Teradata Vantage on AWS (Do-it-Yourself)

デプロイメントに関するよくある質問

Teradata Vantage

Teradata Vantage on AWS(DIY)とは

Teradata Vantage on AWS(DIY)は、強力なVantageソフトウェアと、Amazon Web Serviceインフラストラクチャの俊敏性と柔軟性を兼ね備えています。 メリットには、セルフサービス、1時間未満のプロビジョニング、従量課金制の機能に加えて、オンプレミスの分析エコシステムをAWS環境に拡張できることが含まれます。 その他の利点:

  • 迅速で簡単な調達:分析的調査の迅速な概念実証
  • 時間単位または年単位のサブスクリプション:適切なオプションを選択して支出を最適化
  • オンプレミスとのソフトウェアの一貫性:既存のTeradataへの投資を活用

Vantage環境をデプロイするためにAWSを組み込むことにより、Teradataは、企業がクラス最高の分析を駆使し、データドリブンな企業になることを容易にします。

Vantage on AWS(DIY)で提供される製品は何ですか?

次のTeradata製品が、Vantage on AWS(DIY)で提供されています。

  • Teradata Vantage:パーベイシブデータインテリジェンスのためのプラットフォーム
  • Teradata Data Mover:デプロイメント間またはデプロイメント内でのデータ移動
  • Teradata Data Stream Controller:VantageをAmazon S3にバックアップ
  • Teradata Ecosystem Manager:複数のTeradataシステムの監視
  • Teradata QueryGrid:クエリを他のデータリポジトリに接続
  • Teradata Query Service:Teradata VantageへのRESTfulインターフェース
  • Teradata Server Management:Teradataシステムのサーバー管理
  • Teradata Studio:管理およびクエリ開発用のGUI
  • Teradata Tools and Utilities:Teradataをエンタープライズシステムに統合するためのGUI
  • Teradata Viewpoint:Teradataシステムを管理するためのポータル

Vantage on AWS(DIY)は誰を対象としていますか?

Vantage on AWS(DIY)は、Teradataが他のすべてのデプロイオプションで対象としているアカウントと同じです。 Teradataオンプレミス製品の既存のお客様も、Teradataを初めて使用するお客様も同じように使用できます。 セルフプロビジョニング、迅速な立ち上げ、従量課金制、およびさまざまな補完的なソフトウェアツールとの統合機能はすべて重要な利点です。

Vantage on AWS(DIY)の予想されるユースケースは何ですか?

Vantage on AWS(DIY)は、お客様が他のデプロイオプションで使用するものと同じソフトウェアであるため、まったく同じユースケースがサポートされます。 例:

  • 最新バージョンのVantageソフトウェアを試用し、新しい機能を試してみることができます。コミットメントはありません。
  • オンプレミスリソースとは別のアジャイル環境でテストと開発を行えます。
  • 新しい仮説を調べたり、ソフトウェア統合を検証したりするための概念実証(POC)を実施できます。
  • Amazon S3、Amazon EMR、Hadoopに保存されているデータなど、クラウドベースのデータリポジトリで分析を実行します。

Vantage on AWS(DIY)は、他のTeradata製品とどのように比較されますか?

Teradataの戦略の重要な信条と差別化要因の1つは、デプロイメントの選択に関係なく一貫したソフトウェアを提供することです。 Vantage on AWS(DIY)は、他のすべてのオプションで利用できるものと同じAdvanced SQL Engine機能を提供します。 現在、マシンラーニングエンジンとグラフエンジンは、Do-It-Yourselfサービスには含まれていません。

概念実証(POC)を行うにはどうすればよいですか?

Teradata Servicesチームは、特定のユースケースの要件に対応するための適切なアーキテクチャ、構成、およびパラメーターの決定を支援できます。Teradataは、ユーザーがTeradata営業担当チームに連絡することをお勧めします。 Teradataを初めて使用するお客様には、評価と選択のプロセスを支援するためのさまざまなオプションが用意されています。詳細については、Teradataにお問い合わせください。 POCを個別に実行する場合は、このページのサポート登録フォームからTeradataサイトIDを登録して、サポートを受けてください。

機能

Amazon S3内のデータを直接クエリできますか?

はい。 ユーザーは、Teradata QueryGrid Managerとオプション(有料)のTeradata-to-Presto QueryGrid Connectorを使用して、Amazon S3内のデータを直接クエリできます。 この機能は、Amazon S3からVantageにデータを移動する際の出力料金と労力を回避することで時間と費用の節約に役立つすばらしい機能です。

ネイティブオブジェクトストアはまもなく利用できるようになり、Amazon S3やその他のクラウドオブジェクトストア内のデータの結合やクエリが可能になります。 詳細については、今後の情報をご覧ください。

Vantage on AWS(DIY)をディザスタリカバリソリューションとして使用できますか?

はい。お客様は、Vantage on AWS(DIY)インスタンスを、他のTeradata環境と組み合わせてプライマリまたはセカンダリ環境として使用できます。 独自にディザスタリカバリ用にこれらの環境を構成するか、Teradata Servicesチームと契約して支援を求めることができます。お客様は、Disaster Recovery as a Service(DRaaS)と呼ばれるオンプレミスインフラストラクチャ向けのTeradataコールドDRソリューションにも関心があるかもしれません。 詳細については、Teradata営業担当チームにお問い合わせください。

このシステムと他のTeradataシステム間でデータをやり取りできますか?

はい。ユーザーは、Teradataのオンプレミス、As-a-service、およびDo-It-Yourselfのデプロイメントインスタンス間でデータを転送できます。 このアクティビティに関連するAWSのデータ転送料金に注意してください。

Vantage on AWS(DIY)はどの程度安全ですか?

Vantage on AWS(DIY)は、Amazon EC2がホストするオファリング用と同じセキュリティオプションをすべて提供します。環境を安全に構成するのはお客様の責任です。 たとえば、EC2コンピューティングインスタンスは、指定したIP範囲の仮想プライベートクラウド(VPC)にあります。 ユーザーは、どのインスタンスをインターネットに公開し、どのインスタンスを非公開のままにするかを決定します。 セキュリティグループとネットワークアクセス制御リスト(ACL)を使用すると、インスタンスとの間のインバウンドおよびアウトバウンドネットワークアクセスを制御できます。 ユーザーは、業界標準の暗号化されたIPsec VPN接続を使用して、既存のITインフラストラクチャをVPC内のリソースに接続できます。

さらに、ユーザーはEC2リソースを専用インスタンスとしてプロビジョニングできます。専用インスタンスは、追加の分離のために単一の顧客専用のハードウェアで実行されるAmazon EC2インスタンスです。 詳細について、Teradataでは、AWSにお問い合わせいただくようご案内しています。 Amazon EC2のセキュリティの詳細については、Amazon Web Services:セキュリティプロセスの概要を参照してください。

どのようなコンプライアンスレベルが設定されていますか?

AWSでデプロイされたすべてのソフトウェアと同じコンプライアンスレベルが、Vantage on AWS(DIY)に適用されます。 これらの詳細について、Teradataでは、AWSにお問い合わせいただくようご案内しています。 最終的に、ユーザーは、業界、運用環境、およびエンドユーザーの期待に適用できる要件を確実に満たす責任があります。

同じ監視ツールで、このシステムと他のTeradataシステムを監視できますか?

はい。デプロイメントオプションに関係なく、Teradata Viewpointを使用してTeradataの複数のインスタンスを監視できます。 この機能を利用するには、シングルインスタンスバージョンではなく、マルチインスタンスバージョンのViewpointを選択してください。

AWSのどのリソースモニタリング機能が利用できますか?

Amazon CloudWatchは、Amazon EC2以降、AWSクラウドリソースとアプリケーションのモニタリングを提供するウェブサービスです。 これにより、リソース使用率、運用パフォーマンス、および全体的な需要パターン(CPU使用率、ディスクの読み取りと書き込み、ネットワークトラフィックなどのメトリックを含む)を可視化できます。 ユーザーは、統計情報の取得、グラフの表示、メトリックデータのアラームの設定ができます。 Amazon CloudWatchは、ウェブサービスAPIまたはコマンドラインツールを使用してアクセスできるモニタリングデータを集約して保存します。

サブスクライブ

AWS Marketplaceとは

AWS Marketplaceは、お客様が製品を構築してビジネスを運営するために必要なソフトウェアとサービスを見つけ、購入し、すぐに使い始めるのに役立つオンラインストアです。 お客様は、事前構成されたソフトウェアをすばやく起動し、プロビジョニングした分だけ支払うことができます。 AWSが請求と支払いを処理し、ソフトウェア料金はお客様のAWS請求書に表示されます。

AWS Marketplaceでソフトウェアをサブスクライブするには何が必要ですか?

AWS製品を使用する資格のあるすべてのお客様は、AWS Marketplaceで買い物をすることもできますが、Amazon EC2アカウントを持っている必要があります。 ソフトウェアの料金は、AWSインフラストラクチャの料金と同じ月額料金の請求書に表示されます。

AWS Marketplaceサブスクリプションの支払い方法を教えてください。

Teradataソフトウェアを時間単位で使用する場合、ユーザーはAWSから請求されます。 月の初めに、ユーザーはAWS Marketplaceから、EC2、EBS、帯域幅などのリソースのインフラストラクチャ使用量に関する請求書を受け取ります。 EC2の場合、各インスタンスは、ユーザーがインスタンスを終了するか、インスタンスが自身をシャットダウンするか、ソフトウェアまたはハードウェアの障害が原因でホストが終了するまで実行されます。 利用したインスタンス時間が1時間未満の場合は、1時間として請求されます。

四半期ごとに、AWS Marketplaceの請求書には、Teradataソフトウェアの過去3か月分の時間料金が含まれます。 これは、ソフトウェアの1時間あたりの料金に、このソフトウェアを使用するインスタンスが実行されていた時間数を掛けて計算されます。月々の請求はできません。

Teradataエコシステムソフトウェアとは何ですか?データベースサブスクリプションに含める必要があるのはなぜですか?

Teradataエコシステムソフトウェアは包括的であり、次のような分析エコシステムを取り込み、アクセス、管理、およびデプロイするための非常に強力な機能を備えています。

  • Teradata Data Lab
  • Teradata Data Mover
  • Teradata QueryGrid(Connectorを含む)
  • Teradata Viewpoint(Multiple Systems)

Enterprise、Advanced、およびBase層向けのこの柔軟で手頃なソリューションに関する追加情報は、www.teradata.com/Products/Ecosystem-Management/IntelliSphereで入手できます。

Teradataが製品を更新すると、Vantage on AWS(DIY)サブスクリプションはどうなりますか?

Teradataが、ユーザーがサブスクライブしているソフトウェアの新しいバージョンを公開すると、Teradataが提供する最新バージョンに関する情報を含む通知メールがAWS Marketplaceからユーザーに送信されます。

どのパートナーソフトウェアが利用できますか?

AWSでTeradataソリューションと組み合わせてアライアンスパートナーソフトウェアをプロビジョニングおよびデプロイするための多数のオプションが存在します。 多くのTeradataパートナーがAWSでソフトウェアを提供しているため、Teradataとアライアンスソフトウェアの両方を同じ環境に簡単にデプロイできます。 その他のオプションには、Vantage on AWS(DIY)に接続されたオンプレミスパートナーソフトウェア、およびパートナークラウド環境とVantage on AWS(DIY)間のクラウド間接続が含まれます。 AWSでパートナーソフトウェアと組み合わせてVantageをデプロイすることを計画している場合は、最初に、TeradataパートナーディレクトリでTeradataアライアンスパートナーを検索し、Teradata Vantageとの互換性を確認してください。

デプロイメント

Vantage on AWS(DIY)はどこで利用できますか?

Vantage on AWS(DIY)は、ほぼすべてのAWS Marketplaceリージョンで一般的に利用可能です。

オーストラリア

  • シドニー(ap-southeast-2)

ブラジル

  • サンパウロ(sa-east-1)

カナダ

  • カナダセントラル(ca-central-1)

ドイツ

  • フランクフルト(eu-central-1)

インド

  • ムンバイ(ap-south-1)

アイルランド

  • アイルランド(eu-west-1)

日本

  • 東京(ap-northeast-1)

韓国

  • ソウル(ap-northeast-2)

シンガポール

  • シンガポール(ap-southeast-1)

イギリス

  • ロンドン(eu-west-2)

アメリカ合衆国

  • バージニア州北部(us-east-1)
  • オハイオ州(us-east-2)
  • カリフォルニア州北部(us-west-1)
  • オレゴン州(us-west-2)

Vantage on AWS(DIY)は、以下のAWSリージョンからの利用が制限されています。

バーレーン

  • バーレーン(me-south-1)

フランス

  • パリ(eu-west-3)

イタリア

  • ミラノ(eu-south-1)

スウェーデン

  • ストックホルム(eu-north-1)

アメリカ合衆国

  • AWS GovCloud(us-gov-west-1)

Vantageでは、AWSプライベート(専用)クラウドインスタンスを使用できますか?

はい、ユーザーは専用のEC2インスタンスでVantage on AWS(DIY)を使用できます。

AWS CloudFormationを介した自動デプロイオプションはありますか?

はい。 Teradataは、AWS CloudFormationテンプレートを利用して、Teradataエコシステムに関与する多数のAmazonマシンイメージ(AMI)を立ち上げるためのプロビジョニングプロセスを合理化しました。 Teradataは、テストと開発、最小生産、および完全生産の3つのエコシステムを確立しました。各エコシステムで、Teradataソフトウェアの量が順に増えています。 立ち上げテンプレートを使用するには、最初に目的のエコシステムのAMIをサブスクライブします。 次に、Teradata Ecosystemテンプレートを起動します。そこから、簡単な空欄を埋めるステップバイステップのプロセスに従うことで、手動で行うよりもはるかに簡単にAMIを立ち上げることができます。

バックアップと復元

自動ノード障害回復とは何ですか?

Vantage on AWS(DIY)には、EBSを使用するEC2インスタンスに適用される自動ノード障害回復機能が含まれています。 ノード障害は、ハードウェア、ソフトウェア、またはオペレーティングシステムに関連している可能性があります。 ノードに障害が発生した場合、ノード障害回復によって次の処理が行われます。

  • ホットスタンバイノードインスタンスを自動的に起動する
  • 障害が発生したノードの接続されたストレージを切り離す
  • 新しいインスタンスを構成する
  • 接続されていたストレージを新しいインスタンスに再接続する
  • 構成の使用を再開する

置換ノードは、システムが最初に起動されたときに記録されたイメージ、またはソフトウェアのアップグレード後に適切なツールが実行された場合は更新されたイメージに基づいています。 置換ノードには、置換されるノードと同じセカンダリIP、エラスティックIP、および識別子があります。 デフォルトでは、ダウンしたノードは実行を継続し、診断目的で使用できます。

Amazon S3との間でバックアップと復元を行うことはできますか?

はい。 EBSの使用に加えて、ユーザーはAmazon S3との間で直接バックアップおよび復元できます。 この機能は、Teradata Data Stream Controllerを使用して、ソースがクラウドまたはオンプレミスのTeradataシステムであるかどうかや、復元ターゲットがクラウドまたはオンプレミスのTeradataシステムであるかどうかに関係なく適用されます。 低コストのAmazon S3を使用する利点は、ユーザーが使用した分だけを支払い、ストレージが自動的に拡張されることです。 データベースまたはオブジェクトレベルでのバックアップと復元のために、Viewpointでジョブを作成および管理するのは簡単です。増分バックアップとは、変更されたブロックのみがデータベースからストリーミングされることを意味します。 各TeradataノードとAmazon S3ストレージバケット間の複数の並列データストリームにより、バックアップと復元にかかる時間が最小限に抑えられます。

資料

Vantage on AWS(DIY)を起動、プロビジョニング、および使用する方法に関するドキュメントはどこにありますか?

Teradataは、次のページで、AWSインフラストラクチャでソフトウェアを起動、プロビジョニング、および使用する方法をわかりやすく解説したドキュメントを提供しています。

    •  

サポート

Vantage on AWS(DIY)サブスクリプションにはどのようなサポートが含まれていますか?

有料のソフトウェアサブスクリプションにバンドルされている、Teradataプレミアクラウドサポートは、分析を危険にさらすイベントに迅速かつ効果的に対応するのに役立ちます。 リモートサービス担当者の広範なネットワークに支えられて、必要なときに包括的な問題解決を提供します。

Teradataプレミアクラウドサポートの内容:

  • 24時間年中無休の問題解決Teradata Accessを介した24時間体制のインシデント作成
  • 適応性のある応答:お客様が定義した重大度レベルごとの対応範囲と応答時間
  • サポートフォーラムVantage on AWS(DIY)向けの役立つリソースへおよびTeradata Supportナレッジベースへのアクセス
  • カスタマイズされたアドオン:お客様の環境の管理を支援する追加のTeradataサービスは別途購入できます。

次のような目的で、Teradata Accessアカウントへの登録が必要です。

  • インシデントに関してTeradataにサポートをリクエストする
  • ソフトウェアリリースをダウンロードする
  • 教材にアクセスする

デフォルトでは、プレミアクラウドサポートは英語で提供されます。 ローカル言語のサポートを受けるには、お客様はまず、Teradataの3つの成功層サービスのいずれかのサブスクリプションを持っている必要があります。 詳細はこちらを参照してください。

注:すべてのVantage on AWS(DIY)のお客様は、AWSアカウントをTeradata Accessアカウント用に登録する必要があります。

サポートに登録するにはどうすればよいですか?

Do-It-Yourselfのサブスクリプション向けのTeradata Accessにまだ登録していない場合は、サポート登録ページで今すぐ登録してください。

AWSでのDo-It-Yourselfサブスクリプション向けのTeradataプレミアクラウドサポートに登録するには、パブリッククラウドサイトIDが必要です。AWSのパブリッククラウドサイトIDとTeradata Accessアカウントを既にお持ちの場合は、Teradata Accessにログインするか、自分のAWSアカウントIDでアクセスします。

注:Teradata Vantage on AWS(DIY)以外のサイトのTeradata Accessアカウントをお持ちの場合は、Teradata向けのAWSアカウントを既存のTeradata Supportログイン(電子メール)に登録する必要があります。 その後、アカウントをリンクすることができます。

サポートに登録した後、サポートを受けるにはどうすればよいですか?

Teradata Accessは、Vantage on AWS(DIY)のサービスポータルです。

有料のVantage on AWS(DIY)サブスクリプションには、Teradataプレミアクラウドサポートが含まれています。これは、問題解決のための24時間年中無休のインシデント作成、お客様が定義した重大度レベルによる対応範囲と応答時間、およびソフトウェアアップデートの資格を提供します。 

プレミアクラウドサポートは、ユーザーにTeradataカスタマーサービスの24時間年中無休のサービスポータルへのアクセスを提供します。これにより、コミュニティフォーラムでのアイデアの共有とソリューションの発見、関連する製品とサービス情報のナレッジ記事の検索、ソフトウェアアップデートのダウンロード、および問題解決のためのTeradataサポートチームへのアクセスが可能になります。

デフォルトでは、プレミアクラウドサポートは英語で提供されます。 ローカル言語のサポートを受けるには、お客様はまず、Teradataの3つの成功層サービスのいずれかのサブスクリプションを持っている必要があります。 詳細はこちらを参照してください。

注:すべてのVantage on AWS(DIY)のお客様は、AWSアカウントをTeradata Supportアカウント用に登録する必要があります。

サポートはいつ利用できますか?

Teradata Cloud Service Portalでは、24時間365日、インシデントや変更、情報のリクエストを受け付けています。

対応は、月~金 9:00 AM EST~8:00 PM ESTとなります。
例:S2またはS3インシデントがTeradata Cloud Service Portalで金曜日の8:00 PM EST以降に登録された場合、Teradataの担当者は月曜日の9:00 AM ESTから対応します。

一般的なAWSやAWS Marketplaceに関する問題については、直接AWSのサポートにお問い合わせください。

制限付きサポート要件とは何ですか?

Teradataプレミアクラウドサポートを介して利用できる24時間年中無休のサポートは、世界中の高度に訓練されたTeradataエキスパートのグループを通じて提供されます。 お客様のサイトに特定の制限がある場合、Teradataプレミアクラウドサポートの応答サービスレベル契約(SLA)が適用されない場合があります。 サポート制限の例には、「米国内の米国市民のみがサポートを提供できる」、「トラブルシューティングのためのTeradataノードへのリモートアクセスは許可されていない」などのポリシーがあります。

制限付きサポートが必要な場合、Teradataが制限付き要件を満たすレベルのサポートと、そのような顧客が求めているサポートSLAを提供するには、追加の承認が必要になります。 制限付きサポートの詳細については、メール(restricted.sites@teradata.com)でお問い合わせください。

用語集

AMI
Amazonマシンイメージ


EBS
Amazon Elastic Block Store


S3
Amazon Simple Storage Service

AZ
アベイラビリティゾーン


EC2
Amazon Elastic Compute Cloud


SLA
サービスレベルアグリーメント

CDS
顧客データスペース


IAM
アイデンティティおよびアクセス管理


VPC
仮想プライベートクラウド

Vantage on AWSを今すぐ使い始める