テラデータ、13年連続で「World’s Most Ethical Companies®」(世界で最も倫理的な企業)に選定

2022年4月27日 | サンディエゴ

エシスフィアの「2022年世界で最も倫理的な企業」の1社に選出 | クラス最高の倫理、コンプライアンス、ガバナンスの実践を通じて、卓越したリーダーシップと誠実なビジネスへのコミットメントを発揮している企業として評価

[2022420日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

テラデータNYSE: TDC)は、企業の倫理的なビジネス慣行を定義および測定し、優れた企業を認識し、企業倫理のベストプラクティスを推進する世界的リーダーである米企業倫理推進シンクタンクのエシスフィア・インスティテュート社の2022年の「World’s Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)」に選定されました。テラデータは13年連続で選出されています。

 

テラデータの最高法務責任者であるMolly Treeseは、次のように述べています「テラデータが2022年の『世界で最も倫理的な企業』の1社に認定されたことを嬉しく思います。テラデータでは、常に最高水準の倫理と誠実さを追求し、顧客、投資家、パートナー、従業員の利益のために会社のコンプライアンス・プログラムの強化に継続的に取り組んでいます。2021年と2022年には、環境、社会、ガバナンスプログラムの推進において大きな進展を遂げまたした。今後も意欲的な目標の達成に向け、さらなる大きな一歩を踏み出していきたいと考えています。」

 

テラデータは、ソフトウェアサービス業界で4社しかいない受賞企業のうちの1社です。2022年には、22か国45の業界から136社が受賞しました。

 

エシスフィアの最高経営責任者(CEO)であるTimothy Erblich氏は、次のように述べています。「今日のビジネスリーダーたちは、前向きな変化を推進するために、これまでにないほど倫理的であること、そして説明責任を果たし、信頼されなければならないという最大の使命に直面しています。私たちは、『世界で最も倫理的な企業』に選定された企業の、その誠実さ、持続可能性、ガバナンス、そしてコミュニティへの献身的な取り組みに刺激を受け続けています。このたび、テラデータが選定されたことにお祝い申し上げます。」
 

倫理とビジネス
今年の「世界で最も倫理的な企業」として認められた上場企業を集めたエシスフィアの2022年エシック・インデックスは、大型株企業の同様の指数を過去5年間で24.6パーセントポイント上回りました。エシスフィアはこのパフォーマンス差を「エシックス(倫理)プレミアム」と呼んでいます。

 

エシスフィアが「エシックス(倫理)プレミアムと呼ぶこの優れた業績は、テラデータを含む受賞企業の株式パフォーマンスを追跡し始めて以来、一貫しています。

 

手法と結果

エシスフィア独自の倫理指数(Ethics Quotient®)に基づく世界で最も倫理的な企業の評価プロセスには、文化、環境・社会活動、倫理・コンプライアンス活動、ガバナンス、多様性、強力なバリューチェーンをサポートするイニシアチブに関する200個以上のデータが含まれます。このプロセスは、業界と世界中の組織の主要な活動を把握・体系化するための実務枠組みとして機能します。

 

受賞企業

2022年世界で最も倫理的な企業」の全リストは、https://worldsmostethicalcompanies.com/honorees でご覧いただけます。

 

エシスフィアについて
エシスフィア・インスティテュートは、企業の性格、市場の信頼、事業の成功を推進する倫理的なビジネス慣行の基準の定義・促進に関する世界的リーダーです。エシスフィアは、データに基づいた知見を用いた中核的な倫理基準の測定と定義について深い専門知識を持ち、企業の特質の改善や企業文化の測定と向上を支援しています。エシスフィアは、世界で最も倫理的な企業の評価プログラムを通じて優れた成果を表彰し、業界専門家コミュニティー向けに企業倫理リーダーシップ・アライアンス(BELA)を運営しています。エシスフィアの詳細は、https://ethisphere.comでご入手いただけます。

テラデータについて

テラデータは、企業向けコネクテッド・データ分析プラットフォームをマルチクラウドで提供し、小規模から大規模まであらゆるデータ活用を可能にします。そして、お客様がデータを最大の企業資産として活用し、ビジネスを成長させる支援しています。詳細はTeradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る