantage
ソフトウェアでのパフォーマンス最適化
高価なハードウェア・リソースのみを使用した強引な拡張 他のクラウド・データウェアハウス
高度な自動インデックス作成技術による優れたパフォーマンス Vantage
ピンポイントでのリアルタイム・アクセスおよび検索
戦術的なクエリ用には設計されていません 他のクラウド・データウェアハウス
リアルタイムの運用クエリに対応した戦術的なクエリ性能を搭載 Vantage
統合された高度な分析(AIとML)
サポートにはサードパーティのパートナーエンジンが必要です 他のクラウド・データウェアハウス
大規模に統合されたMLおよびAI Vantage
大規模なクエリあたりのコストが最も低い
クエリごとに発生する料金はテラデータの5~10倍です 他のクラウド・データウェアハウス
ソフトウェアの最適化により、クエリごとのコストを最小化 Vantage
業界アナリストによるトップ評価
さまざまな活用事例で10〜12位にランクインしています 他のクラウド・データウェアハウス
ガートナーのクリティカル・ケイパビリティ・レポートで4つのユース・ケースすべてにおいて1位。かつ、フォレスターの製品全般カテゴリーでも1位 Vantage

従量課金

業界で最も低いクエリあたりのコストで、従量課金モデルで最高のパフォーマンスを発揮するクラウド・データアナリティクスを実現します。 使った分だけ後払いすることで、まずは小さく始め、大きく拡張することができます。

詳しくみる

エンドツーエンドのコンサルティングサービス

テラデータの世界クラスのデータとアナリティクスのエキスパートがデータ活用戦略の立案から、データプラットフォームの構築、アナリティクスの運用までお客様のデータ活用を包括的にご支援します。

Teradataの専門性
Explore expertise Teradata Consulting

Teradata Vantageについてもっと詳しい情報はこちら

機能を見る

Vantageのデモ

今すぐ確認する

ホワイトペーパー、レポート、およびリファレンスドキュメント

ドキュメントの詳細

Teradata Vantageのブログ

ブログを読む

顧客事例

ストーリーを読む