format_quote Press Release

テラデータ、フォルクスワーゲンの 世界最大規模クラウド生産システムのテクノロジーパートナーに

Share
2020年7月27日 | San Diego/Munich

データ分析基盤ソフトウェアTeradata Vantageで インダストリアルIoTデータ分析をサポート

2020年7月27日 – パーベイシブ・データ・インテリジェンスを提供するクラウドベースのデータとアナリティクスのリーディングカンパニー、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は本日、 フォルクスワーゲン・グループ(以下VW)の世界最大規模のクラウド生産システム「Volkswagen Industrial Cloud」(以下、同システム)のテクノロジー・パートナーとなることを発表します。
 
同システムは、VWがアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)と協業のもと開発を進めているクラウド生産システムです。VWが全世界で運用する全122の生産工場のIT基盤を単一のクラウドに移行し、すべての機械、プラント、システムのデータを結合するオープンIoTプラットフォームを構築します。テラデータは、クラウドベースのデータとアナリティクスのソリューションを提供し、VWの生産プロセスの最適化と工場の生産性向上の推進をサポートします。
chart1-(1).png
テラデータの中央ヨーロッパ担当バイス・プレジデントSascha Puljicは次のように述べています。「フォルクスワーゲンのパートナーとしてこのオープンIoTプラットフォームの開発に加わり、他の先進企業とともにデジタル生産の未来を形作る取組みに参加できることを嬉しく思います。弊社のクラウドベースのデータとアナリティクスのソリューションは、包括的なインテリジェンスを提供し、フォルクスワーゲンが生産工程においてデータの価値をフルに活用して効率と品質を向上できるようサポートします。」
 
同システムの目的は、VWのバリューチェーン全体で各社を統合し、データとサービスを共有する巨大なパートナーネットワークを構築し、サプライヤー、テクノロジープロバイダー、システムインテグレーター、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、物流業者、製造業者などのすべてのパートナーがその利点を得られるようにすることです。
 
将来的には、すべてのセンサーデータやその他さまざまな情報が、このクラウドベースのプラットフォームに統合され、インテリジェントなアルゴリズムによって分析されます。関連するデータは同システムにおいてパートナー企業各社が利用可能になる予定であり、これにより生産および物流プロセスを最適化する大きな可能性が生まれます。
 
この取り組みに対して、テラデータはインダストリアルIoTデータ分析における広範な経験と、AWS上で利用可能なデータ分析基盤ソフトウェアTeradata Vantageを提供します。クラウド上でのデータ分析は、VWの生産現場において、生産量の最適化、データに基づく品質保証の実施、予防保全の実現などに利用されます。こうした分析が、VWによる効率化の目標達成へと導きます。
 
事例:生産の最適化と生産性の向上
こうした生産プロセス改善に向けたVWの取り組みをサポートする上でテラデータが果たす役割の一例としては、初期ユースケースの1つが、製造工程における溶接プロセスのデータの分析が挙げられます。
  • スポット溶接データと追加的なメタデータをTeradata Vantage内で統合し分析します。
  • マシンラーニングを含む分析モデルの利用により、様々な品質特性に基づいてデータを分類および精製を行います。
  • この分析結果に基づいて、下流の検査プロセスを最適化したり、必要とされるリワーク(追加作業)を個別に割り当てたりすることが可能になります。
  • その成果として、製造された部品の品質が確信的で実証済みのものとなるだけでなく、生産および品質保証プロセスの効率が高まります。
 
テラデータが将来的に貢献できるもう1つの例が、VWで現在検討されている一連の予備プロジェクトへの参加です。テラデータは、AI(人工知能)の利用により、生産プロセスの効率をさらに高められる部分を特定することができました。それぞれの生産工場でのシーケンス最適化を分析し、それと同時に、生産プロセスおよび製品の品質予測も可能にしました。
 
これらのユースケースは、製造業の分野におけるテラデータが蓄積してきた高い専門性と豊富な知識に裏付けされたものであり、生産プロセスの最適化と生産性の向上を実現するデータ統合の力を実証するものです。
Media Kit 詳細はこちら
お問い合わせ 詳細はこちら
About Teradata 詳細はこちら