データウェアハウスとデータレイク

インフォグラフィック

データウェアハウスとデータレイクは相反しながらも補完的なソリューションであり、企業のデータ処理やレポート作成のインフラストラクチャの一部となるべきものです。データウェアハウスとデータレイクがどのように連携し、お客様のビジネスニーズに合わせてより多くのデータ価値を引き出すことができるのかご確認ください。

データウェアハウスとデータレイクは、エンタープライズ・インフラストラクチャー内で連携して動作します。

データウェアハウスとデータレイクの違いは何ですか?

データウェアハウスは、サブジェクト指向で、統合され、一貫性があり、不揮発性の履歴を持つデザインパターンのことです。従来型、ハイブリッド型、クラウド型を問わず、データウェアハウスは、最も意味のあるデータの 「企業の記録」となります。

データレイクは、あらゆる形式の生データを大規模に取り込み、精査し、検索する長期的なデータコンテナの集合体です。データレイクは、データマート、データウェアハウス、推奨エンジンなど、複数のダウンストリーム機能が利用できる低コストのテクノロジーによって実現されます。

data warehouse vs data lakes comparison infographic

データウェアハウスとデータレイクの相互作用の仕組み

データウェアハウスは、データの品質、整合性、再利用性、およびパフォーマンスを高い並行性をもって構造化し、パッケージ化します。データレイクは、元の生データの忠実性と低コストでの長期保存を重視し、新しい形の分析の機敏性を提供します。

データウェアハウスとデータレイクは相反していながらも補完的なソリューションであり、企業のデータ処理とレポート作成のインフラストラクチャの一部となるべきものです。データウェアハウスは、サービスとコンプライアンスのための環境であり、ビジネスユーザーにデータを見てもらうための方法を提供します。データレイクは、ステージングと処理レイヤーに最適です。

これらを組み合わせることで、データの価値を引き出すことができます。Teradata Vantage™(エンタープライズアナリティクス向けのコネクテッドマルチクラウドデータプラットフォーム)がどのように両デザインパターンの長所を活用できるかについてご覧ください。