ガートナー「分析ユースケース向けのクラウドデータベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ・レポート 2021」

Teradata Vantageは、ガートナー「分析ユースケース向けのクラウドデータベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ・レポート」において、新たなユースケースであるデータレイクを含む4つのカテゴリーすべてで最高位にランクインしています。

ガートナー「分析ユースケース向けのクラウドデータベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ・レポート*」は、「クラウドデータベース管理システムのマジッククアドラント」に付随するものとして、4つのユースケースでベンダーをランク付けしています。

  • データウェアハウス
  • 論理データウェアハウス
  • データレイク
  • オペレーショナル・インテリジェンス


これらのユースケースは、データおよびアナリティクスのリーダーが最新のクラウドプラットフォームを選択する際に考慮すべき、最も必須の9つの機能に関連しています。

テラデータは、Teradata Vantage™で4つのユースケースすべてで最高のスコアを獲得しました。
 

Teradata Vantage ranks first for data warehouse use case in Gartner Critical Capabilities

Teradata Vantage ranks first in the 2021 Gartner Critical Capabilities analytical use cases

Teradata Vantageは、データレイク、データウェアハウス、アナリティクス、新しいデータソースやデータタイプなど、あらゆるものを統合するコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームです。ハイブリッド・マルチクラウド環境をリードし、柔軟性を重視した価格体系のTeradata Vantageは、お客様のビジネスの未来を築くための無限のインテリジェンスを提供します。

ガートナーの2021年版のレポートを読み、テラデータへの評価をご覧ください。

この図は、ガートナー社が調査文書の一部として発行したもので、文書全体の文脈の中で評価されるべきものです。ガートナー社のドキュメントは、テラデータにご請求いただけます。

ガートナー社は、そのリサーチ出版物に記載されているいかなるベンダー、製品またはサービスをも推奨するものではなく、テクノロジーユーザーに対して、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。ガートナー社のリサーチ出版物は、ガートナー社のリサーチ組織の意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。ガートナー社は、本リサーチに関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、明示的にも黙示的にも一切の保証を行いません。

ガートナーおよびマジッククアドラントは、ガートナー社および/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標であり、許可を得て使用されています。本資料の無断転載を禁じます。


*Gartner, Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Cases, Rick Greenwald, Merv Adrian, Adam Ronthal, Philip Russom, Henry Cook, 14 December. 2021. Previous titles include Magic Quadrant for Data Warehouse Database Management Systems and Magic Quadrant for Data Warehouse and Data Management Solutions for Analytics.

テラデータからもっと見る