Teradata Cares

従業員が独自の方法で違いを生み出せるようにする

力を合わせることで、より良い世界を構築できます。

Teradata Caresロゴ

Teradata Caresは、強力で活気のあるコミュニティを構築し、生活の質を向上し、生活の場にも働く場にもプラスの効果を生み出すよう設計されたプログラムです。 また、Doing Good With Data™に戦略的焦点を当てることで、当社が最もよく知っているもの、つまりデータの力を利用して社会を変えることに取り組んでいます。 テラデータの従業員は、自分の特定の興味に応じて、個々のコミュニティと関わる機会を探すよう奨励され、力を与えられています。 主な重点分野には、青少年教育の改善、近隣地域の強化、環境への配慮、サステナビリティの支援などがあります。

ビデオ
ビデオ
未来を構築する

Global Sales Experience 2020 in Vancouverで、テラデータの従業員は、バンクーバーの学校システムLookout Housing and Health Societyがフードボックス、学用品バッグ、家具などを組み立てるのを手伝いました。

ビデオを見る
コレクション
パンフレット
ポジティブな変化を推進する

Teradata Caresは、強力で活気のあるコミュニティを構築し、生活の質を向上し、生活の場にも働く場にもプラスの効果を生み出します。 より良い世界の構築のため当社がどのように力を合わせているかをご覧ください。

パンフレットをダウンロード
ビッグデータ分析はビッグワールドの人類の要求を満たす

テラデータは、分析を通じて当社のビジネスの顧客がよい結果を出すのを支援することに専念するのと同様、世界中の非営利組織がデータを使用して日々直面している問題に取り組む方法にも注力しています。 DataKindとのパートナーシップが、データを使用して人類により良いサービスを提供するのにどれほど役立つかをご覧ください。

テラデータは、企業イニシアティブを通じて、より強力なコミュニティを(一度に1人ずつ)構築します。

マッチングプログラム

従業員による寄付は会社でマッチング

プロジェクト助成金

グループボランティアプロジェクトのために設計されているCommunity Service Grants

環境スチュワードシップ

環境保全と意識向上に重点を置くTeradata Cares for the Earth

毎年恒例のケアの日

従業員は毎年8月にボランティアと寄付をするよう奨励される

ピアサポート

「互いを思いやること」 で、従業員は危機の際にも同僚を助けることができる

ボランティアデー

すべての従業員は、通常の勤務時間のうち年間4日を、地元のボランティア活動のために充てられる