データ移行における4つの失敗例とその回避策

データ移行計画を立てるのは大変なことですが、お客様は従来のレガシーシステムから最新のインフラストラクチャにデータを移行することで多くのメリットを得ています。失敗を避けるための戦略を念頭に置くことで、システムとチームを成功に導き、データ移行がビジネスにプラスの影響を与えることができるでしょう。

データ移行における失敗例とその回避策

企業がデジタルビジネスを推進する中で、インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、急速に進化する企業のニーズをサポートするアジャイルなインフラストラクチャとプロセスの構築を求められています。データの量と種類が急速に拡大する中、デジタルトランスフォーメーションには、データを効果的に移行することが不可欠です。最近では、データ移行(マイグレーション)の世界市場は2026年までに 228億ドルに達すると予測されており、大きなビジネスにもなりつつあります。

よく報道されるのは、クラウドへの移行 ですが、データ移行にはそれ以外の種類もあります。 アプリケーションの移行 では、アプリケーションプログラムやシステムをクラウドに移行したり、クラウド間で移行したりします。 ストレージの移行 は、データを古い環境から最新のプラットフォームに移行し、パフォーマンスを最適化して効率的に拡張するプロセスです。 ビジネスプロセスの移行 では、ビジネス管理ツールの置き換えやアップグレードを行い、データベースやアプリケーションから別のデータベースまたはアプリケーションへデータを移行します。

テラデータでは、様々な業界の何千ものお客様のあらゆる種類のデータ移行を支援してきました。何十年に渡り、課題を予想し、ダウンタイムを回避し、プロセス全体を迅速に進めるためのアプリケーションを磨いてきました。これらの経験から、データ移行計画を狂わせる4つの一般的な間違いと、それを回避する方法を特定しました。

データ移行の失敗例No.1ー 最初からビジネスユーザーを巻き込んでいない

データ移行後のデータの整合性についてはITチームが責任を追うことになるかもしれませんが、データの最終的なエンドユーザーは、各ビジネスユニットです。ビジネスユニットが日常的に扱うデータの統合、クレンジング、または再構築に関するフィードバックに事前に耳を傾けておかないと、ビジネスユーザーはデータを誤って使用したり、移行後IT部門へのサポート要請が殺到したりする可能性があります。

現在の環境を徹底的に評価することで、利害関係者をいつ、どこで参加させるかなど、プロセスに関する重要な決定事項を知ることができます。インフラストラクチャ、移行が必要なデータ、移行の順序、互換性の問題などを深く理解することで、プロジェクトの範囲がより明確になります。

データ移行の失敗例No.2ー ソースデータの準備ができていない

移行プロセスの最初の段階で、どのようなデータソースを移行するのかを定義し、それを徹底的に調査します。データに重複、ギャップ、スペルミス、エラーがあると、新しいパラメータに合わせてデータを構成しようとしたときに、致命的な障害が発生する可能性があります。ソースデータを徹底的にクレンジングし、新しい条件やカテゴリーに変換する必要があるかどうかを確認する必要があります。

データの移行は、ユーザーにとって機能しなくなった従来の構造を取り除き、非効率性を解消する絶好の機会です。ただし、データのクレンジングは、移行プロセスの途中ではなく、移行プロセスのに行うようにしていください。

データ移行の失敗例No.3ー 持続可能なガバナンスを確立していない

インフラストラクチャと負荷関連の問題を管理する中で、データガバナンスを定義することは、移行の際に急ぎすぎたり、忘れられたりすることがあります。しかし、誰がどのデータを所有し、誰がデータにアクセス、編集、または削除できるのかを理解することは重要です。

また、そもそもデータのライフサイクルを管理するプロセスが組織にあるかどうかを検証する必要があるかもしれません。また、企業のビジネスルールや検証ルールが最新ではない場合や、データがこれらのルールに準拠していない場合もあります。これらの不整合をすべて引き継ぐのではなく、今すぐ時間をかけてこれらの問題に対処し、データだけでなく企業の問題の移行しないようにしましょう。

データ移行の失敗例No.4ーテストと検証を行わない

移行中に問題が起こらないと期待するのは現実的ではありません。他のITプロジェクトと同様に、テストはプロセスの最後だけでなく、プロセス全体を通じて重要な役割を果たすべきです。テストを行う人、データを評価する人、テストの結果に署名する人を定義します。

開発環境でテストを実施することで、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。これは、テラデータのコンサルティングチームが、企業のお客様のデータを移行する際によく採用する方法です。

移行が完了したら、テストを続けます。関係者とのフォローアップミーティングを予定し、問題点、得られた教訓、今後のアクションプランについて話し合います。

データ移行計画を立てるのは大変なことですが、お客様は従来のレガシーシステムから最新のインフラストラクチャにデータを移行することで多くのメリットを得ています。上記の4つの失敗を避けるための戦略を念頭に置くことで、システムとチームを成功に導き、データ移行がビジネスにプラスの影響を与えることができるでしょう。

また、データの移行を自分で行う必要はありません。どうぞお気軽にテラデータまでお問い合わせください