Texas Health Resources(テキサスヘルスリソース)

データの力を活用して700万人の患者の医療を変革しています。

Texas Health Resources(テキサスヘルスリソース)

米国の医療業界は、世界で最も大きく、最も複雑な医療システムの一つです。 Centers for Medicare & Medicaid Servicesが発表したNational Health Expenditure Dataによると、医療費は2025年に5.3兆ドルに達すると予測されています。

民間および公的なペイヤー、既存および新興のプロバイダーや小売クリニック、メーカー、製薬会社、流通業者などが存在する中で、ヘルスケア体験における患者とのインタラクションを改善する、より広範なエコシステムサービスへの需要が高まっているのは当然のことです。 集団健康管理(PHM)や個別化医療などの新たなトレンドは、データに基づいて患者のニーズや国民の健康増進に必要な医療サービスを特定するものです。

テキサスヘルスリソース(THR)は、社会奉仕を基盤とした非営利の医療機関で、「サービスを提供するコミュニティの人々の健康を改善する」ことを使命に掲げています。 テキサス州北部で700万人の人々にサービスを提供しているTHRヘルスケアには、テキサスヘルス・フィジシャングループ、病院、外来施設、近隣のケアセンター、ウェルネスセンター、ホームヘルス、そして予防とフィットネスサービスが含まれています。 ここではすべてのライフステージに対応した一連の治療を提供しています。

THRでは、データを最大の資産として扱っており、企業全体にフォーカス​した、患者の皆さんのデータに対する統合的なアプローチを採用しています。 私たちはデータの力を通して、患者体験やサービスを提供しているコミュニティの人々の生活を変革しています。

接続されたアイデンティティが、Patient 360への道を作ります。

350を超えるアクセスポイントで、患者の皆さんがテキサスヘルスリソースとつながり、ケアを受けることができます。

これらアクセスポイントには次が含まれます:
  • 27の病院

  • 80の外来施設、手術センター、行動医療施設、フィットネスセンター、イメージングセンター

  • 診療所や医院を含む250のコミュニティアクセスポイント

様々な患者向けアクセスポイントがあるということは、新しい患者の記録を作ることができる多くのソースシステムがあるということです。 さらに、臨床医、医師、看護師、スタッフは、意思決定を行うためにデータにアクセスする必要があるだけでなく、患者とのインタラクションに基づいてデータを補強する必要があります。

データの対象領域は次のとおりです:
  • 患者の経験(患者の満足度)

  • テキサスヘルス・フィジシャングループのコメント(看護師や医師によるメモ、請求の問題)

  • 臨床文書(ポートのクリーニング、包帯の変更)

  • 患者の問題行動

  • コールセンターの運営

  • デジタル、ウェブ、モバイル

  • 患者の安全

  • 薬局データ

  • 心血管

  • COVID-19の機能横断型チーム(在庫、患者、人員配置、テストセンターの提供)

数字で見るテキサスヘルスリソース

$5,000,000,000
営業収益
6,200
医師数
4,000
病院用ベッドのライセンス
23,000
従業員

データが分離されると、断片化やサイロ化が進み、データへのアクセスが困難になったり、不完全なデータによる不確実性につながります。

チームが不完全なデータに基づいて意思決定を行うと、患者体験が悪化し、患者の健康全体に悪影響を及ぼします。

「私たちは、コネクテッド・アイデンティティの観点から、『利用者が私たちと接触する頻度はどのくらいだろうか? それら患者のみなさんとどのようにつながり、その患者の皆さんの健康を実現できているのだろうか』と考えます。」(マイケル・パリス、最高データ責任者兼、分析部門バイスプレジデント、テキサスヘルスリソース)。

当初THRは、患者のアイデンティティをまとめて、患者のみなさんに行動のアドバイスを促すことができませんでした。

「テキサスヘルス・フィジシャングループの訪問を共同事業の一つに結びつけ、さらに病院の一つへと結びつけることはできませんでした。 全体的な医療システムの観点からすると、うかつなことは言えません。 誰もが緊急治療対応をし、その後救急部に行って、外来に行き、そして病院に戻ってきて3日間滞在しているのです。 全体としてつなぐことなどできなかったのです」(パリス氏)。

チームは、患者さんにとっての「信頼できる唯一の情報源 」を特定することに努めました。

たとえば、Carol Smithという人がCarol Jane Smithと同一人物である場合、THRは住所の確認やアイデンティティデータ更新のタイムスタンプを確認するなど、追加データを加えてアイデンティティを補強します。

「すべてのソースシステムからアイデンティティを取得し、追加の属性や情報を持つすべてのシステムを追加して、アイデンティティを補強します。 これらは、私たちがPatient 360に組み込んでいるフローで、その瞬間から下流のシステムにある人物の一元化したビューを反映させることができます」(パリス氏)。

エンタープライズ・フォーカスでは、ビジネス全体と複数のソースシステムのデータを統合することで、THRはより深い洞察を発揮して、患者さんの体験や健康状態を改善することができます。

テラデータのデータウェアハウスは、2018年に12のソースシステムだったものが、2019年には24、そして2020年には43にまで拡大しました。テキサスヘルスリソース(THR)は現在、自社のERP、財務、いくつかのジョイントベンチャー、人事からデータを取り込んでいます。これらの追加データ要素を取り入れることで、チームはさらにリッチで接続されたPatient 360データセットを活用することができます。

「テラデータの機能によって、インタラクションデータの利用と取り込みをすることができます。そして、テラデータの強みである並列処理機能を利用することで、これらのソースをすべて統合することができます」(パリス氏)。

Connected IdentityとPatient 360ソリューションを導入することで、テラデータのデータウェアハウスにはマスタープロバイダーデータを内蔵できるため、個人の認識を改善し、メッセージの個人化、ケアレベル向上の機会を創出できます。 複数のシステムにまたがる患者ケアのタッチポイントを統合することで、THRは医師の診察、外来手術、リハビリテーション治療、処方箋を出す薬局、画像センターなどを接続することができます。 その結果、THRがデータを活用して患者のみなさんをサポートし、患者の転帰の改善につながる、コネクテッドな患者ケア体験を実現できます。

個人の高度な認識、メッセージの個人化、ケアのレベルの向上を実現する機会を創出します

「Patient 360とConnected Identityを利用することで、人々がどのようにシステムを移動しているかを十分に理解することができます。 では、システムから逸脱した場合、実際にどうやってシステムに戻すか。 アイデンティティをまとめることで、健康増進に向かう正しい方向へとガイドすることができるのです。

マイケル・パリス, チーフデータオフィサー兼、分析部門バイスプレジデント

患者360は、健康の転帰を改善します。

Patient 360のデータにより、THRは集団データを利用して、500万人以上の患者とのコミュニケーション、ケア、治療を行い、コミュニティの患者の健康にプラスの影響を与えることを目指しています。 その結果、患者が個々の行動やニーズにカスタマイズされていると感じられるケアジャーニーを提供し、集団全体の健康を最大化する医療システムが実現します。 さらに、企業全体でデータを統合し、アクセスができるようになったことで、システム内のチームがケアの質を向上させる可能性が開かれました。

パリス氏は、Patient 360がサポートしているコミュニティの健康を改善するミッションをいくつか挙げてくれました。

  1. 1. パーソナライズされたメッセージを通じて、患者に望ましい行動を促す

「1人の患者さんを診察する場合は、その患者さんに対する判断をすることができます。 Patient 360では、患者の母集団を調べて、個々の患者を診察る前に事前に判断をすることができます。 私たちは母集団全体の動向を把握しているため、個人に合わせた固有のメッセージを作ることができます。 公衆衛生を動かす方法を本当に理解するには、すべてのアイデンティティを整理し、すべての人を整理して、母集団を最も早く、最も簡単な方法でスライス&ダイスできるようにすることです。」

  1. 2. 救急外来の受診を長期的な利益に結び付ける

「私たちは救急外来への再来を減らすためのモバイルアプリケーションに注目しています。Patient 360では、救急外来受診から6ヶ月後のダウンストリーム効果をすぐに確認することができました。 Patient 360がなければ、救急外来を減らすことができず、戦術が機能していないように思われたことでしょう。 一方、私たちの戦術には、実際には患者のみなさんがテキサス・ヘルスとのつながりを強めるという長期的なメリットをもたらしました」。

3. ヘルスケアインタラクションを統合して患者体験の全体像を把握する
心臓手術を受けた患者の経緯をさかのぼり、システム上の移動してきた跡を確認します。 類似した経験を持つ他の患者さんが逸脱した箇所はどこだったか? どこに留まったのか? 初診から心臓手術まで、平均してどのくらいの時間がかかり、その間にどのような過程があったのか? これらの視認性が大きく向上しました。一般的に医療のほとんどは、特定の救急外来や医師の診察で処理されるため、誰に何が起こっているのかを簡単につなぎ合わせることはできませんでした。 今では、個人やグループレベルでその全体像を視覚化できるようになりました。」

4. アクセスポイントへの患者の近接度をジオコーディングする

「Patient 360に登録されている全員は、住所をジオコーディングして、最も近い診療所や緊急医療機関、病院の上位3件を決定しています。 これらの情報がデータセットにあらかじめ組み込まれており、毎回再計算する必要がないため、マーケティング機能が非常に迅速かつ容易になります。」

5. 専門的な治療に基づく病院の好みと近接性のバランス
「産科医療の場合、病院の好みもあるかもしれませんが、どちらの病院も同等の評価がされている場合は、病院の好みよりも、どれだけ近くにあるかで大きく変わってきます。 車で20分、30分よりも圏外であれば、わざわざ訪問する可能性はないだろうと考えています。 これにより、顧客とのやり取りを実際にどのようにカスタマイズすべきかが把握できます。 大きなセグメンテーショングループに属していても、ファクターを積み重ねことで、各人に合わせて高度にカスタマイズしたメッセージを送信することができます。」

THRは現在、Vantage Customer ExperienceCelebrusを利用してデジタルな患者体験とメッセージの個人化を結び付け、次善の策を備えたリアルタイムの仮想化ケアの実現に取り組んでいます。 仮想化されたケアにより、THRがカバーするエリアが拡大し、ケアへのアクセスと体験が向上します。

「ウェブサイト、MyChartアプリ、コールセンター、または当社のアクセスポイント(救急外来、病院、外来、画像診断、緊急医療など)のいずれかから来院したかに応じて、患者さんの身元を把握し、次に最善な行動を考えていきます。 これによって、より良い患者体験を実現することができます」(パリス氏)。

データの民主化: Teradata Vantageは、パンデミック時であってもセルフサービス分析を実現します。

データを通じて患者の転帰を実証することで、THRはデータ主導型の企業に変貌しました。 これからの企業は、利用可能なすべてのデータを集めて分析し、何が起こったかを報告する記述的分析を行い、記述的分析に予測的分析と処方的分析を組み合わせて何が起こるかを予測して、行動していくことになるでしょう。 THRは、大規模な患者セグメントを対象としたものから、パーソナライズされたメッセージ、提案、アクションを伴う単数の患者を対象としたものへと移行しています。 そのためには、これらの機能を実現できる未来志向のデータ分析プラットフォームが必要です。 そのプラットフォームではデータを組織全体に巡らせて、企業内の誰もがデータから価値と洞察を導き出すことができるのです。

パリス氏は、テラデータのプラットフォームが備える統合性、管理性、安全性と拡張性がCOVID-19対応に大きく貢献したと評価しています。 「COVIDのときは、1週間半もかからずにダッシュボードを作成できました。 これには、病院での臨床活動、無症候性患者の検査、マスクや帽子、ガウンなどの消耗品、検査ストリップの消耗品、ICUの収容力、COVID検疫問題に対応するスタッフなどが含まれます。

すべてのデータを1つのテラデータ環境に接続し、安全で管理されたアクセスを可能にしました。 経営幹部は、6つも7つも異なるグループではなく、集中管理された1つのダッシュボードにアクセスして、重要なものをすべて確認できます。」

「組織全体で分析を活用する能力が大幅に向上しました」(パリス氏)。

Teradata Vantageのデータラボを活用することで、THRはセルフサービス分析に対応し、データの移動や複製を行わずにユーザーが本番情報に簡単にアクセスできる環境内のスペースを割り当てることで、ユーザーがデータの新たな洞察を容易に開発できるようになります。 テラデータのデータ分析プラットフォームは、リソースを最大化してプロセスを合理化し、迅速で正確な回答を提供します。

パリス氏はデータ分析のワークフローについて次のように述べています。「テラデータのデータラボを介して、エンタープライズ・データウェアハウスの一部にアクセスできるようにしています。これにより、メインのデータウェアハウスに直接接続して、Alteryxのワークフローで部門ごとに必要なものを構築し、それをTableauのダッシュボードに公開することができます。 私のチームは、データガバナンスのプロセスを通じてこれを指揮しています。 私の担当外の分析チームにとって重要な作業を効率化できるため、私のチームでは集中できる時間が確保できるようになりました。」

しかし、ヘルスケアのような規制の厳しい業界では、アクセス可能なデータへの権限設定には非常にさまざまなニュアンスを含ませる必要があります。 Teradata Vantageのセキュリティ制御では、データラボを設定することができ、これによってユーザーの役割、アクセス要件、ニーズに基づいたデータ利用を提供できます。

「テラデータに内蔵されているセキュリティ機能は、安全かつ適切な管理と、ガバナンス機能を備えたデータラボの実現のためには非常に重要です。 これがなければ、オープンアクセスやセルフサービスは設定できなかったでしょう。 人によっては、臨床データにアクセスできても、ビヘイビアヘルスのデータにアクセスできない設定が必要です。 あるいは、HIV陽性のデータにアクセスできない設定も必要です。 テラデータのセキュリティ機能なら、非常に細かいデータや人員レベルでのアクセス制御が実現できるのです。」(パリス氏)。

セルフサービス分析を搭載したことで、パリス氏と彼のチームはデータサイエンスのセンターオブエクセレンスの構築に向けて注力できるようになりました。 さらに多くのマーケティングモデル、傾向モデル、レコメンデーションエンジンを構築することで、患者体験のギャップを解消して向上させることができます。 THRが示したように、データを最大の資産として扱い、未来の企業になることは、シームレスな顧客体験、リアルタイムのサービスパーソナライゼーション、摩擦のないチャネル統合などの素晴しい結果につなげることができます。

テキサスヘルスリソースはデータの力を活用して、業務の手法とサービスを提供する人々の健康の改善に取り組んでいます。それを実現するのがテラデータです。

その他のお客様の導入事例