クラウドコンピューティングーSaaSについて

ビジネスの未来は絶えず進化しており、クラウド・コンピューティング・プラットフォームなしでは対応できなくなりつつあります。サービスとしてのソフトウェア (SaaS) プラットフォームは、クラウド・データ・アナリティクス・コンピューティングをビジネスに導入するための優れた方法です。SaaSプラットフォームは、ビジネスの柔軟性と機敏性を高め、すべてのユーザーを迅速かつ簡単につなぐことができます。

SaaSクラウド コンピューティング プラットフォームはアジャイルでビジネスのアクセシビリティを向上させる

SaaSとは

すぐに使えるプラットフォームとして、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)はもっとも基本的なクラウド・コンピューティング・プラットフォームです。オンデマンドソフトウェア、Webベースソフトウェア、またはホスティングソフトウェアとも呼ばれます。プロバイダーは、同じプラットフォームをそのまま多くの企業に提供し、ユーザーのデータをパーティション分割したり、プラットフォームの保守やアップグレードを担当します。ユーザーにとっては、SaaSはわかりやすく、プラットフォームを迅速に導入でき、インフラに関する意思決定は必要ありません。価格は使用量に応じて設定され、必要に応じていつでも簡単にスケールアップまたはスケールダウンすることができます。

なぜSaaSが重要なのか

SaaSプラットフォームは簡単にセットアップできるだけでなく、手頃な価格でビジネスコストを節約しながら、生産性と接続性を向上させることができます。スタートアップコストは比較的低く、ビジネスのニーズに応じて設定できます。必要のない機能を含むソフトウェアライセンスを事前に購入する必要はありません。また、SaaSプラットフォームには特定の高価なハードウェアも必要ありません。SaaSプロバイダーがプラットフォームのメンテンナスとアップデートを行うため、ITスタッフの負担が軽減され、ビジネスコストの削減につながります。

他のAs-a-Service型プラットフォームと同様に、SaaSの魅力の大きな部分はアクセス性と接続性です。SaaSプラットフォームはウェブ経由で提供されるため、ユーザーはインターネット接続と互換性のあるデバイスがあれば利用可能です。ユーザーは、サービスを継続して利用しながら、デバイスをシームレスに切り替えることができます。

SaaSと他のAs-a-Service型プラットフォームの違い

IaaS (サービスとしてのインフラ) やPaaS (サービスとしてのプラットフォーム) を含むすべてのAs-a-Service型プラットフォームの中で、SaaSはもっとも早くセットアップでき、もっとも使いやすいプラットフォームです。最小限のセットアップで済み、カスタマイズやメンテナンスに煩わされることもありません。迅速な導入は、スタッフの時間とコストを節約し、誰がどこにいても、より早く簡単にコラボレーションを行うことができます。

カスタマイズができないことは、長所でもあり短所でもあります。すぐに使い始めたい場合や、主に接続ツールが必要な場合には最適です。しかし、さらにコントロールしたい場合や、プログラミングやデータ操作を必要とする他のプロジェクトのための基盤が必要な場合は、PaaSやIaaSの方がビジネスニーズに適している可能性があります。

Cloud computing comparison chart of SaaS, PaaS, and IaaS

どのようにSaaSが競争力を高めるか

リモートワークが増えている中、都市や州、異なるタイムゾーンに散らばるユーザーをつなぐSaaSプラットフォームは不可欠なものとなっています。SaaSは迅速に導入でき、特別なハードウェアや人によるメンテナンスを必要としないため、IT部門との距離やスケジュールを気にする必要がありません。

また、SaaSは、ますます重要になるデータ分析をビジネスに簡単に統合することができます。SaaSプラットフォームは、データの収集と分析を支援し、顧客サービスの向上、対象ユーザーの理解、リーチの拡大を可能にします。

将来に向けたビジネスの準備

ビジネスを未来に対応させるためには、クラウド・コンピューティング・ソリューションによって可能となる、統合されたデータ主導型のアプローチが必要です。SaaSプラットフォームでは、Teradata VantageのようなクラウドベースのAs-a-Service型プラットフォームを既存のデータ分析エコシステムに導入することで、データ分析をビジネスに統合することができます。

Teradata Vantageがどのようにお役に立てるかご興味がありますか?