共有する
content_copy
ホワイトペーパー

未来の通信会社

これからの通信事業者は、ハイパースケールでエンドツーエンドのデータオーケストレーションを行うクラウドデータ分析プラットフォームを活用することで、新たな価値を生み出していきます。 これらの企業は、月に何兆件ものインタラクションを処理し、1日に1億件以上のクエリを処理します。 未来の通信事業者は、データを管理および最適化して、ビジネス全体の成功を促進し、本番環境で大規模なデータ分析を提供することで、これらの画期的な機能を実現します。 これらの企業は、ハイブリッドマルチクラウドを実現するために構築されたクラウドデータ分析プラットフォームを所有するようになります。 このインテリジェントプラットフォームは、最大限の洞察を得るために、ビジネスのすべての領域から毎日数十億件または数兆件のレコードを接続、統合、分析する機能を備えています。

大量のデータ容量を活用することで、通信事業者は、データを戦略的資産として扱い、成長、異なるオペレーションモデル、意思決定プロセスを可能にするという点で、ますます大手ハイテク企業のようになります。 通信業界も、大手企業の例に倣って、多数の人を抱える顧客セグメントから、たった1人のセグメントにオファーを届けるようになるでしょう。 ホワイトペーパーを読んで、未来の通信事業者がどのようにデジタル指向で、ハイパースケーラブルで、単一の顧客向けにカスタマイズ可能であるかをご確認ください。