テラデータ、業界で最もパワフルでオープン、かつコネクテッドな クラウドアナリティクス機能「ClearScape Analytics」を発表

2022年8月30日 | サンディエゴ発

高パフォーマンスのアナリティクス機能に、50以上の新しい分析機能を追加し、今日の分析サービスの中で最も堅牢なIn-Database機能により、AI/MLを大規模に運用し、組織の最も複雑な問題を解決

[2022年8月29日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

テラデータ(NYSE: TDC)は本日 、Vantageで提供するアナリティクス機能を大幅に拡張した「ClearScape Analytics」を発表しました。Teradata Vantageの業界をリードするアナリティクス機能は、データのインサイトと価値実現までの時間を短縮する機能として、長年にわたり企業顧客に選ばれるデータプラットフォームの基礎となってきました。今回の新機能により、Teradata Vantageのお客様は、市場で最も多くのIn-Database分析機能と、重要な人工知能/機械学習(AI/ML)モデル管理ツール(ModelOpsなど)を活用し、組織のアナリティクス需要の高まりに対応することができるようになりました。

今回新たにリリースされた機能は、50以上の新しいIn-Database時系列およびML機能、AI/MLイニシアチティブを迅速に運用するための統合ModelOpsを導入し、テラデータの提供するアナリティクス機能を競合他社よりもさらに向上させるものです。この新機能は同じく本日発表された、まったく新しい次世代クラウドネイティブ・アーキテクチャに基づくテラデータ初製品、VantageCloud Lakeの発売と合わせて自律性とアクセスの容易さ、リアルタイムのインサイトを提供すべく設計されたオープンでコネクテッドなアナリティクスツールの堅牢なライブラリを提供し、お客様は大量のデータを有効活用し、複雑なビジネス課題を解決できるようになります。

テラデータの最高製品責任者であるHillary Ashtonは、次のように述べています。「データの価値は、より良い結果をもたらす実用的で現実的なインサイトを得るために統合される能力によってのみ決まるものです。テラデータは40年以上の歴史の中で、一貫した高いパフォーマンス、比類のない拡張性、豊富なアナリティクス機能によって、顧客がデータから最大の価値を引き出せるよう支援することに力を注いできました。 VantageCloud Lakeの発売と、Teradata VantageCloudプラットフォーム全体でのClearScape Analyticsの提供により、テラデータはお客様の声に耳を傾け、クラウドネイティブのデータプラットフォームを提供し、クラウドエコシステム全体で高度なアナリティクスをエンドツーエンドでサポートすることによって、お客様のデジタルトランスフォーメーションの加速を支援するという伝統を続けています」

ClearScape Analytics の新しいIn-Database時系列機能は、データ変換や統計的仮説検定から特徴量エンジニアリングやMLモデリングまで、分析ライフサイクル全体をカバーします。これらの機能はデータベースに組み込まれているため、高いパフォーマンスを発揮し、必要なデータ移動も最小限です。特に、数百万個の製品や数十億個のセンサーなど、大量のデータに対して時系列分析を適用する場合、コストと手間が大幅に削減されます。予測などの分析結果がデータベース内に格納されていれば、他のデータと容易に統合することができます。例えば、あるメーカーはセンサーの異常検出スコアと機械の位置を統合して、予測される故障箇所を見つけ出すことができますし、世界中でビジネスを展開する小売業者は予測結果を価格と統合して収益を予測することができます。

さらに ClearScape Analytics では、複雑なML機能をアナリティクスのパイプラインデータ準備からモデリング、展開に至る関連操作の集合体)に簡単に統合でき、さらに特定の問題に対処するためにパッケージ化もされています。例えば、分類パイプラインは、金融アプリケーションで使用される不正検出のために特別に調整することができ、時系列パイプラインは、小売業や製造業のシナリオで需要予測に使用することができます。また、ClearScape Analyticsに組み込まれたModelOpsにより、企業はAI/MLイニシアティブを迅速に拡張し、リスクを軽減しながら投資の価値を最大限に引き出すことができるようになります。ModelOpsは、モデルのガバナンスとリスク管理において重要な役割を果たします。これは、企業がより多くのモデルを本番稼動させるにつれて、ますます重要になります。

IDCのアナリティクスおよび情報管理市場調査担当グループVPであるDan Vesset氏は、「テラデータの包括的なアナリティクスサービスは、それぞれの企業におけるデータ活用の位置づけにかかわらず、企業がデータを最大限に活用することを長年にわたって支援してきました。」と述べています。「テラデータのアナリティクス分野への継続的な投資、この度のClearScape Analyticsの提供は、リアルタイムな顧客パーソナライゼーションからサプライチェーンの最適化まで、あらゆる業界にわたる最も差し迫ったビジネス課題を解決するために、顧客がアナリティクスとAI/MLを大規模に運用できるようにするという同社の取り組みを明確に示しています」

ClearScape Analyticsの概要

ClearScape Analyticsに追加された機能は、Teradata VantageCloudの全体的な機能を大幅に拡張し、分析ライフサイクルのあらゆる段階で価値を提供することを目的としています。

ClearScape Analyticsの主なメリットは以下の通りです。

  • 新たに追加されたIn-Databaseアナリティクス機能でより複雑な問題を解決 - *新機能*
    • テラデータが最近拡張したIn-Databaseアナリティクスライブラリには、50以上の新しい時系列関数に加え、完全なエンドツーエンドのMLパイプラインをサポートするように設計された幅広いML機能が含まれています。これらのネイティブ関数により、MLを大規模に処理することが可能になります。Teradata VantageCloudは、大量のデータのスケーリングをサポートするだけでなく、より深いインサイトを得るために、モデル変数の大幅な増加など、より複雑なモデルを可能にするよう設計されています。
  • 統合されたModelOpsで効率的にモデルをデプロイ - *新機能*.
    • ほとんどの組織がAI/MLに多大な投資を行っているにもかかわらず、予測モデルが本番環境に導入されることはあまりありません。Teradata VantageCloudは、分析結果を管理、展開、監視、維持するためのフレームワークを提供するために設計されたガバメント型ModelOpsツールを使用して、これらの投資をこれまで以上に簡単に運用化できるようにします。Teradata VantageCloud ModelOpsには、データセットの監査、コードの追跡、モデルの承認ワークフロー、モデルのパフォーマンスの監視、モデルの精度が劣化した場合のアラートなどの機能が含まれています。ModelOpsは、データのドリフトに基づく自律的な再トレーニングを推進する組織が、モデルの再トレーニングをスケジュールするために活用することができます
  • 好みのツールを活用し、より多くのリソースを活性化 - *拡張機能*
    • Teradata VantageCloudでは、好みの言語やツール(Dataiku、Python、H2O.aiなど)を使用できるため、企業は組織全体でアナリティクスを容易に活用することができます。Teradata VantageCloud以外で開発したモデルは、Teradata VantageCloudに直接インポートして、並列かつ大規模に実行することが可能です。また、Amazon SageMakerなどのサービスとの統合により、データサイエンスチームは、クラウド上で拡大するデータサイエンスサービスを利用することができます。
  • エンタープライズフィーチャーストアで組織全体でのコラボレーションと効率化を促進 - *拡張機能*
    • テラデータ のフィーチャーストアを活用して組織全体で特徴量を共有し、再利用モデルを促進することで、企業はデータ準備と特徴量の定義に費やす労力を大幅に削減することができます。これにより、 新しいアイデアの試行が容易になり、迅速かつ低コストで行えるようになります。組織全体で協働してビジネス成果を推進することで、より大きな価値を達成することができます。

提供開始 ClearScape Analyticsは本日より利用可能です。

投資家の皆様へ

本リリースには、1934年米国証券取引所施行21E条に定義される「将来予想に関する記述」(forward-looking statements)が含まれています。将来予想に関する記述は、一般に、将来予想される財務上および営業上の業績、事業動向、流動性、市場環境などに関する意見、見解および予測に関連するものです。これらの将来予想に関する記述は、現時点での期待や仮定に基づいており、しばしば「期待する」、「努める」、「前向きに考える」、「見通し」、「指針」、「予測」、「予想する」、「続ける」、「計画」、「推定」、「信じる」、「するだろう」、「可能性が高い」、「意図する」、「潜在的」、「設計」、「できる」などの言葉や類似の表現で特定することが可能です。将来予想に関する記述は、情報技術産業およびデータ分析ビジネスにおける急速な変化と激しい競争、Teradata VantageCloud Lake、Teradata VantageCloud Enterprise、ClearScape Analyticsを含む新製品および既存製品、製品機能、サービスのタイムリーかつ成功した開発、生産、可用性、市場での受け入れ、性能、およびTeradataの米国証券取引委員会への提出書類に随時記載されるその他の要因に関するものを含めて、実際の結果を大きく異なるものとするリスクと不確実性を伴います。Teradataは、Form 10-Kによる最新の年次報告書、Form 10-Qによるその後の四半期報告書、Form 8-Kによる現在の報告書、および株主に対する年次報告書など、米国証券取引委員会に対するTeradataの提出物に適宜記載されるその他の要因に対処する必要があります。テラデータは、法律で義務付けられている場合を除き、新しい情報、将来の出来事などの結果として、将来予想に関する記述を公に更新または修正する義務を負うものではありません。

テラデータについて

テラデータは、企業向けコネクテッド・データ分析プラットフォームをマルチクラウドで提供し、小規模から大規模まであらゆるデータ活用を可能にします。そして、お客様がデータを最大の企業資産として活用し、ビジネスを成長させる支援しています。詳細はTeradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る