Teradata Vantageの価格

すべての組織のデータ分析のニーズが同じということはありません。 Teradata Vantageが複数の価格モデルの選択肢を提供しているのはそのためです。ワークロード、予算、および目標に常に適切に適合します。 小規模から始めてニーズの変化に応じて成長する場合でも、1日目から大規模なワークロードに取り組む場合でも、必要な分だけ支払い、常に最小のコストを大規模に享受できます。

柔軟で手頃なクラウド価格モデル

混合型課金

Teradata Vantageの混合型価格モデルは、エンタープライズクラスの価格モデルです。コンピューティングの容量を事前に予測して確保でき、低コストかつオンデマンドの柔軟性を兼ね備えているため、使用あるいは稼働した追加のコンピューティングリソースとストレージに対してのみ料金が発生します。 この混合型価格モデルは、使用量のピーク時にフルタイムでの支払いを余儀なくされる従来の方法とは異なり、必要とするものを効率的に活用しつつも、スケールメリットを活かした最低コストでの利用を実現する調整されたアプローチを提供します。

従量課金

Teradata Vantageの従量課金モデルは、自動弾力性を備えた使用量ベースという革新的な、使用した分のみの支払いオプションです。クエリを成功させるために使用された、ユーザーごとにキロバイト単位で測定されたコンピューティングリソースとストレージに対してのみ支払います。 コンピューティングインスタンスの稼働・非稼働で判定する容量ベースの価格設定とは異なり、この従量課金は機能の使用量で決定します。 テラデータがユーザーに代わって管理するため、使用率、システムサイズ、エリの同時実行性、またはリソースのステータスについて心配する必要はありません。使わないものに支払いは発生しません。 まったくリスクのない顧客体験を実現する、頭金なし、縛りなしのオプションもご用意しています。

Teradata Vantageのコストは競合他社に匹敵するか、よりお得

大規模に

Teradata Vantageはのコストは直線的に増加します。しかし、競合他社のコストは指数関数的に増加します。

価格を見積もる

5つのシンプルな質問に答えるだけで、パーソナライズされたクラウドの料金見積もりを確認できます。 時間は1分もかかりません。

詳細はこちら

Teradata Vantageにできて、他製品ではできないこと

他のクラウド・データウェアハウス Vantage
継続的な義務を負うことなく、すぐに始められます
金銭的な縛りはありません、すぐに始めましょう 他のクラウド・データウェアハウス
金銭的な縛りはありません、すぐに始めましょう。 Vantage
小さく始めて成長する
小規模から始めて中規模システムに拡張できます。 他のクラウド・データウェアハウス
小規模から始めて、エンタープライズサイズのシステムに拡張できます。 Vantage
小さなステップで必要なだけコンピューティングをスケーリングする
ますます大きなステップでのみスケーリングします。多くの場合、必要以上に大きくなります。 他のクラウド・データウェアハウス
未使用のリソースを回避するために、使用量に基づいて段階的にスケーリングします。 Vantage
さまざまなワークロードの価格設定モデルの選択
PAY-AS-YOU-GO価格設定(従量課金制)に限る。 他のクラウド・データウェアハウス
柔軟な選択:混合型課金と従量課金制を提供。(pay-as-you-go) Vantage
大規模なクエリあたりのコストが最も低い
クエリの量が増えると、クエリあたりのコストが劇的に上昇します。 他のクラウド・データウェアハウス
クエリの量が増えても、クエリあたりのコストは低いままです。 Vantage
きめ細かいスケーラビリティで必要なものだけを支払う
クエリの量が増えると、クエリあたりのコストが劇的に上昇します。 他のクラウド・データウェアハウス
きめ細かいスケーリングで使用したものに対してのみ支払います。 Vantage
クエリとストレージの料金のみ
未使用の場合でも、プロビジョニングされた金額を支払う。 他のクラウド・データウェアハウス
クエリを成功させるために実際に使用されたリソースに対してのみ支払います(従量課金制)。 Vantage
求書に驚くことなく、予測可能な価格設定に安心してください
自動スケーリングのコストを発見した後のコストの「驚き」。 他のクラウド・データウェアハウス
コストは依然として金融ガードレールによって制限されています(混合型価格)。 Vantage
自動弾性を利用することにより、システムサイズを気にする必要はありません。
自動スケーリングに必要な最大サイズを推測します。 他のクラウド・データウェアハウス
Teradataが使用状況に基づいてシステムサイズを監視し、自動的に調整できるようにします(従量課金制)。 Vantage
以前のオンプレミス投資とIPを新しい開発に再利用する
最初からやり直し、再コーディングして、以前のベースラインまで再トレーニングします。 他のクラウド・データウェアハウス
現在のデータとツールを使用して、初日からプラスのROIを獲得します。 Vantage
Vantage Cx

完全な透明性

Teradata Vantageを使用すると、コスト超過で驚くことはありません。 直感的なコンソールを使用すると、リソースの使用状況を簡単に追跡できるため、常に最大の価値を確実に得ることができます。

詳細はこちら

エグゼクティブサマリーをダウンロード