Share
compare_arrows
Infographic

クラウドで成功するための6つの要因

クラウドへの移行は、一部のベンダーが提案するほど簡単ではありません。実際、最大の効率と長期的な成功を確実にするために考慮する必要がある6つの要因があります。

最初に行う必要があるのは、ワークロードに基づいて将来の予算を見積もることです。これを行うには、実際のユーザークエリ、同時実行性、ユーザーサービスレベルアグリーメント、およびクエリの複雑さを表す大規模なワークロードを示す本番活用事例を確認します。

次に、一般的な落とし穴を回避するために専門家のガイダンスを確保する必要があります。クラウドへの移行は複雑なプロセスであり、予算超過を引き起こす可能性があります。オンプレミスで機能したものはクラウドでは大きく異なる可能性があり、移行は単にデータを移動するだけではありません。また、プロジェクトを存続させながら、予期しないコストを回避する必要があります。予期しないコストをかけずに拡張できることを確認してください。ユーザーの要求が変化すると、クラスターサイズを「2の累乗」で自動的にスケーリングすると、プロジェクトと評判を損なう可能性のある予期しない請求が発生します。

最初にソフトウェアでサービスレベルの目標を達成しましょう。クラウドネイティブのデータウェアハウスは、無制限のリソース向けに設計されており、ユーザーの需要を満たすために高価なコンピューティングリソースを使用して自動的にスケールアウトします。成熟したソフトウェアには、クラウドを最大限活用するパフォーマンス機能があり、コンピューティングリソースの増分コストを発生させることなく、サービスレベルの目標を達成するように最適化および調整できます。

コストを管理し、絶えず変化するユーザーの需要のニーズを満たすことができる、混合型課金設定(予約制)と従量課金設定(従量課金制)の両方を提供する柔軟なクラウド価格設定を要求します。 

価格性能を測定しましょう。コストは価格/性能と同じではありません。探したい指標は、クエリあたりのコストの最小化です。ベンダーは、ソリューションを最も魅力的に見せるために、異なる複数の指標を提供するものです。クエリあたりのコストは、システムの総コストと1日に実行されるクエリの数の分析を調べることで実現されます。

file_download Download Infographic