クラウドコンピューティングーPaaSについて

ビジネスのニーズは常に変化しており、それに対応するためには、クラウド・コンピューティング・プラットフォームによって実現される柔軟性、拡張性、機敏性が重要になっています。コラボレーションツール以上のものを必要としながらも、完全にカスタマイズされたインフラを必要としない企業には、サービスとしてのプラットフォーム( PaaS )が適しているかもしれません。

PaaSクラウドコンピューティングプラットフォームは、より優れたカスタマイズと柔軟性を提供します

PaaSとは

サービスとしてのプラットフォーム(PaaS) は、クラウドをベースとした開発・展開環境を提供し、開発者はその上で構築作業を行うことができます。オペレーティングシステム、データストレージ、サーバー、ネットワークなどはすべてプロバイダーに委託されるため、ユーザー側のITチームは開発に専念することができます。インフラの構築や保守などのITの技術的な部分はプロバイダーが管理し、ユーザーはアプリケーションや機能、データなどをコントロールすることができます。

PaaSは通常、ウェブ上で提供され、ほとんどのプロバイダーは使用量に応じた課金モデルを提供していますが、中には一律のサブスクリプション料金を設定しているところもあります。

なぜPaaSが重要なのか

既製のPaaSは、コーディング時間を大幅に短縮し、バージョン管理を気にすることなく、複数のユーザーが同じプロジェクトに同時に取り組むことができるため、作業時間や市場投入までの時間を短縮することができます。

またPaaSは高いレベルのカスタマイズ性と柔軟性を備えているため、ビジネスの立ち上げ地点としても最適です。必要に応じて簡単に拡張でき、ハイブリッドクラウド環境や他のクラウドモデルへの移行も容易にできます。

PaaSと他のAs-a-Serviceモデルとの違い

PaaSは、SaaSとIaaSの中間的な存在で、IT部門のメンテナンス負担を軽減しつつ、優れたカスタマイズ性を提供します。 開発のしやすさや市場投入までの時間短縮を重視する場合には最適な選択肢ですが、コーディング言語に制限があったり、ベンダーロックインの可能性もあります。よりきめ細やかな管理とセキュリティが必要な場合は、IaaSが適している可能性があります。

Cloud computing comparison chart of PaaS, IaaS, and SaaS

どのようにPaaSが競争力を高めるか

激変する時代の中で、ビジネスの成功と未来への対応には、スピードとアジリティがもっとも重要です。PaaSは、コーディングの大幅な削減、ワークフローの合理化、全体的な開発の高速化により、市場投入までの時間を大幅に短縮することができます。さらに、アプリケーションが既存の確立されたプラットフォーム上にある場合、メンテナンスやアップデートが容易になります。

PaaSのもう一つの大きな利点は、柔軟性です。PaaSを利用すれば、どんなビジネスニーズにも対応でき、ビジネスを成功に導くことができます。必要に応じて迅速にスケールアップやスケールダウンしたり、クラウドモデルを移行したり、独自のワークフローを設計したり、データ分析ツールやビジュアライゼーションを活用したりすることができます。また、PaaSでは、Teradata Vantageのようなクラウドベースのデータ分析プラットフォームを使用して、ビジネスに不可欠なデータ分析を簡単に統合することができます。

未来への対応

急速に変化する環境の中で、柔軟かつ機敏に対応できるかどうかは、ビジネスの成否を左右すると言っても過言ではありません。PaaS型クラウド・コンピューティング・プラットフォームは、ユーザーの接続、ワークフローのカスタマイズ、データ分析の統合を容易にし、データに基づいた意思決定を行い、ビジネスの競争力を高めることができます。

As-a-Service型クラウドプラットフォームTeradata Vantageがどのようにお役に立てるかご興味がありますか?