ビジネスパフォーマンスを向上させるデータドリブン・ファイナンス

文化を変えるリーダーシップと戦略

データドリブンな財務を行う企業は、単に数字を計算するだけではありません。意思決定の際の推測を排除し、予測分析によって結果を導き出し、チャンスをつかみ、リスクを軽減しています。財務部門のリーダーがビッグデータとアナリティクスを活用する方法をご紹介します。

データドリブンな企業文化

コストの最適化と事実に基づく意思決定でパフォーマンスを向上

データドリブン・ファイナンスとは、単に標準化、簡素化、合理化によって数字を効率的に処理することではありません。より深く広い業務の可視化、より豊かなインサイトのある分析、そしてより厳密な事実に基づく意思決定によって、ビジネスパフォーマンスを最適化することです。

データドリブン・ファイナンス文化を実現するには何が必要なのでしょうか。

さらに、大手金融ベンチマーク会社であるHackett Groupをはじめとするアナリストの調査によると、データドリブンな財務組織を持つ企業には以下のようなメリットがあることがわかっています。

  • 無駄のないコスト構造で、より多くのリソースを付加価値の高いサービスに割り当てることができる
  • 指標の数が少なく、ビジネスにとって本当に重要な内容に基づいて、より効果的に優先順位を付けることができる
  • 分析と解説により多くの時間とリソースを割くことができ、データ収集のための時間とリソースを減らすことができる
  • より強力な予測、早期警告機能
  • 自動化や先端技術を利用することにより、効率性と柔軟性を向上させ、インサイトを生み出す

要約すると、データドリブン・ファイナンスとは、単一のツールやテクノロジーではなく、利用可能なデータをすべて収集することでもありません。それは、優先順位を設定し、パフォーマンスを評価し、意思決定を行うための手法であり、証拠に基づくアプローチであると考えてください。そして、最高財務責任者(CFO)が経営最高責任者(CEO)をはじめとするビジネスリーダーに対して戦略的な助言を行う役割を拡大するための手段でもあります。

次世代のCFOーアナリティクスチャンピオン、ビジネスアドバイザー、上級幹部への助言者

データドリブン・ファイナンスとビッグデータは、CFOの役割を変革しつつあります。それは、何をするかだけでなく、なぜ、どうのようにするかということも同様に変わりつつあります。ここでは、CFOがどのように業務の仕方を変えていくのか、戦略的、戦術的に考えてみましょう。

ビッグデータアナリティクスへの原則的アプローチ

データドリブンな財務組織は、機敏性、持続可能性、拡張性、予測可能性、説明責任という5つの主要原則を取り入れることで、アナリティクスのチャンピオンになることができます。

「マネーボール」を実践してコスト削減のチャンスを見つける

世界トップクラスのCFOは、データを資産として管理し、アナリティクスを活用して企業リソースから価値を生み出し、コスト削減や業務改善のための「隠されたチャンス」を発見します。

CFOのより戦略的な役割

これは、実質的にCFOにとって新しい仕事内容となりますが、より詳細な分析、より実用的なインサイト、より予測的な予測、顧客、製品、サプライヤーに関する情報を充実させます。

データドリブン・ファイナンスを実現する方法

では、財務担当のリーダーは、ビッグデータとビッグデータアナリティクスがもたらす変革の可能性をどのように活用すればよいのでしょうか。それは、財務の透明性を高めるためのデータ管理システムや、それに関連する組織構造、意思決定方法を、どれだけ早く組織に導入できるかにかかっています。ほとんどの組織にとって、それは多次元の取り組みになります。つまり、データドリブン・ファイナンスを実現しようとするCFOやその他のリーダーは、以下のような適切は質問をしなければならないということです。

データドリブン・ファイナンス:収支の先にあるもの

より少ない資金で多くのことを行い、財務部門のコストを削減することは、CFOにとって永遠の課題です。データドリブン・ファイナンスは、これらの分野で確かに利益をもたらします。しかし、それだけでなく、CFOが戦略的アドバイザーとしてビジネスに関する機会をつかむことで、業務の卓越性を推進し、イノベーションを促進するとともに、無駄を省きリスクを軽減するためのインサイトを提供することができるのです。

データドリブン企業

Boeing社
世界最大の航空宇宙企業であるBoeing社のCFOチームは、数字を管理するだけでなく、戦略的ビジョンを達成し、意思決定の文化を変えるために、アクション指向のデータを用いてビジネスを遂行しています。

Grainger社
Fortune500社に選ばれた工業用品メーカーのGrainger社では、より詳細な財務、業務データと高度なモデリングにより、製品別、顧客別、チャネル別の収益性をより詳細に、正確に、一貫して測定できるようになりました。