データマネジメントででデジタルガーデンを育成する

データの管理は、庭の手入れに似ています。何かを育てようと思ったら、種、ツール、ストレージ、これらをうまく協調させながら使う必要があります。庭を手入れする方法次第で、そこから得られるものが決まることは誰もが知っています。明確なシステム、うまく区画化された庭、整理された物置があれば、基本的なコミュニケーションだけで、誰でもすぐに取りかかることができるはずです。

データ管理の統合とアクセス性

優れたデータマネジメントの典型とはこういうことです。データ、ツール、ストレージのすべてが、組織化されたデータ分析のエコシステムの一部である必要があります。そして、組織内のどの部署のユーザーも、いつでも質問をして、それに答えられるようになっていなければなりません。これが実現すれば、データはまさに最大の資産となります。

データマネジメントとは

データマネジメントとは、データをどのように保存し、統合し、組織全体で活用するかを決めるものです。データは無限に収集、保存できますが、アクセスして活用できなければ意味がありません。適切に管理されていれば、すべてのデータをすべてのユーザーがいつでも利用できるようになります。データは実用的なものであり、成果をもたらし、 将来の未知の事態に備えるものでなければなりません。

データマネジメントの2つの重要な側面

統合

統合されていないサイロ化されたデータは、限定され孤立した状態のままですが、統合されたデータは異なるソースからのデータを組み合わせているため、データを包括的に管理し、ビジネスの全体像を把握することが容易になります。データが統合されていないと、意思決定者は限られた質問をしたり、答えたりすることしかできません。しかし、統合を重視するとユーザーは自分の部署や顧客体験の一面だけでなく、部署が全体像や顧客体験全体の中でどのような位置づけにあるのかを質問することができます。

また、統合することで、データが部門別に分かれている場合よりも、より多くの質問をすることができます。特定の部署や固定されたデータセットでしか質問できないのではなく、部門の垣根を越えた質問や、複数のデータセットを活用した質問が可能になります。このような部門をまたいだ質問は、企業の競争力を高め、競争の激しい市場でビジネスを成功させるために不可欠なものです。

アクセス性

データが統合されたら、次の重要なステップは、組織内のすべての部署のすべてのユーザーがデータに簡単にアクセスできるようにすることです。組織内の各ユーザーが毎日、ビジネスに影響を与える決定を行っています。各ユーザーがデータやインサイトにアクセスできれば、十分な情報に基づいた意思決定を行い、プラスの影響を与えることができます。そのため、データマネジメントでは、組織内のすべてのユーザーが100%のデータにいつでもアクセスできるようにする必要があります。

データ・アクセシビリティは、 コラボレーション、インサイト、イノベーションを促進し、全員の時間を節約することができます。部門ごとに分けられたデータや孤立したプロジェクトに取り組むのではなく、全員が1つの統一された目標に向かって協力することができます。統合されたデータという単一のデータソースに基づいて作業することで、部門のプロジェクトは互いに補完し合い、より複雑な質問に答えたり、新たな洞察を得たりすることができます。適切な情報をユーザーに提供することで、ユーザーはよりスマートで迅速な意思決定を行うことができ、業務の合理化、顧客サービスの向上、収益と市場の成長を促進することができます。

将来の成功のための種まき

現在そして将来のビジネスを成功させるためには、企業はデータに焦点を当てる必要があり、データを単に収集して保存だけでなく、統合的なデータ統合とアクセス性を重視したシステムを開発する必要があります。どこから手を付ければよいのでしょうか。Teradata Vantageのような最新のクラウド・データ・アナリティクス・プラットフォームは、ビジネス上でのインサイトを得て成功を促進し、将来に備えるための優れたツールになります。