クラウドは2021年の必須サービス

クラウドはもはやオプションではありませんービジネスに必須です

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によって企業がリモートでビジネスを運営することを余儀なくされた昨年、世界中のビジネスリーダーたちは、データ資産を最適化するためにクラウドサービスを採用しました。なぜますますクラウドプラットフォームに移行する企業が増えているのか、そして、2021 年に何が起こるのかをご説明します。

機敏性を革新し改善するためのクラウドサービス

クラウドサービスの未来は明るい

革新的なビジネスでは、クラウドサービスへの依存度が高まっています。2021年、貴社にふさわしいのはどのサービスでしょうか。

迅速なイノベーション、個人レベルでの顧客への対応、ビジネス目標の加速を必要とするグローバル企業は、今日のハイブリッド・マルチクラウドの現実において、クラウドサービスが不可欠であることを認識しています。クラウドサービスは、企業の最も貴重な資産であるデータを最適化するためのコア機能を提供します。クラウドサービスは、データベース、データストレージ、 ディザスターリカバリー、データ分析などをクラウド上で提供するためです。

また、クラウド環境を迅速に起動、停止できるため、企業は変化するビジネスニーズに合わせてビジネスを拡張できます。2021年までに、全ての企業の90%がクラウドサービスを使用することで、革新的に機敏性を向上させることでしょう。

トップ3のクラウドサービス

クラウドサービスには、大きく分けて 3つの種類があります。

これらのサービスを利用することで、あらゆる規模の企業が、強力なデータ処理、ストレージ、ネットワークなどにアクセスしてメリットを受けることができ、変化する優先事項に対応することが可能となります。また、複数のライセンスを購入して管理したり、独自のインフラストラクチャを構築したりする費用と複雑さを伴わずに、これらのサービスを利用することができます。

2021年以降に期待すること

クラウドはオプションではなく、ビジネスそのものと言えるでしょう。 高速性、大容量かつ低コストのストレージ、および高拡張性を活用するためにITが再構築され、より多くの企業がクラウドに移行しています。

2020年のIDGクラウドコンピューティング調査によると、企業は今後もクラウドへの移行とクラウドサービスへの投資を続けると予想されます。

  • 2021年までにIT予算の32%がクラウドに割り当てられる予定
  • 企業のクラウドベースのアプリケーションの46%は、クラウド専用に構築されたもので、54%がオンプレミスから移行したもの
  • 企業のIT環境の92%は少なくともある程度クラウド化されている

また、IDC は、クラウドファーストのアプリケーションが時間の経過とともに 普及していく可能性がある と述べています。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)がクラウドサービスの利用を促進

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響でテレワークに切り替えた企業は、クラウドサービスやクラウドコンピューティングの利用を加速させました。世界中の様々な業種の企業が、従業員を自宅で勤務させることにより、より多くのクラウドサービスとコンピューティングパワーを必要としています。

MarketsandMarkets社のレポートによると、「ロックダウンの中でオンサイトのITスタッフがいないため、企業はクラウド機能を活用して、データセンターに設置されたサーバーやストレージのチェック、メンテナンス、監視を行っています。企業は、クラウドを効果的に利用して、世界中のどこにいても災害に強い弾力性のあるシステムを構築し、遠隔地にいる従業員に対応するとともに、データやビジネスアプリケーションの機能を保護しています。」と述べています。

パンデミックの影響でクラウド サービスへの移行が加速された企業もある一方で、クラウドの価値を実現し始めている企業もあります。Gartner社のバイスプレジデントアナリストであるCraig Lowery氏は、「一般的に、業界で、スケーラビリティ、信頼性、地域を超えた配信に重点を置いたクラウドベースのサービスへの移行が進んでおり、その価値は非常に高いものです。」と述べています

大規模なデータ分析のためのクラウドサービス

テラデータは、多くのデータ クラウド サービス をキャッシュ・フレンドリーなサブスクリプションモデルで提供しています。クラウドデータ分析プラットフォーム Teradata Vantage™ は AWSAzureおよび Google クラウドで利用できます。

テラデータは、 クラウド コンピューティングとクラウド ストレージを分離 して、柔軟性とビジネス価値を最大化します。 メディバンクを含む多くのテラデータのお客様の多くは、サービスとしてのVantageまたは業界をリードする サービスとしてのクラウド分析を利用することで、データ分析にクラウドファースト戦略を取り入れています。実際、Brinker International社は、分析機能のサービスにおいて、競合他社の利用を止め、AWS上でVantageを使ったテラデータを再度利用しています。

企業が新たな課題に直面し、新しい答えを求め続ける中、クラウドサービスとクラウドデータ分析プラットフォームは、ビジネスの未来を推進するのに役立ちます。

Teradata Vantageがどのようにお役に立てるかの詳細はこちらからご覧ください。