ビッグデータの未来

ビッグデータの評判と価値の比較—長期的展望とは

ビッグデータの未来は、今ここにあります。いち早くビッグデータを導入している企業は、すでに戦略的な機会を捉え、あらゆるビッグデータの分野で前進しています。競合他社に遅れをとらないために、貴社がとるべき対策についてご説明します。

ビッグデータの未来

それは目的地ではなく旅路

ビッグデータの将来について話すことは、やや的外れかもしれません、なぜなら、ビッグデータは、「いま、ここ」で起きている現象だからです。市場をリードする企業の多くは、遅れている競合他社から見れば未来的に見える方法で、すでにビッグデータやビッグデータアナリティクスを活用しています。

これらの企業はビッグデータの未来を定義していますが、一見印象的に見える一方で、実際にはビッグデータの可能性の表面をなぞっているに過ぎません。メジャーリーグがビッグデータを活用しているのと同様に、私たちはこれから始まる長いゲームの初回にいて、初球が終わったばかりの頃だと言ってもいいでしょう。

ビッグデータの将来に関する質問のほとんどは、ビッグデータの価値をできるだけ早く認識するための質問です。その意味では、ビッグデータの将来を社内で定義するために議論するのは、非常に有効です。

  • ビッグデータを収益化するには?実用的なインサイト、マーケティングキャンペーンのオファーの微調整、オペレーションの改善、新しい方法での顧客のエンゲージメントなどを通して収益化を実現できるか
  • 誰がビッグデータを使うのか?アナリティクスセンターのデータサイエンティスト、機能別のビジネスアナリスト、それともビッグデータニンジャ、ブラックベルト、あるいはそのすべてか?
  • ビッグデータはどのようなビジネス上の問題を解決できるか?また、どのような新しい市場を開拓できるか?
  • ビッグデータはどのようにしてより優れた、より速いパフォーマンス管理モデルを推進するのか?
 

ビッグデータの戦略的可能性をつかむ

これらの理由から、特にモノのインターネットに関連して、可能性の感覚を持つことが重要です。そして、その可能性は、業界の境界線を曖昧にし、企業や顧客がお互いに接する方法を根本的に変えるような、驚くべきものになるでしょう。

ビッグデータの未来に備えるために、明日の具体的なROIを求める経営幹部は、今日、どこに焦点を当てて考えればよいのでしょうか?将来の画期的な成果は、近・中期的な規律ある斬新的なステップから始まります。

  • 戦略的フォーカス: 今日、もっとも重要な質問は、ビッグデータがどのようにしてビジネスパフォーマンスを向上させることができるか、ということです。明日においても同様に重要な質問となるでしょう。
  • オペレーション化:ビッグデータへの投資を将来的に大規模なものにするためには、パイロットプロジェクトや「地下の科学プロジェクト」の段階を超えることが重要です。
  • 統合とエコシステム:最適なビッグデータデポジトリを最適な方法で統合し、将来に向けた柔軟な基盤を確立するためには、包括的で大局的な視点が必要です。もっとも価値のあるユーザーが容易にアクセスでき、明確に定義されたビジネスルールとガバナンス構造を整備します。
  • 文化的な変化: データ主導型のビジネスとアナリティクスを駆使した意思決定プロセスが標準にならなければなりません。これは次世代では避けられないように思えますが、先にそこに到達した企業が決定的な優位性を持つことになるでしょう。
  • 適正な人材の確保:適切なスキルを持ったチームが協力し合い、目的意識の高い強力なリーダーシップを発揮することは、今すぐに必要であり、後々まで継続して効果を発揮します。
 

誰が先頭に立っているのか?

いち早く導入した企業やトップパフォーマーたちは、すでにこれらのビッグデータのすべての分野で前進しています。これらの人々は、未来を形作るための緊急性を生み出しています。繰り返しになりますが、未来は今です。言い換えれば、ビッグデータの未来は、ある組織にとっては他の組織よりも早く到来するでしょう。
 

テラデータがどのように貴社の将来設計にお役に立てるのか、ご興味がありますか?