ボーダフォン・ジャーマニー

アップセルやクロスセルの機会を特定し、必要な成長を促進します。

詳しく見る
ボーダフォンのロゴ

通信会社は巨額の投資をしてインフラを整備し、ネットワークを実現しています。

これらのインフラストラクチャは、モバイル、インターネット、およびその他のデジタルサービスを一般の人々に提供します。 これはスマートフォンで激化しました。

今日、電話会社は主要なメディア会社を買収して、既存の製品と新しい製品の両方、および視聴できるコンテンツをネットワークに戻しています。

その理由 彼らは、モバイルの飽和度がピークに達したことを知っています。 携帯電話事業者は、市場は成熟期にあり、将来の成長がコアSIMカードとスマートフォン以外だということを認識しています。

ボーダフォン・ジャーマニーは、この種の破壊的イノベーションを実施している電話会社の好例です。 彼らは収益を増やすために新しいビジネスモデルに目を向けており、世界とコンテンツをますます結び付けています。 ボーダフォン・ジャーマニーのビジネスケースでは、これはコンバージェンスを指します。 携帯電話、固定電話、ケーブル、インターネットの融合(通称「クワッドプレイ」)です。

数字で見るボーダフォン・ジャーマニー

114億ドル
収益
2,950万
モバイル加入者
690万
固定ブロードバンドのお客様

ボーダフォン・ジャーマニーは、ボーダフォン・フループ最大の子会社であり、総収益の30%を占めています。 ボーダフォン・ジャーマニーは、モバイル、固定ブロードバンド、テレビ、音声サービスを提供する大手電話会社として、より良い未来のためにつながることを目指しています。

ボーダフォン・ドイツは、自らを「ギガビット・カンパニー」と称し、次世代の5Gモバイルネットワークや、大手ケーブルネットワーク事業者であるユニティメディアの買収を通じて、ギガネットワークの構築を進めています。

大手携帯電話会社であるボーダフォン・ドイツの収益の60%以上は携帯電話の加入者によるものです。 破壊的イノベーションを通じて、ボーダフォン・ジャーマニーのビジネスは、この大部分をモバイルから固定およびインターネットに移行し、コンバージェンスプレーヤーになりつつあります。 ボーダフォンのビジネスモデルと市場戦略は、顧客を個人としてとらえることから、固定回線、ケーブル、インターネット、モバイルサービスが密接に結びついた世帯としてとらえることへと変化しています。

買収に伴う破壊的イノベーション。

ユニティメディアを買収するという決定により、ボーダフォン・ジャーマニーは、モバイル事業者からモバイル機能を備えた固定事業者に移行しました。

現在、ボーダフォン・ジャーマニーのモバイル顧客とユニティメディアの固定回線の顧客の両方である消費者は、契約、サービス、バンドル、および将来のオファーが統合されることを合理的に期待しています。 さらに、消費者は、Vodafone小売店またはUnitymediaストアに参入して固定回線サービスを購入する機能、またはその逆に、買収の法定営業日の直後にVodafoneモバイルサービスを購入する機能を期待しています。

Anna Dimitrovaの写真

Anna Dimitrova 最高財務責任者および戦略ディレクター

Michael Hansenの写真

Michael Hansen ディレクター、ビジネスインテリジェンス

Juliette Aucampの写真

Juliette Aucamp 消費者向けビジネスインテリジェンスパートナー

Michael Weichert氏の写真

Michael Weichert 中央分析責任者、ビジネス・パートナー・マネジメント部長

Solmaz Karamiの写真

Solmaz Karami BI戦略、ビジネスアーキテクチャ、ポートフォリオ管理の責任者

Sven Olpheyの写真

Sven Olphey キーアカウントのシニアプロジェクトマネージャー

「コンバージェンスとコンバージェンス世帯では、顧客を世帯に合わせる必要があります。」

「住所を見ると、顧客がどのように一緒に暮らしているかがわかり始めます。そして突然気づきます。結婚するときに夫の姓を使わない人もいれば、集合住宅もあります。

世帯内に1つの固定製品があることを想定していました。 どんな顧客が世帯に2つの固定ネット製品を持っているでしょうか? インターネット接続がありながら、2つの別々の会社の固定電話サービスがあるのです。あるいはDSLからのものと光ケーブルからのものがある。

このデータを照合し始めたとき、実に興味深いのは、家庭に2つの固定ネット製品を持っている顧客が実際にいることに気づいたことです。これは、世帯が別の状態でない限り起こり得ないと信じていたものです(子供が大学に行っているなど)。

それは、データがビジネス上の勘違いを証明した瞬間だったのです。」

Juliette Aucamp, ボーダフォン・ジャーマニー、ビジネスインテリジェンス・パートナー

Karami氏は、BI戦略およびポートフォリオ管理の責任者として、「利害関係者が必要とするものではなく、利害関係者が何かを必要とする理由を尋ねる必要があります。『なぜ』をディスカッションしていくと、戦略につながるからです」と語っています。

「インプットとその周りにあるすべてを持ち込むことで、最高の「なぜ」に対して「何」が最高であるかを知ることができます」

データはボーダフォン・ジャーマニーのビジネスの中核を担っています。 「すでに組織全体で異なるマッチングアルゴリズムを実行しています。 それらをまとめ、利害関係者とKPI調整プロセス全体を定義することで、最終バージョンをすばやく所有し、Unitymediaの買収を含めることができました。 ボーダフォン・ジャーマニーの実行可能な新しいビジネスモデルを提示したのです。」

データを組み合わせて、巧妙な方法で解釈します。

「当社は、共通する顧客基盤と、当社が持っていた光ケーブルを導入している世帯の理解をまとめました。これはボーダフォンのケーブル事業とは全く別の事業です。 光ケーブルを導入している世帯を新規顧客として獲得する可能性があります。そして今こういった世帯にはモバイル化が割引されるチャンスがあり、非常に興味深いはずです。 このデータをまとめてすばやくマージすれば、初日から当社がコマーシャルとしてそのキャンペーンと顧客が利用できる新しいオファーを伝えることができるようになります。 これは、データを組み合わせて巧みな方法で解釈することに成功しています。」

Michael Weichert, 中央分析責任者、ビジネスパートナー責任者

法定運用日が急速に近づく中、ボーダフォン・ジャーマニーは、Teradataを利用して、3,000万人のボーダフォンのサブスクライバーと750万人の世帯サブスクライバーを組み合わせ、モデル化し、スコアリングして顧客データと照合しました。

ボーダフォン・ジャーマニーは、ボーダフォンとユニティメディアのサブスクリプションが統合される可能性のある1,700万世帯をすばやく特定しました。 消費者にとっては、これは1つのサービスをまとめて提供し、オファーやプロモーションを集約することを意味します。

より迅速な利益のために事業継続を加速します。

VodafoneとUnitymediaにとって、ビジネスを迅速に統合することは、買収の法定初日に運用準備が整うだけでなく、ビジネス継続性を加速してより迅速な利益をもたらすことを意味します。 人口は8,300万人で、アップセル、クロスセル、および新規顧客の獲得による収益の伸びは明るいです。 これは、Teradataの速度とスケーラビリティによって可能になる取り組みです。

その他のお客様の導入事例