Hadoopの現在の状況とは

Hadoopが登場してから15年以上が経ちました。かつては、分散ファイルシステムを備えたオープンソースのフレームワークで、大規模なデータの保存と処理を安価に実現できると話題になっていました。今ではどうでしょうか。状況は少し異なるようです。

Hadoopとネイティブオブジェクトストレージ

Hadoopは、何十社ものスタートアップ企業を生み出し、数億ドルの投資を促したと言われています。Hadoopの主なメリットは、構造化データ、半構造化データ、非構造化データを低コストで保存できることです。データは複数のコンピューターのクラスターに分散して保存されるため、データを並行処理することにより、迅速に処理ができます。また、Hadoopは、ユーザーが簡単にデータを取り出せるようにします。

10年以上前に「ビッグデータ」が流行語になったとき、Hadoopは絶えず進化するデータタイプをコスト効率よく保存、処理するためのソリューションを提供しました。これにより、企業はデータの価値を迅速に判断し、より詳細な分析を実行するかどうかを決定することができました。しかし、 ブログでご説明したように、Hadoopが企業の中核となるデータを管理するには不十分であるという欠点があります。

「企業全体で共有する形でデータを管理する場合、データベースに勝るものはありませんが、Hadoopはデータベースではありません。データタイプの安全性も、ワークロードの管理もありませんでした。」と上記ブログで述べました。

Native Object Storeが提供する最新のアプローチ

技術革新のスピードは早いものです。そのため、かつて人気を博したHadoopは、新しいソリューションの登場とともに人気を失ってしまいました。新しいテクノロジーの1つが、オブジェクト ストレージです。オブジェクトストレージは、Hadoop の優れた点である、安価なストレージ機能と柔軟なデータタイプのサポートを提供します。その上、オブジェクトストレージは 、Hadoopが提供する以上の機能を備えています。ストレージは3倍安く、オブジェクトストレージはAIが使用するオーディオ、ビデオ、画像ファイルなどのデータタイプをサポートしています。

多くの企業が、コスト削減とビッグデータ環境の最新化のために、レガシーのHadoopシステムからオブジェクトストレージ・テクノロジーに移行しています。このような データレイクとデータストレージの進化により、オブジェクトストレージは、あらゆる形式の生データを取り込み、精査し、検索するするためのリポジトリとして選ばれるようになっています。

オブジェクトストレージは、大量のデータを分析のために集めることができるため、分析には欠かせません。分析されるデータが多いほど、より正確な結果が得られます。

​Teradata Vantage™ 2.0はNative Object Store(NOS)を提供します。 NOSは、外部のオブジェクトストレージ・プラットフォーム上にあるCVS、JSON、Parquet形式のデータセットに対して、読み取り専用の検索やクエリを実行できるVantageの機能です。 NOSは、Amazon S3やAzure Blog Storageなどのオブジェクトストアのデータに対して、Vantageの分析能力を活用することができます。NOSは、Hadoopインフラストラクチャの廃止を検討している企業に、最新かつ経済的なアプローチを提供します。

Hadoopからの移行でパフォーマンスとスケーラビリティを向上

世界クラスの企業は、デジタルトランスフォーメーションを加速させ、他のビジネスの優先事項に対応しながら、増大するデータ量に対応できるテクノロジーを必要としています。そのため、革新的な企業は、エンタープライズアナリティクスのために、コネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームに移行しています。このタイプのプラットフォームは、Hadoopでは実現できないハイパースケーラビリティとハイパフォーマンスを提供します。

現在もHadoopを使用している企業は、Hadoopの全体的な複雑さが、変化するビジネス要件への迅速な対応を妨げていることに気づいています。その結果、これらの企業の多くは、ビジネスユーザーやアナリストが必要とするスケーラビリティ、パフォーマンス、コスト効率を提供し、かつ複雑さを伴わないプラットフォームへの移行を検討しています。

Hadoopに代わるシステムを選択する際には、企業は 5つの要因を考慮 する必要があります。これらの考慮事項 (使いやすさ、分析エコシステム統合、柔軟な導入オプション、パフォーマンスとスケーラビリティ、移行に関する専門知識) は、移行を可能な限り迅速かつ痛みを伴わずに行うことができます。

一部の企業は、分析におけるアジリティやその他の利点を得るためにVantageに移行しています。テラデータでは、3つの簡単なステップで最新のプラットフォームに移行できるHadoop移行プログラムを提供しています。このプログラムは、実証済みの移行方法とツールを用いて、既存のHadoopデータとワークロードをVantageとクラウド・オブジェクト・ストレージに迅速かつシームレスに移行します。

あらゆるデータを統合し、つながるデータ分析エコシステムを実現

データは統合され、単一のデータソースとなる必要があります。サイロ化されたデータは急速に古くなり、インサイトが制限されます。そのため、企業には、 コネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームを使用して、Hadoopベースのデータレイクのデータを含むすべてのデータを統合する機能が必要です。たとえばVantage は、データレイク、データウェアハウス、アナリティクス、新しいデータソースなど、あらゆるデータを統合し、ビジネスに無制限のインテリジェンスを提供します。

ビッグデータの黎明期にはHadoopは問題解決のためのソリューションを提供していましたが、もはや最先端ではありません。今日の企業は、現在および将来の大量かつ混在するデータのワークロードに対応できる柔軟性を備えたプラットフォームを必要としています。これには、取り込み、検索、開発、運用化のためのシームレスなエクスペリエンスを実現する機能が含まれます。すべてのデータを大規模に接続して分析することで、企業はデータレイク、オブジェクトストア、クラウドサービス、その他のエコシステムのあらゆる部分にわたってビジネスの全体像を把握し、最大限のインサイトを得ることができます。

Hadoopからの移行の準備はできていますか?  簡単な3つのステップを踏むだけで実現できます。