データドリブンな企業文化を実現するために必要なこと

データドリブンのアナリティクスを活用した企業文化の構築

ビッグデータと高度なアナリティクスを基盤とした文化は、ハイパフォーマンス組織の代名詞となりつつあります。市場をリードする企業にとって、データは単なる資産ではなく、企業のコア戦略と最終的な成果を生み出す原動力となっています。企業がデータドリブンの文化を実現する方法をご紹介します。

データドリブン企業文化

戦略が良くても適切な文化とチームがなければ実現できない

ビッグデータに関しては、文化が巨大な資本支出や高性能のインフラストラクチャ、そして最も優秀なデータサイエンティストのチームを飲み込んでしまうことがあります。

しかし、良い面もあります。データドリブンな文化が、ビッグデータアナリティクスのビジネスケースで費用対効果を上げることができるか、まあまあのリターンを得られるかの違いが表れるでしょう。

それはなぜか。これらの強力な力が交差していることを考えてみましょう。文化とは、組織がパフォーマンスを評価し、リソースを割り当て、人々に行動を促す方法のことです。そして、ビッグデータは、これらのすべての領域を変える可能性があります。だからこそ、ビッグデータと高度なアナリティクスに基づいて構築された文化が、ハイパフォーマンス組織の代名詞となりつつあるのです。

誰もが大量のデータを持っています。しかし、そのデータを効果的に活用し、企業全体で最終的な成果を上げるための専門知識、モチベーション、能力を持つ企業が勝者となります。そのような企業では、データは単なる資産ではなく、むしろ仕事の仕方そのものなのです。

データドリブンな文化を実現するには、変化への準備と意志が必要

  • 顧客行動の変化、サプライチェーンにおける新たな脅威、オペレーショナルにおける微妙な変化など、新たなインサイトを発見するために、人材を育成し、チームにインセンティブを与える
  • これらのインサイトに基づいて行動するためには、機敏で大胆であることー 従来のビジネスレビューサイクルやヒエラルキー構造の制約を受けずに、多くの場合、リアルタイムでそれを行う
  • リスクを伴う「直感」的な管理スタイルから、データドリブンやアナリティクスを駆使したモデルへの移行を行う

つまり

ビッグデータは、ほとんどの組織にとって大きな変化をもたらします。どのくらいの大きさかは、組織の現状によります。

データドリブン企業文化の特徴

コミットメント

データドリブン文化は、幅広いコミットメントから始まります。データドリブンな意志決定が標準的な仕事のやり方となり、ビッグデータ分析が全員の仕事の一部であることが期待されます。

トップダウンのリーダーシップとボトムアップのエンゲージメント

最も強力なデータドリブン企業文化は、トップダウンとボトムアップの両方から形成され、活力を与えます。経営陣は、資金調達の決定や、ビジネスを評価するための新しい指標を定義して推進することで、ビジネスパフォーマンスを向上させるためのビックデータの重要性を明確に、かつ目に見える形で示します。一方、ビッグデータのエンドユーザーである第一線のマネージャーやビジネスアナリストなどは、日々の業務の中でデータを活用しています。そして、そのために必要なツール、トレーニング、インセンティブを手にしています。

新しい役割、新しい肩書

最高データ責任者や最高分析責任者の台頭は、データを重要な資産と見なす企業が増えていることの証拠です。しかし、そのような肩書だけで文化が変わるわけではありません。ビッグデータがもたらす変革の可能性をビジネス全体で最大限に発揮するためには、シニアリーダーシップの下で組織構造を整える必要があります。

整理された、アクセス可能で高品質なデータ

強力なテクノロジー基盤は、複数の要素が含まれます。まず、様々なデータを収集し、集中管理し、保存できるインフラストラクチャが必要です。さらに、重要なパフォーマンス指標を追跡したり、トレンドを視覚化したり、データに質問を投げかけたりできる分析アプリケーションが必要です。

あなたの会社の文化はデータドリブンですか?確認すべきポイント

  • 上級管理職はどのくらいの頻度で主要な運営指標や業績指標を確認していますか?ダッシュボードを使ってオンデマンドのレポート作成をしていますか?
  • 従来の「直感的な」意思決定モデルがまだ使われていますか?
  • マーケティング部門からのアドホックレポートの所要時間はどのくらいですか?サプライチェーンや財務部門はどうですか?
  • データとアナリティクスの責任を負う最上級幹部はいますか?
  • 最も優れたレポーティング能力を持つのはどのビジネスユニットまたは機能ですか?そのレポートはどの程度共有され手本にされていますか?
  • 標準レポートは読みやすく、理解しやすいですか?
  • 重要な戦略的意思決定を行うために、いくつの異なるデータソースが使用されていますか?どのデータが最も説得力がありますか?

データドリブン企業文化の実践

映画にもなった『マネーボール』は、データドリブン文化の概念を広めた作品であり、変化に対する組織の抵抗という点では、今での非常に参考になる例です。従来のスカウト方法は、野球の有望選手を評価するための新しい指標によって変化がもたらされました。この変化は、従来の分析モデルにしがみついていた人にとっては苦痛でしかありませんでした。似たような光景は、大小さまざまな組織の経営陣や、他の主要なプロスポーツを含む多くの分野で繰り広げられています。

情熱よりも科学でホームランを打つ

組織のビジネス課題をサポートするデータソースを構築します。そうすれば、直感だけでない判断ができるようになり、分析結果も改善されていくでしょう。勝つためのビジネスを構築する方法については『マネーボール』の裏話をご覧ください。

データドリブン企業

ブリンカー・インターナショナル社
「すべてはデータと、そのデータから得られるインサイトに帰結します。成功したいのであれば、データがビジネスの中心でなければなりません。」

メディバンク社
「Vantageは、データを統合し、お客様がどのように当社と接しているかをよりよく理解するのに役立っています。」