スウェドバンク

より良い顧客体験を提供する銀行

今すぐ見る
Swedbankロゴ

データを活用して、人、企業、社会を成長させます。

このフルサービスのデジタル銀行はスウェーデンとバルト地方にサービスを提供し、優れた顧客体験を提供するためにすべての顧客データを統合し、高度な分析を実行しています。

デジタルとリアルの一貫した顧客体験は、データをまとめられるかどうかにかかっています。

あるチャネルではあなたをよく分かっているが、別のチャネルでは理解されていないと感じたことがありませんか? よく使うデジタルチャネルでの顧客体験が、カスタマーサービスと一致しないことはありませんでしたか?

これは、サイロ化されたチャネル(Web、コールセンター、およびブランチ用)での従来のアプローチは、顧客フレンドリーでも、スタッフフレンドリーでも、効率的でもないためです。 各チャネルには、独自のデータセット、ワークフロー、コンテンツ、デザイン、およびその他のサポートが必要です。 つまり、同じ機能が何度も別々に作成されます。 これは顧客データの統合が不十分だという、データマネジメントの問題です。そして、一貫した顧客体験を設計し提供するために、すべてのデータに基づいて行動できていないのです。

スウェドバンクの場合、これは当てはまりません。 同行のビジョンは、人々、企業、社会の成長を可能にすることです。 また、高度な分析を使用して、顧客のニーズに対応しています。

数字で見るスウェドバンク

730万
個人のお客様
600,000
法人のお客様
500万
アクティブなデジタルユーザー
17億
年間に発生するデジタルインタラクション
Sead Pašalićのプロフィール

Sead Pašalić データディスカバリーの責任者

Seadは、利用可能なすべてのデータをつなぎ合わせて「顧客体験を解明する」ことの価値を知っています。彼のチームの目標は、デジタルからコールセンター、支店、そしてデジタルに戻るまでの顧客の正確な行動を理解することです。 つまり価値とは、顧客のニーズにきちんと答えを提供できるということです。

スウェドバンクの500万人の顧客はアクティブなデジタルユーザーで、顧客インタラクションは年間17億回に及び、まったく新しい構造化データと非構造化データを生成しています。

同行は、信頼と顧客ロイヤルティを構築するための顧客中心の戦略の開発のため、さまざまなソースからの大量のデータを意味のある実用的な情報にブレンドしています。

分析機能を統合することにより、分析エコシステムを簡素化しています。 アドバイザーは、従来の顧客データ(アカウント残高の詳細、商品と投資、顧客プロファイルの詳細など)と、ウェブログ、チャットボット、コールセンターデータなどの新しい非構造化データソースを頼りにしています。 すべての努力は、顧客をよりよく理解し、彼らの経済的ニーズと目標を達成するためです。

ビジネスへの回答の提供
商品の親和性

マイクロセグメントのイベント、トランザクション、および契約が、顧客にどのように影響を与えるか、また、どの商品またはオファリングに導くかを理解します。

解約するまでの道筋

Webログ、アカウントの詳細、コールセンターのやり取り、およびメールでのコミュニケーションに基づいて、住宅ローン保有者の解約する可能性がある顧客を特定します。

FinTech機能の影響

5年間のトランザクションデータ、顧客の長さ、銀行の場所、および時間に基づいて、新しいFinTech機能の効果を示します。

顧客生涯価値

企業顧客の予測モデルを使用して顧客価値管理を提供し、解約スコアを公開し、商品オファリングの最適化を提供しています。

すべてのユーザーとシステムに対するリアルタイムのインテリジェントな回答。

スウェドバンクは、エコシステム・アプローチにより顧客体験を解明して銀行業というビジネスに答えを出し、優れた顧客体験を提供しています。 そのために必要なデータサイエンス言語、分析ツール、およびデータへのエンジンを導入しました。

パーベイシブデータインテリジェンスには、いつでも、どこでも、すべてのデータを分析できるプラットフォームが必要です。 スウェドバンクは、テラデータのコンサルティングサービスを利用して、分析エコシステムを統合および簡素化し、価値実現までの時間を短縮し、顧客体験を向上させています。

その他の導入事例