Teradataデータレイクソリューション

元のローデータの忠実度を維持する

データウェアレイクとは

ローデータの忠実度とクラウドでの長期保存。

データレイクとデータウェアハウスはどちらもデザインパターンですが、反対です。 データウェアハウスは、品質、一貫性、再利用、および高い同時実行性を備えたパフォーマンスのために、データを構造化およびパッケージ化します。 データレイクは、元のローデータの忠実度と低コストでの長期保存に重点を置いた設計パターンでデータウェアハウスを補完すると同時に、新しい形式の分析の俊敏性を提供します。

データレイクの価値

データレイクソリューションは、爆発的なデータ量を経済的に活用し、価値を引き出すというニーズを満たします。 新しいソース(Web、モバイル、接続されたデバイス)からのこの「ダーク」データは、以前は破棄されることがよくありましたが、貴重な洞察が含まれています。 大量のデータに加えて、新しい形式の分析には、データを管理して価値を引き出すための新しい方法が必要です。

データレイクは、あらゆる形式のローデータを大規模にキャプチャ、精緻化、探索する長期的なデータコンテナのコレクションです。 これは、複数の下流施設が利用できる低コストのテクノロジー(データマート、データウェアハウス、およびレコメンデーションエンジン)によって可能になります。

データレイクの一般的な落とし穴

一見すると、データレイクは、大量の構造化データと非構造化データを管理および活用する方法を提供するという単純なことのように見えます。 しかし、それらは見た目ほど単純ではなく、失敗したデータレイクプロジェクトは多くの業界や組織で珍しいことではありません。 ベストプラクティスがまだ出現していなかったため、初期のプロジェクトは課題に直面していました。 現在、データレイクが十分な価値を提供していない主な理由は、確固たるデザインが欠如していることです。

Teradataデータレイクソリューション 広範なデータインテリジェンスのプラットフォームであるTeradata Vantageは、顧客のデータ内の情報の塊を利用するように設計されています。 Teradataサービスチームは、データレイクと、Hadoop、Cassandra、およびAmazon S3やAzure Blobなどのオブジェクトストアなどの関連テクノロジーの多くの利点を活用することに精通しています。
データレイクソリューション(AWS)
アマゾンウェブサービス Teradata VantageでAWSインフラストラクチャを使用する
データレイクソリューション(Azure)
Microsoft Azure AzureリソースをTeradata Vantageと組み合わせる
データレイクソリューション(Google Cloud)
Google Cloud Teradata VantageでGoogle Cloudを活用する
クラウド分析を今すぐ始めましょう

無駄なボトルネックや複雑さから脱却し、分析をクラウドに移行する

ホワイトペーパーのダウンロード