データウェアハウスにおける同時実行の重要性

企業全体のコラボレーションをサポート

世界のデジタル化が進む中、企業はデータウェアハウスを最適化して大量のデータを管理し、流入する情報からインテリジェンスを得る必要があります。最高のアナリティクス機能を大規模に提供する統合アナリティクス環境には、同時実行性が不可欠です。

すべてのビジネスにはデータが必要です。さらに重要なのは、そのデータ内に隠された、複雑なビジネス上の課題に対する答えを明らかにすることです。特に、従来型のデータウェアハウスとクラウドベースのデータウェアハウスが混在している場合、データウェアハウス内の膨大な量のデータを処理することは非常に困難です。

大規模なビジネスインテリジェンスをリアルタイムに得るには、同時実行がミッションクリティカルです。10人のユーザーが10個の行やテーブルを含む10個のクエリを実行することは管理がそれほど難しくないかもしれませんが、数千、数百万にスケールアップすると、人間が管理することが不可能な環境になります。 

同時実行により、誰もがリアルタイムにデータウェアハウスの同じデータで作業することができ、他のユーザーに悪影響を与えることがありません。これにより、イノベーションを滞りなく進めることができ、使用しているデータが正確であることを完全に確信することができます。

部門別のポイントソリューションから、大規模なオペレーションと実稼働システムに移行するには、同時実行性をきめ細かく調整する必要があります。

Teradata Vantageは「百万」の同時実行問題を解決し、データウェアハウス環境がどのようなものであっても、ビジネスをインサイトから生産性へと移行させることができます。

Teradata Vantageがどのようにお役に立てるのかご興味がありますか?