2020年がデータ分析をいかに変えるか

2020年は、私たち全員が事業についてより深く考えることを余儀なくされた年になるでしょう。そして今日、ビジネスについてより深く考えることは、データについてより深く考えることを含まなければなりません。今年の前例のないイベントによってデータ分析が再形成されている4つの主要な方法についてお読みください。

2020 Data Analytics

毎年初めに常に公開されている予測リストのいずれかを読んだ場合、2020年はテクノロジーとデータサイエンスの進歩ですでに注目に値するだろうと思ったでしょう。しかし、あなたが多くの企業のようであるならば、今年はあなたが予想していなかった転機を迎えました。

COVID-19のパンデミックは多くの企業の最善の計画を混乱させましたが、危機はまた、長期的に企業を強化することができる利点と教訓を提示します。インドの初代首相ジャワハルラールネルーがかつて言ったように、「危機と行き詰まりが発生した場合、少なくともこの利点があります。それは私たちに考えさせます」。 

2020年は、私たち全員が事業についてより深く考えることを余儀なくされた年になるでしょう。そして今日、ビジネスについてより深く考えることは、データについてより深く考えることを含まなければなりません。今年の前例のないイベントによってデータ分析が再形成されるのを見る4つの主な方法は次のとおりです。

1. 私たちは皆データサイエンティストです。

グローバルコンサルティング会社のアルカディスが最近報告したように、COVID-19はデータ分析を会話の中心に押し上げましたあらゆる背景と分野の人々が、疫学グラフと「R-nought」曲線をソーシャルメディアに投稿しています。政治家は、人々が日常生活を根本的に変える主な動機としてデータを提示しています。

データ分析についても多くの意見の相違があります。人々は、「正確なサンプルサイズを取得するのに十分な人数をテストしていますか?」などの質問をしています。「私たちのテストは正確ですか?」「データの分析に使用しているモデルは、使用するのに適切なモデルですか?」正確なデータ収集と分析に関するこれらの議論の多くは、企業内のデータサイエンティストとアナリストの間で何十年にもわたって行われてきました。

アルカディスは、スポーツや政治がデータの重要性に対する国民の意識を高めるのに役立ったように、COVID-19は「データ分析の理解をさらに民主化し、世界中の聴衆に促進する」可能性が高いと指摘しています。つまり、より多くの人々、特に若い世代が、自分たちを市民データサイエンティストと見なすようになるということです。ビジネスリーダーは、ビジネスクリティカルな会話に貢献できるように、より多くの人々がデータ、ツール、およびプラットフォームへのアクセスを要求することを期待する必要があります。

2. クラウドは、これまでにないほど需要があり、テストされます

ある推定によると、クラウドコンピューティング市場は2019年の2,330億ドルから2021ねんまでに2,950憶ドルに成長すると予想されています。企業はパンデミックの前にすでにますますクラウドに目を向けていましたが、COVID-19はその傾向を加速させました。現在、多くの企業がリモートワーカーをサポートする必要があります。

データ分析会社は、最大限の柔軟性を提供することにより、企業がこれらのシフトをナビゲートするのを支援できます。感染の急増はより多くの封鎖を余儀なくされ、サプライチェーンと事業運営に影響を与える可能性があるため、不確実性は今後数か月の高まります。企業がいつでもニーズに応じて容量を拡大または縮小する機能を求めているため、サービスとしての提供はさらに需要が高まっています。クラウドサービスプロバイダーは、潜在的なシェルターインプレイスの注文により、限られたスタッフがデータセンターを管理するために現場にいることを余儀なくされたとしても、稼働時間の保証を提供する必要があります。

3. データはサプライチェーンを救います。

特定の商品(トイレットペーパー、手指消毒剤、温度計)の買い占めと、他の商品(レストランや学校の乳製品)の需要の急激な不足の組み合わせにより、サプライチェーンマネージャーは生産を増やすか、もはや捨てることを余儀なくされました。COVID-19以前は、多くの企業が1年または2年分のデータを分析して、需要を予測し、生産ニーズを計画していました。2020年以降、サプライヤはより多くのデータポイントを組み込み、人工知能やその他の分析モデルを活用して、異常を特定して計画します。

自動予測アルゴリズムが数シーズンにわたって過剰生産または過剰在庫になる可能性を予測する学習曲線があります。外れ値を確認して修正するためのデータの深さと幅を備えた企業は、年々の異常を効果的に管理するためのより良い準備ができています。

最終的に、需要の急増と急落を分析することで、これらの状況を予測および防止するのに役立つトリガー信号を明らかにすることで、企業が次の危機に備えることができます。これは、企業がより効果的で顧客のニーズに対応するのに役立つため、最高のデータ分析です。

4. ヘルスケアのニーズは、5G、IoT、AIの進歩と、新しい部門横断的なパートナーシップを推進します

今年の2月、テラデータは、2020年が「5GとIoTの年」になると予測しました。これは、スマートシティやスマートヘルスなどの「スマートなもの」への取り組みに牽引されています。

2か月で何が変わったか。現在、ヘルスケアと行政の指導者が蔓延する感染症の蔓延を緩和しようとしているため、これらの機能に対する需要は急速に加速しています。追跡アプリとGPS位置データ監視の展開により、世界中でプライバシーの懸念が高まっていますが、封鎖を徐々に終了して事業を開始するため、ある程度のスマート監視が必要になることは明らかです。テクノロジーは、公衆衛生の保護と経済の支援の間の微妙なバランスを達成する上で重要な役割を果たします。

ヘルスケアは長年にわたってデータを活用してきましたが、データ分析会社は現在、より広く、より緊急の一連の目標について支援を求められています。たとえば、テラデータは、公的機関と民間機関の両方、およびホワイトハウスと直接連携しており、分析を使用して、感染のリスクが最も高い集団である新たな発生の可能性のある場所と、特定の地域で必要となるリソースを予測します。世界中のデータサイエンティストがハッカソンに参加して、COVID-19の蔓延を遅らせ、治療とワクチンを進歩させるために使用できるイノベーションを生み出しています。また、COVID-19ヘルスケア連合にも参加しています。多くの自社の顧客やテクノロジー業界の同業者と協力して、ヘルスケアと政府のデータを統合し、新しい洞察を生み出す手助けをしています。

2020年が私たちに何かを教えてくれたとしたら、それは未来を予測するのが難しいということです。しかし、歴史は、危機が全世界を一つの目標に向けて動員するとき、人類は大きな進歩を遂げることができることを示しています。COVID-19は、データ分析を圧力テストして進化させ、業界として一緒に前進する機会であると考えています。