ボーダフォン・ジャーマニー

データの力で3億5000万人のより良い未来を構築します。

詳しく見る
ボーダフォン・ジャーマニーのロゴ

普及したデジタル化は、世界経済の未来を後押ししています。 資産、インフラストラクチャ、およびマシンはますます接続されています。

サプライチェーンの相互作用、製造アセンブリ、さらには医療手順などの操作は、デジタル化プロセスによる混乱の機が熟しています。 産業労働力の従業員とそのテクノロジーおよびプロセスの使用は、よりデジタル化されています。

「働き方の未来」は、もはや、企業のオフィスにいる人々がビデオ会議などのバーチャルツールを使って共同作業をするという、何年も思い描いてきたリーダーたちの夢物語ではなくなりました。

広範なデジタル化、自律行動、IoT、AI、マシンラーニングなどの新しい機能を備えた「仕事の未来」がすぐそこに到来しています。 これらすべてはずっと、技術者、経営幹部、さらには重役たちの関心事でした。 加速化が遅れたたった1つの要因は、接続されたものが遅延なしで複雑で重要なタスクを実行できるかどうかに不安があるということでした。

5Gのテクノロジーは、1Gbpsを超えるダウンロード速度と、人間のようなレスポンスを実現する極めて低いレイテンシーを実現するものです。 流れをせき止めていた水門が開かれ、自動運転車、接続されたブリリアントファクトリー、スマートシティ、医療処置などの仕事の未来が拓けます。 5Gにより、より多くの接続されたものがより多くのデータを送信して分析を実行できるようになります。 これにより、回答がより迅速に明らかになり、接続されたものがよりスマートになります。

数字で見るVodafone

8,500万
2019年のIoT接続
1億5,000万
IoTに接続された車両を2025年までに実現
3億5,000万
2025年までにギガビット・ネットワークに接続。
10x
4Gを超えるGBあたりの5Gコスト効率

ボーダフォン・ジャーマニーは、ボーダフォン・フループ最大の子会社であり、総収益の30%を占めています。 その目的は、より良い未来のためにつながることです。

デジタル社会を実現するためには、データが高速で流れるギガビットネットワークで人、コミュニティ、モノをつなぎ、私たちの生活をより快適に、より賢く、より健康的にすることが必要です。

ボーダフォン・ジャーマニーは、5G時代の到来を告げるドイツ初のネットワーク事業者として、リアルタイムのデータ交換、インテリジェントなネットワーク、最大のキャパシティを通じて、私たちを取り巻く世界のデジタル化をリードします。 これにより、産業、科学、エンターテインメントなど、まったく新しい分野への応用が可能になります。

Teradataの使命は、データの力を通じて企業の働き方と人々の生活を変革することです。 ボーダフォン・ジャーマニーは、テラデータのお客様であり、データ分析を活用して新たな活用事例を実現し、このステートメントを実現しています。 5Gテクノロジーは、お気に入りの映画をさらに速くダウンロードする機能よりもはるかに、大きな影響を持っています。

5Gの真の可能性は、ビジネスプロセスやオペレーションの原理を完全に変革する能力にあります。言い換えれば、5Gの技術は人々の働き方を変えるということです。

あるいは、港湾クレーンのオペレーターを連れて行ってください。

彼は、自分が働いている港のドックに、貨物船から1時間に5つの輸送コンテナを移動することができます。 タスクの複雑さや荷物を移動させるのに時間がかかるためではなく、その量が1時間内でのドックのすべての需要です。 以前は、集中管理されたリモートの場所から遠隔操作し、それぞれ1トンを超える重量の貨物コンテナを持ち上げて移送するのは危険でした。

これらは、5Gがビジネスの仕事と人々の生活を変革する2つの例です。

データの役割とは何ですか? ボーダフォン・ジャーマニーにとっての5Gとは、データを使用して、5G技術の活用事例が普及した既存の産業界の顧客の要求に基づいて、最初にネットワークを展開する場所を特定することから始まります。

データを活用した新たな使用例

「5Gは、これまでにない膨大な量のデータを利用を実現します。 マシンをリモート接続する可能性、一瞬の応答時間で数キロメートルの距離を操作する人々、マシンツーマシンおよびマシンツーピープルのコミュニケーション。これは5G以前には不可能でした。 これにより、当社とお客様の使用例が増え、すべてのデータが生成され、意思決定をサポートするための継続的な分析が可能になります。」

Michael Hansen, ディレクター、ビジネスインテリジェンス

Anna Dimitrova氏、ボーダフォン社、CFO 兼戦略ディレクター

Anna Dimitrova 最高財務責任者および戦略ディレクター

Michael Hansen氏、ボーダフォン社、ビジネスインテリジェンス担当ディレクター

Michael Hansen ディレクター、ビジネスインテリジェンス

Juliette Aucamp氏、ボーダフォン社、ビジネスインテリジェンス・パートナー

Juliette Aukamp 消費者向けビジネスインテリジェンスパートナー

Michael Weichert氏、ボーダフォン社、中央分析責任者

Michael Weichert 中央分析責任者、ビジネス・パートナー・マネジメント部長

Solmaz Karami氏、ボーダフォン社、BI戦略責任者

Solmaz Karami BI戦略、ビジネスアーキテクチャ、ポートフォリオ管理の責任者

Sven Ophey氏、ボーダフォン社、シニアプロジェクトマネージャー

Sven Ophey キーアカウントのシニアプロジェクトマネージャー

Vodafoneは、傾向モデリング、顧客評価モデリング、4D分析などの分析を活用しています。

これにより、企業や消費者のお客様が5Gテクノロジーの恩恵を最も受ける場所、その収益性、ボーダフォンや企業のお客様にもたらす価値、さらには5Gに接続される人や機械の密度や動きなどを把握することができます。

分析によって洞察を生み出します。

「当社は、顧客がどこに住んでいるか、現在のパフォーマンス、ボーダフォンが顧客になった場合の潜在的な結果、そして新規顧客の収益性を理解することを目指しています。 データ分析のサポートと意思決定プロセスにさらに多くの洞察をもたらすことで、投資すべきかどうかを判断できます。 成功とは、お客様が当社のソリューションに満足しているときです。 私たちがお客様のために考えたことを実行することです。 それは、ネットワークエンジニアリング、ネットワーク分析、ネットワークメンテナンスに向けたITから始まるのです。」

Sven Ophey, キーアカウントのシニアプロジェクトマネージャー

デジタルはどこにでもあり、会社のすべてのプロセスに影響を与えます。

「当社は5Gを構築する必要があります。データの力で、意思決定をより正確に行うことができるのです。 ボーダフォン・ジャーマニーをギガビットネットワークで差別化するには、データを使用して進むべき場所を指し示します。 5Gを必要とする顧客はどこにいますか? 市場シェアはどこにありますか? 新しいビジネスモデルを開発する可能性と機会はどこにありますか? データは、顧客の新しいビジネスモデルの形成に役立ちます。」

Anna Dimitrova, グループCFOおよび戦略ディレクター

「ネットワークは、接続されたマシンや地域のモデルから学習したものに基づいて利用可能なデータを最適化し、特定の状況を処理します。」

ネットワークをネゴシエートする自律動作ネットワークは、アンテナを自動的に移動してネットワークトラフィックを基地間で分割します」(Michael Weichert博士、中央分析責任者、ビジネスパートナー責任者)

基地局の場所が特定されると、ボーダフォン・ジャーマニーはモバイルネットワークの最適化を自律的に継続的に監視・管理し、メーカー、医療機関、エネルギー企業、スマートコミュニティ、交通・物流企業、さらには個人消費者などの顧客にシームレスかつあらゆる場所に5Gを提供する必要があります。

世界を変える5Gにデータがもたらす影響

「データなしでは世界は前進できません。 モバイルブロードバンドであらゆる物がつながります。この可能性や機会を考えると、データ分析なしでこうした明るい未来に向かって進むことは想像できません」とDimitrova氏は結論付けています。

その他のお客様の導入事例