グルーポン

データの力を利用して、世界中のコミュニティで何百万人もの顧客と小売業者を結びつけている、最大手のローカル・マーケットプレイスです。

ハワイでのウミガメとのシュノーケリング、近所の新しいレストランでの食事、お気に入りのスパでのリラックスしたマッサージなど、グルーポンはお客様が楽しいことを発見し、地元企業が繁栄できるような体験を提供する場所として機能します。

2008年の設立以来、グルーポンは100万を超える加盟店と提携して世界中で15億を超えるグルーポンを販売し、250億ドルを超える地域の企業に資金を提供してきました。

地域独自の素晴しい品揃えを優れた価格設定で求めている消費者にとって、グルーポンはワンストップショップになっています。 中小企業にとって、グルーポンは世界中の何百万人ものお客様にリーチするのに役立ちます。

「私たちの使命で本当にやりがいのあることの1つは、私たちが働くすべての国の中小企業にプラスの影響を与えることです。消費者のみなさんは、移動することなくさまざまな地域のさまざまな小売り業者とつながり、利用することができます。(ジョン・ヒギンソン、グルーポン、最高技術責任者)。

世界的パンデミックの中での変化を加速化する

2008年の金融危機の中で設立されたグルーポンは、特に経済的に不安定な状況にある中小企業が、会社の規模やスケール、そしてテクノロジーを活用した地域のお客様とのつながりを構築できる環境を実現することで、中小企業の活躍の場を広げることを目標としています。 12年後、グルーポンの加盟店は次の大きな課題に直面していました。世界規模のパンデミックです。

「特にコロナ禍の後で、中小企業が大きな打撃を受けた時期に、グルーポンは加盟店に新規と既存のお客様とつながり、プロモーションを支援するプラットフォームを提供します。 取引の構成やサービスの販売方法について、データに基づいたアドバイスを行っています」(ヒギンソン氏)。

世界中でパンデミックが発生すると、避難命令などのCOVID規制が敷かれ、消費者は物を買うための新しい方法を模索するだけでなく、地域社会での日常生活をどうやって続けていくのかを考えなければなりませんでした。

「コロナ禍では、ロックダウン中に行っていたことを消費者のみなさんに伝えるようにしました。 たとえば、ヨガスタジオではバーチャルレッスンが増えてきたので、バーチャルレッスンを行っているヨガスタジオとお客様を結びつけるようになりました。 そして今、再び外の冒険に出掛ける準備ができた消費者のみなさんに向けて、地元のコミュニティで直接参加できるイベントを紹介することができるのです」(ヒギンソン氏)。

データは、強力な市場での成長を促進してくれる要素です。

「私たちはデータドリブンな企業です。 営業チームがどんなマーケットで小売業者を探すのか、小売業者との商取引の構築提案など、すべてがデータに基づいて行われています。 独自のテクノロジーやシステム、ウェブサイトなどから得られるさまざまな情報は、すべてテラデータに集約されています。 それが、私たちがビジネスを行う上での核を形成してくれるのです」(ヒギンソン氏)。

ただ単にウェブサイトでお得な情報を提供するだけでは不十分です。 消費者は、パーソナライズされた提案を求めています。 グルーポンの両面市場は、フェイシャルエステから斧投げ教室まで、あらゆるものを販売する巨大なグローバルスケールで展開しています。ここではすべての消費者がパーソナライズされた体験をすることができます。

テラデータを導入することで、在庫をリアルタイムでクエリでき、その運用と機能を信頼することができます。 もう稼働時間を心配する必要はありません。 システムの中断を心配する必要もありません。 そこにあるだけで機能するのです。 そこにサービスを構築して、パーソナライゼーションを推進することができます。」(ヒギンソン氏)。

クラウドは大規模なショッピングイベントにも対応し、グローバルな成長をサポートします。

多くの企業と同様、グルーポンもオンプレミスのデータセンターを構えていました。 グルーポンのようなグローバル企業が地理的な拡張や、サイバーマンデーのような大規模なショッピングイベントに基づいて急速に規模を拡大する場合、オンプレミス環境を拡張することは、ストレージの増加やコンピューティング処理能力の追加など、運用環境の変更を意味します。 グルーポンが新しい国に進出するには、データの主権も必要となります。グルーポンの設立当初は、世界のさまざまな国に新しいデータセンターを作ることを意味していました。

「12、13年前、まだクラウドは存在していませんでした。 そのため、私たちのようなビジネスが何億ものトランザクションを処理し、さまざまな国で活動するためには、独自のデータセンターや多くのインフラを構築する必要があったのです。 現在クラウドが非常に発達し、堅牢性も十分であるため、この運用を実現できます」(ヒギンソン氏)。

グルーポンはクラウドを活用して、ビジネスの需要に合わせた拡張、インフラ費用の有効活用、さらに多くのテクノロジーへの対応、機会獲得の手段とすることを視野に入れました。

ただし、クラウドの移行は、ただデータを移動させるだけの簡単なものではありません。

「どんな企業でも、ある技術を導入して運用をつづければ、その技術を中心にして様々なものを構築しくことになります。 データを移行させてそれで終わりではありません。 事実、データの移動は移行計画全体から見れば、わずかな一部に過ぎません。 肝心なのは、それらデータが接続する対象なのです。」

「そのデータを活用するカスタムコードは重要です。 クエリについても同様です。 テクノロジーに結びついたさまざまなロジックやサービスは、移動した後も機能する必要があります。 社内のビジネス顧客に『レポートが出せないと監査役にデータを渡せないんだ』なんて言われたくないでしょう」(ヒギンソン氏)。

ジョン・ヒギンソン, グルーポン、最高技術責任者

Teradata Vantage on AWSは、クラウドへの移行におけるリスクを軽減します。

ヒギンソン氏の指揮のもとで、チームはグルーポンのオンプレミスのデータウェアハウスを、エンタープライズ分析のためのマルチクラウド・データプラットフォームであるTeradata Vantage on AWSへの移行に着手しました。

「Teradata Vantage on AWS は、将来の成長に向けた柔軟性を提供してくれます。 テラデータのおかげで、オンプレミスからVantageを搭載したクラウドへのステップアップが簡単になりました」(ヒギンソン氏)。

テラデータを選ぶ理由について そしてなぜAWSなのか? 「テラデータにはそれを実現するテクノロジーがあります。 インフラストラクチャをAWSに移行すると、AWS上で動作します。 データを使って運用したい色んなことや、データウェアハウスに取り込んで活用したいさまざまな種類のデータソースを、テラデータなら実現できます」(ヒギンソン氏)。

クラウドに移行したことで、グルーポンはクラウドデータプラットフォームに期待するパフォーマンスと柔軟性を得ることができました。

「信頼性が高く、拡張性を備えています。 当社のビジネスが進化し、今以上に厳しい要件が増えていったとしても、Teradata Vantageは信頼できるものです」。

クラウドのコストは見積もりしにくい場合があります。 テラデータのブレンド型プライシングは、完全な透明性を実現しています。

テクノロジーや市場の状況は急速に変化する可能性があり、非常に予測不能なコストが発生する可能性があります。 「一部の企業では、クラウドのコストが当初の予想よりも3~5倍も高くなっています。」(マックナイト・コンサルティング・グループ)

Vantageのブレンド型プライシングは、エンタープライズクラスの価格設定モデルです。演算処理の容量を事前に予測して確保でき、低コストかつオンデマンドの柔軟性を兼ね備えているため、使用あるいは稼働した演算リソースとストレージに対してのみ料金が発生します。 テラデータのブレンド型プライシングは、使用量のピーク時にフルタイムでの支払いを余儀なくされる従来の方法とは異なり、必要とするものを効率的に活用しつつも、スケールメリットを活かした最低コストでの利用を実現する調整されたアプローチを提供します。

多くの顧客と同様に、グルーポン社はテラデータのブレンド型プライシングモデルを選択しました。

「ブレンド型価格設定によって、予測可能性を得ることができました。 私たちは、自分たちが成長し、進化していくビジョンを把握できるのです。 誰でもそうでしょうが、私も予算を順守する必要がありますので、予測可能であることは重要です。 テラデータにかかるコストが分かることで、他の分野への投資も計画することができます」(ヒギンソン氏)。

ジョン・ヒギンソン, グルーポン、最高技術責任者


ウェビナー

大規模クラウド導入の事例とベストプラクティス

グルーポンのCTOであるジョン・ヒギンソン氏、ガートナーのアナリストであるドナルド・フェインベルク氏、テラデータのCTOであるスティーブン・ブロブストというクラウドに知見のあるメンバーが「クラウドの成功戦略」について語ります。ぜひご覧ください。 グルーポンがどのようにデータを活用して顧客のデジタル体験を向上させているかをご紹介します。 ガートナーは、組織がクラウドに移行する主な理由について発表します。 テラデータは、シームレスなクラウド移行実現の障壁となる一般的な課題の回避方法について説明します。


その他のお客様の導入事例