ノーフォーク・サザン社

ビッグデータと分析を活用して、最適化と効率を推進します。

貨物輸送とロジスティクスのリーダーであるノーフォーク・サザン社は、輸送の分析を行うことで、国中で商品や資材を移動させ続けています。

ご自身が鉄鋼、絹、綿、石炭、大理石、鉄、製材などの原材料の製造業者であるします。こういった材料を顧客に輸送するための最も効率的で費用効果が高く、信頼性の高い手段を監視および探す責任がある場合、 答えは通常、鉄道によるインターモーダル輸送です。

企業と企業をつなぐ貨物鉄道は、200年近くにわたって北米の経済発展に欠かせない存在でした。

現代の生活は、製造と消費によって推進されています。 製造業者が商品を作成し、鉄道がそれらを市場に輸送し、企業がそれらを消費者に販売します。 ノーフォーク・サザン社は、世界で最も安全で、最も顧客を重視し、成功を収める輸送会社になることを目標とする米国でも有数の輸送会社です。 ノーフォーク・サザン社は、22の州とコロンビア特別区にまたがる東海岸の上下19,420マイルの道路を網羅しています。 工業製品の主要な輸送業者として、ノーフォーク・サザン社は東海岸の主要なコンテナ港、メキシコ湾、五大湖、そして多くの河川港にサービスを提供しています。

北東部の顧客が、西部の州から東海岸に複数トンの資材を出荷することを決定した場合はどうなるでしょうか。

ノーフォーク・サザン社は、米国西部の鉄道会社と接続し、鉄道ネットワークトラフィックの需要を可視化する必要があります。 分析は、62,700台の貨車と1,740万台の車両で構成される車両の輸送管理と最適化を決定するために使用されます。

数字で見るノーフォーク・サザン社

19,420

ルートマイル

22

州およびコロンビア特別区

62,700

貨車

17.4M

総積載量

Amber Huber, Manager of Network Planning and Systems

Amber Huber

ネットワーク計画、システム担当マネージャー

Amber Huber氏は、様々なネットワークメトリクスを可視化しています。 ネットワーク計画部門に勤務する前は、会計部門でビジネスアナリストとして数年間勤務し、一般的なビジネス上の課題に対するソリューションや自動化の機会を展開していました。 現在はノーフォーク・サザン社でテラデータのユーザーグループの役員を務めています。

鉄道輸送は、鉄道路線と列車を変数として持つ固定資産事業です。

オペレーショナルエクセレンスを推進するために、鉄道輸送会社はロジスティクスの効率を追求する必要があります。 これは、ビッグデータと分析を使用して、鉄道と自動車のネットワークパフォーマンスの可視性を高めることを意味します。 運用と顧客の要求に対する可視性が高いほど、輸送の最適化と効率化を推進する能力が高まります。

鉄道ネットワークの計画と最適化は、以前はフリート管理と輸送最適化の取り組みをレガシーシステムに依存していました。

ビッグデータが
収益を
左右します

「輸送データとそれを推進する指標は、当社のビジネスの収益につながるものです。 ネットワーク計画と最適化部門は、洞察を見つけ、資産とコストを管理する役割を担っています。 毎日の列車運行のマスタースケジュールである計画の順守を注視しています。 当社は、自分たちがどのように行動しているのか、日々どのようにデータを見ているのか、そしてどこを改善すべきなのかを正確に把握する責任があります。」

Amber Huber, ネットワーク計画、システム担当マネージャー

鉄道ネットワークの需要と列車輸送量の可視性を高めるために、「ネットワーク外」の路線を把握することで、NSCはノーフォークサザンの鉄道ネットワーク外の輸送業者に接続する顧客の貨物に基づいた需要を予測することができます。

ただし、これらのレガシーシステムには、柔軟でオンデマンドの透過性がなくても、到着、出発、トラフィック管理、システム全体の状態、緊急監視を正確に計画、改善、最適化するために必要なデータと分析ツールがありません。

たとえば、ある消費財メーカーが、入手可能な数量と価格を理由に、米国の西半分に原材料を注文することを決定したとします。 このメーカーは、カリフォルニアからカンザスシティまでの輸送に、「ネットワーク外」の鉄道会社を利用しています。カンザスシティは、西部の運送会社へのノーフォーク・サザンの入り口となる都市です。 ノーフォーク・サザン社は西部の運送業者に接続し、東部の鉄道網を使ってペンシルバニア州の顧客の目的地まで資材を輸送します。

従来のシステムでは、「ネットワーク外」の鉄道会社を経由して入ってくる潜在的な顧客需要を把握できませんでした。

この可視性の欠如は、ノーフォーク・サザンが、乗務員、鉄道車両、列車、燃料と電力、入ってくる材料をサポートするためのネットワーク・トラフィック要件を正確に予測および計画できなかったことを意味しました。 かつて、ノーフォーク・サザンでは、支援する計画や道筋なしに突然、輸送する資材を提示されていたわけです。

これは、燃料と電力の需要を正確に準備し、乗務員のスケジュールを作成し、個々の列車のパフォーマンス、乗務員のパフォーマンス、および全体的なネットワークパフォーマンスを最適化できないことを意味しました。 結果として、運用コストの増加、鉄道交通のボトルネック、そして配達遅延による顧客満足度の低下が起こっていました。

従来のシステムでは、他の鉄道ネットワークデータとの統合ができていなかったため、ノーフォーク・サザン社は最大6時間前までに来るべき鉄道車両の需要を把握することができていませんでした。 今や運用上の決定をするのに、以前に加えて9日間の余裕が生まれています。

Teradata Vantage で
交通
分析

「すべての出荷情報を確認します。たとえば、どこから来たのか、どこから来たのか、どの顧客から来たのか、どの顧客に行くのか、実際中に何が入っているのかなどです。次に、それを地理空間情報、他の鉄道のデータ、当社が関与している場合は出荷情報と組み合わせます。 当社のレガシーシステムではこれらに関しては、十分な可視性を備えていませんでした。」

Amber Huber, ネットワーク計画、システム担当マネージャー

この問題に対処するため、ノーフォーク・サザン社はTeradata Vantageによるデータと分析を通じて、輸送、機械、会計システムを近代化し、オペレーショナル・エクセレンスを推進しています。

ノーフォーク・サザン社は、利用可能なデータが増えると、より予測可能な交通スケジュールを作成して、貨物を最適化し、輸送に関連するコストを可視化できるため、効率を高め、運用を最大化できると認識しています。

ノーフォーク・サザン社では、Teradata Vantageを使用して社内外のデータソースを中央のデータウェアハウスに統合し、ネットワークの将来的な需要を正確に把握することで、効率化と可視化を推し進めています。

ノーフォーク・サザン社のデータは次のとおりです。

パッケージ化された市場データ

Experien, D&B, TOMTOM, Quandl

地理空間および マッピングデータ

ネットワークのどこに 商品や 材料があるか

出荷データ

顧客が提出したデータ

燃料と電力のデータ

列車を 動かし続けるための 運用の管理

乗務員データ

車掌、オペレーター、 ロジスティクスおよび交通 管理者の運営 および休暇のスケジュール

会計およびコストデータ

顧客出荷の 財務評価

機械的データ

電車と鉄道の正常性

到着と出発

列車のスケジュールと ネットワークパフォーマンスの正確さ

データの視覚化により、輸送の最適化が最新化されます。

「これで、貨物が地図上のどこにあるかを正確に視覚化できます。 乗員のデータ、すべての会計、および資産コストの情報を組み合わせることで、出荷の全体像を簡単に提供できるのです。」

Amber Huber, ネットワーク計画、システム担当マネージャー

データを統合し、輸送分析を行うことで、ノーフォーク・サザン社の新システムは、輸送プロセスの早い段階で、さらに詳細な内容を表示できるようになりました。 新しいシステムは、出荷、燃料と電力、乗組員、およびネットワークの要件を最大10日前までに予測します。

「わざわざ足を運んで問題を見つけ、バックアップするデータを見つける代わりに、列車と列車のスケジュールに関連するすべてのデータが提供されます。このおかげで、ユーザーは非常に簡単に分析して、どのような状況を理解できるようになります。ユーザー側でどこでパフォーマンスが良く、どこでパフォーマンスが悪いのかを調べる必要がありません。 そのデータを利用して、細かいスケジュールの調整や、交通渋滞の可能性のある場所を特定しています」。

Amber Huber, ネットワーク計画、システム担当マネージャー

ノーフォーク・サザン社は現在、個々の列車、乗務員、および全体的なネットワーク・パフォーマンス・レベルで分析を実行するなど、新しい方法で固定資産ビジネスのパフォーマンスを評価しています。

ノーフォーク・サザンは、特定の列車に関連するすべてのデータを取得して、過去30日間の特定の場所での過去と現在のパフォーマンスを分析しています。 列車のパフォーマンスに対する可視性の追加により、トラフィックまたはスケジューリングがパフォーマンスの問題につながる時期を特定し、日常的に信頼できる列車のスケジュールを開発することを目標としています。 ノーフォーク・サザンでは現在、問題点をその日のうちに特定し、分析を通じたフリート管理の継続的な最適化と改善をに取り組んでいます。

「当社は、お客様が荷物を受け取る予定時間をさらに正確に提供できるようにしたいと考えています。 すべての列車をより正確なスケジュールで運行し、路線上の運行本数を減らして、より長い列車をより速い速度で運行できるようにしたいと考えています。 これにより、時間どおりに顧客に出荷することができます。 私たちは、資産効率を高め、列車を走らせる際に、余分な距離を移動させるのではなく、可能な限り最も効率的な方法で運行し、最終的にお客様にお届けすることに重点を置いています。」

Amber Huber, ネットワーク計画、システム担当マネージャー

ノーフォーク・サザン社のTeradata Vantageは、ネットワーク全体の計画と最適化をサポートし、同社が輸送の最適化を実行する方法に根本的な変化をもたらします。

顧客の商品を効率的に配送することで、ノーフォーク・サザン社のネットワーク計画・最適化組織は、生産性の最大化、運用コストの最小化、信頼性の高いオンタイムの到着・配送による顧客満足度の向上などの運用計画を実現しています。

ノーフォーク・サザン社が導き出した答えとは

鉄道ネットワークの顧客の要求に対する10日間の高度な可視性。

ノーフォーク・サザン社は、インターモーダル輸送に対する顧客の需要の可視性を高めた結果、需要予測を6時間前の通知から10日前に改善し、3,900%の改善を実現しました。

Teradata Vantageは、利用可能なデータの100%を使用してリアルタイムのビジネスインテリジェンスを大規模に明らかにしています。

その他のお客様の導入事例