データの種類と多様性が飛躍的に増大する世界では、将来の戦略とビジネスニーズの予測がますます困難になっています。競合他社の一歩先を進み続けるため、企業は分析環境をクラウドベースのAs-a-Serviceへのシフトを加速させています。実際、最近実施されたIDCの調査で、米国企業のリーダーの63パーセントがITインフラのプロバイダーの選定において、柔軟な支払い方法が利用できること、従量課金制オプションが用意されていることが重要だったと答えています。 as-a-serviceを活用することで企業は環境の変化に俊敏かつ柔軟に対応でき、また必要に合わせてスケールアップし、最新のソフトウェアだけを利用することで技術的な複雑性の発生を低減できます。

アナリティクスのAs-a-Serviceモデル

テラデータが提供する最新As-a-Serviceは、昨年リリースされた高度な分析ソフトウェアプラットフォームであるTeradata Vantage™の柔軟性をさらに高めます。Vantageにより分析環境のモダナイズと簡素化が進み、あべてのデータを強力な1つの環境に統合できるため、企業内の全員が必要な時に必要なデータにアクセスできます。システム間でデータを移動することに頭を悩ませずに済むため、価値ある「答え」を得ることに集中できます。
この新しいAs-a-Serviceは、1ヵ月でも、1年や5年でも継続的にVantageを活用できます。Vantage as a serviceAmazon Web Services(AWSMicrosoft AzureTeradata Cloudで、利用することができます。Teradata CloudはTeradataデータセンターで、テラデータがクラウド環境を運用しています。また、オンプレミスの導入向けにクラウドの主要な利点を提供するサービスや、すでにオンプレミスシステムを運用されているお客様向けにハイブリッドクラウドの新しいディザスタリカバリサービスも提供しています。
これらサービスではお客様は分析環境のプロビジョニングや、管理といった作業を実行する必要がなく、ビジネス課題に集中できます。As-a-Serviceとして提供されるVantageは、お客様の日常作業に2つの大きな変化をもたらします。

ITインフラではなく、価値ある「答え」に注力できる

Vantage as-a-serviceは、環境の導入、管理、保守の面倒がないことを意味します。つまり、中核となる分析環境のプロビジョニングと管理に伴うリスクとリソースの負担はテラデータが引き受けるため、お客様は何もする必要がありません。システムアビリティやセキュリティに関するチェックの実行、ソフトウェアアップグレードの実装など、ITインフラの作業の負担がなくなるため、チームはデータ活用に注力して戦略的なビジネス課題に取り組むことができます。実にシンプルです。
As-a-serviceとしてのVantageは、分析のためにエコシステム内の分析ツール間でデータをやり取りしたり移動したりするのに何時間も費やす必要があった時代を過去の作業にします。

環境間の移動が必要ない

As-a-serviceとして提供されるVantageは、アナリストやデータサイエンティストが分析エコシステム内のツール間で何時間もかけてデータを処理して移動する必要はもうありません。Vantageでは、1つの環境に優れた分析機能とエンジン、よく使われるツールと言語、複数のデータタイプのサポートがまとめられているため、チームはすべてのデータをリアルタイムに可視化できます。アナリストとデータサイエンティストはそれぞれの作業を合理化し、Jupyter Notebookなどの1つのアプリケーションからさまざまなエンジンの分析機能を呼び出せるため、ある分析アプリケーションから別のアプリケーションにデータを移動する必要がありません。チームが必要なデータに必要とする方法で、必要な時にいつでもアクセスできれば、ビジネスに影響を与える重大な兆候や問題を的確に特定し、意思決定に必要な価値ある「答え」を迅速に得ることができます。これが分析環境のモダナイゼーションです。

Vantageを始める方

現在、Vantage as-a-Serviceはパブリッククラウド、Teradataクラウド、オンプレミス、それらの組み合わせ(つまり、ハイブリッドクラウド)でご利用いただけます。分析環境の簡素化とモダナイズについて関心のある方は、まずはテラデータにお問い合わせください。すでにテラデータ製品をご利用のお客様は、アップグレードすることで、最新の機能とas-a-service分析機能をご利用いただけます。
Brian Wood
Brian Wood is director of cloud marketing at Teradata. He has over 15 years' experience leading all areas of technology marketing in cloud, wireless, IT, software, and data analytics. He earned an MS in Engineering Management from Stanford, a BS in Electrical Engineering from Cornell, and served as an F-14 Radar Intercept Officer in the US Navy.
 
View all posts by Brian Wood

Related Posts