Subscribe to the Teradata Blog

Get the latest industry news, technology trends, and data science insights each week.



テラデータはソリューションやセミナーに関する最新情報をメールにてご案内する場合があります。 なお、お送りするメールにあるリンクからいつでも配信停止できます。 以上をご理解・ご同意いただける場合には「はい」を選択ください。

テラデータはお客様の個人情報を、Teradata Global Privacy Policyに従って適切に管理します。

クラウドデータウェアハウスの価格設定の落とし穴に注意してください

クラウドデータウェアハウスの価格設定の落とし穴に注意してください
こういった話はご存知でしょうか。ある企業はクラウドに移行し、組織全体のユーザーは部門のニーズに合わせてクラウド環境をすばやくスピンアップし、パフォーマンスや弾力性などのメリットと価値に誰もが満足しています。その後、会社は請求書を受け取ります。すごい金額です。ビジネスが期待した節約を実現できなかっただけでなく、クラウドのコストは実際には予算を上回っていました。大幅に。
 
業界アナリストは、この問題が続くと予想しており、これは別の問題につながります。企業は、クラウドへの移行が賢明な決断であったかどうか疑問に思っています。「2022年までに、クラウドデータマネジメントを使用している組織の75%が予算超過に直面し、クラウドサービスを使用することの価値に疑問を投げかけるでしょう」とはガートナーの見解です [1]
 
経営幹部は、予想外のコストに見舞われる可能性があることを知りながら、安心できるでしょうか。経営幹部はすでに多くの課題に直面しており、計画外の経費を正当化しようとすることに苦しみたくはないはずです。
 
残念ながら、予想よりも高いコストで目の前のものが見えなくなるのはよくあることです。クラウドデータウェアハウスの予算を20万ドルと見積もっていたのに、実装後に50万ドルの費用がかかっていた、ということがあり得るのです。一部のクラウドデータプラットフォームプロバイダーは、顧客(特に顧客のCFO)がより多くの支払いに慣れる必要があるという横柄な態度をとっていますが、テラデータはこの問題にソリューションを提供します。
 
テラデータの柔軟な価格設定により、企業は混合型課金設定と消費ベースの価格設定の両方を利用できるため、コストを管理し、使用した分だけ支払うことができます。
 

予算超過を回避するのは難しいことではありません

ガートナーが最近のレポート「Overcome Economic Uncertainly Through Financial Governance of Your Cloud Data Management Environment(クラウドデータマネジメント環境の財務ガバナンスを通じて不確実に経済を克服する)」で述べたように、データと分析のリーダーはしばしば予算超過によって不意を突かれます。コストへの影響に注意を払うことなく、簡単にクラウドリソースを作成したり、環境を拡張したりできますが、どちらも痛みを伴う予算超過の一因となると言われています。
 
その他の原因には、オンプレミス環境には適用されなかったクラウドの隠れたコストや、クラウドデータウェアハウス・プロバイダー間での予算編成とコスト管理の管理フレームワークの大きな違いが含まれます。データをクラウドから移動するワークフローでも、初期の予算編成と計画では考慮されていなかった可能性のある追加料金が発生する可能性があります。最適な価格設定モデルと整合していないワークロードなどの他の要因も、コストを増加させる可能性があります。
 

財務管理がクラウドの俊敏性に影響を与えないようにするには

組織は、ガートナーのリサーチノートのアドバイスに従って、クラウドの展開を制御するための予防的な対策を適用できますが、これにより、企業が好む敏捷性、柔軟性、弾力性が失われます。これを回避するために、企業はテラデータに注目しています。支払いオプションを選択できる一方で、使用されたものに対してのみ支払いを行い、それ以上の支払いを行わずに、最新のクラウドデータ分析プラットフォームのすべてのメリットを享受できます。
 
ガートナーへのクラウドでの問い合わせと「コスト」、「コスト最適化」、「価格設定」、および関連キーワードは、2018年から2019年にかけて約17%増加し、企業が苦労している分野であることを示しています。ビジネスユーザーがクラウドで動的スケーリングを活用する場合も、企業は課題に直面します。
 
ガートナーが1つのクラウドデータプラットフォーム・プロバイダーについて述べたように、ワークロードが持続し、変動性がない場合、持続的なワークロードは常に「クレジット」を引き下げるため、プロバイダーの動的な弾力性機能の価値は低くなります。クレジットは、会社の複雑な価格体系の一部としてクラウドサービスの支払いに使用できます。 
 
このアプローチの大きな欠点の1つは、システムに制約を課すと、システムが提供できる値が制限されることです。確かに、ユーザー数の制限、ワークロードの削減、パフォーマンスの縮小、またはその他の対策を講じることでコストを管理できますが、そもそも多くの企業がクラウドに移行した理由も取り除かれます。多くの幹部が、一部のクラウドプロバイダーの価値に疑問を投げかけることになるのも不思議ではありません。
 
しかし、安心してください。企業は両方の長所を活かすことができます。彼らは、これらの厄介な制限なしに、クラウドでのデータウェアハウスと高度な分析の恩恵を受けることができ、それでも予期しないコストに見舞われることはありません。クラウドの高度な機能を最大限に活用しながら、柔軟で透過的な価格設定を行うことは可能です。そのため、テラデータは、複雑さのない簡単な価格設定モデルを提供しています。使用した分だけ支払うのは簡単で、予算内で友好的です。
 

価格神話を崩壊させる

市場での誤解の1つは、テラデータのデータ分析ソリューションは高価だということです。数字を見る人は誰でも、真実はその逆であることをご存知です。テラデータは、最新のクラウド分析プラットフォームであるTeradata Vantage™で最高の機能を提供し、簡単な従量課金制と業界のベストレート料金を提供しています。たとえば、コンピューティングの場合は1時間あたり5ドル、ストレージの場合は1時間あたりテラバイトあたり19セントという低価格を提供します。これは、ローエンドでは、テラデータに競争力があることを意味します。ハイエンドでは、もちろんテラデータの競争力は明らかです。 
 
これは、テラデータがエンタープライズ規模の分析のクエリあたりのコストを最小限に抑えるためです。 真実は、テラデータは、0.007ドルという低いクエリあたりのコストで大規模に最善の取引を行っているということです。これこそ、CFOが聞きたがっている真実でしょう。
 
低コストのプラットフォームを使用することは、コスト超過を軽減するための1つの答えです。Vantageの従量課金制は、開始するための簡単なオプションを備えた最高の分析を企業に提供します。組織は、費用対効果が高く、導入が容易な最新のクラウド分析プラットフォームの恩恵を受けています。テラデータの柔軟なクラウド価格設定の詳細はこちらからご覧ください。
 
もう1つの真実は、企業は分析に対する最新のアプローチ以上のものを必要としているということです。また、価格設定に対する最新のアプローチも必要です。Vantageは両方を提供します。当社の柔軟な価格設定には、混合オプションと消費オプションが含まれ、他のプロバイダーにはなかった安心の価格設定を顧客に提供しています。テラデータは、投資を結果に見合うものにし、企業が部門ごとにコストを簡単に追跡できるようにすることで透明性を提供、ユーザーの需要を予測する問題を排除する自動スケーリングを提供します。言い換えれば、複数の問題を解決しました。
 
シンプルな価格設定指標により、顧客は価格設定を予測して、請求やCFOとの厄介な会話に伴う問題を防ぐことができます。たとえば、コミットメントとオンデマンドのオプションにより、企業はビジネスに最適な支払い方法を使用してデータ分析用クラウドを思い切って導入することができます。コミットメントにより、最高の予算予測可能性のためにコンピューティングとストレージを事前購入できます。オンデマンドでは、必要なだけ使用して毎月支払う自由が得られます。お客様は、ワークロードに最適なオプションを選択できます。
 
柔軟な混合型課金設定により、コストの監視と管理が簡素化されます。さらに、柔軟な従量課金設定があるため企業はコストを正確に予測でき、従量課金制と定額制のどちらかを選択できます。 
 
成功している企業は、データが最大の資産であることを知っています。そういった企業はすべてのデータから最大の価値を引き出し、可能な限り低いコストで行う必要があります。そこにこそテラデータの強みがあります。テラデータのハイパースケール・プラットフォームは、将来のビジネスを構築するために必要な答えを企業に提供します。値段の高さに驚いたり、購入者が反省したりしなくていいのです。テラデータの最新クラウド分析へのアプローチをご確認ください。当社の価格設定への現代的なアプローチ、そして企業が最高の分析を最高の価格で手に入れていることを知って、ご安心いただければ幸いです。
 
[1] Gartner, Overcome Economic Uncertainty Through Financial Governance of Your Cloud Data Management Environment, Adam Ronthal, April 29, 2020.

Portrait of Chris Twogood

(Author):
Chris Twogood

Chris Twogood is Senior Vice President Global Marketing for Teradata Corporation. He is responsible for the Teradata brand, influencer relations, content marketing, corporate communications, global events, demand generation, account based marketing and digital for Teradata including web and social. Chris has thirty years of experience. Chris has extensive experience in the computer industry specializing in data warehousing, decision support, customer management and analytics. View all posts by Chris Twogood

Teradata Vantageを使用して、複雑なデータと分析を回答に変えましょう。

お問い合わせ