クラウドでより多くのインサイトを。 Vantageで。

実績のあるクラウドソリューションを構築し、規模に合わせて価格設定

TERADATA CLOUD
分析はビジネスを前進させる

大規模で先進的なビジネス企業は、既にクラウドを活用しています。 そこには、ビジネスチャンスを促進するために必要なデータがあります。 Teradata Vantageは、分析、データレイク、およびデータウェアハウスを統合するパワフルで最新の分析クラウドアーキテクチャを提供します。すでにクラウドを活用されているユーザーにとって、Teradata Vantageは課題に柔軟に対応でき、従量課金制により最大限の柔軟性が得られます。クラウド、ハイブリッド、完全にコミットにかかわらず、Teradataはクラウド分析から価値ある「答え」の獲得をサポートします。

なぜ、クラウドなのですか?

エンタープライズレベルのビジネスでは、クラウドはオプションではなく、クラウド=ビジネスなのです。情報技術は、新しい標準となる速度、ストレージ、無限のスケールを再構築しています。クラウドは柔軟性、大容量(および低コスト)ストレージ、拡張性の高いサービス機能により急速に成長しています。

AMAZON WEB SERVICE AWSインフラストラクチャーをTeradata Vantageと使用 ; as-a-serviceまたはDo It Yourself (DIY)
MICROSOFT Azure AzureリソースとTeradata Vantageの融合; as-a-serviceまたはDo It Yourself (DIY)
GOOGLE CLOUD PLATFORM Google Cloud Platform(GCP)でTeradata Vantageを使用して、データ駆動型ビジネス見識にフォーカス
全てのクラウド・リソースを見る
クラウドの強み

クラウドの柔軟性のあるコストでビジネスを前進させる。

最高のパフォーマンスを発揮するクラウド最適化分析プラットフォームであるTeradata Vantageの詳細をご覧ください。

インフォグラフィックを見る

ビジネスおよびテクニカル

予算がわかりやすい

クラウドは、高価なインフラストラクチャーを購入する必要性を除去し、より優れたコスト・コントロールを提供する利用時支払い価格を提供します。 ユーザーは、ご利用分だけ支払うことをお選びいただけます。

価値により速く

ITインフラストラクチャーの調達、展開、並びにプロビジョニングは、時間のかかるプロセスですが、クラウドなら、文字通り数ヶ月を数分に短縮できます。

エンタープライズ対応

データ・クラウド・ソルーションズ用に利用可能なテクノロジーは、急速に進化し、今やエンタープライズレベルでもすぐに使え、生産仕事量をサポートすることが可能です。

機敏性、柔軟性

高速プロビジョニング、柔軟なコンピューティング能力、および大規模にスケーラブルなストレージは、従来のソリューションでは見られなかった自由度を提供します。

NATIVE OBJECT STORE (NOS)

先進的SQLエンジンの統合された構成内容は、Amazon S3およびAzure Blobのようなクラウドにおいて、低価格のオブジェクト・ストア内に、企業が容易にデータの接続、アクセスおよび分析をすることを可能にしています。

サブスクリプションモデル

全ての展開オプションにわたって同じVantage Softwareを提供しながら、テラデータは、キャッシュ・フローしやすいサブスクリプションモデルにおいて、多くのデータ・クラウド・サービスを提供しています。

おすすめの最初のユースケース

多くの分析エコシステムが、クラウドに進出しています。クラウド展開による弾力性が発揮されるシナリオとして、テストおよび開発システムやデータ ラボなどがあります。これらのユースケースは、集中的な期間は必要とされ、それ以外しばらく必要でなくなるという特性をもっています。

テストと開発用クラウド

多くの組織では、テストおよび開発システムの容量は、活用されない期間が発生します。しかし、一旦活用され始めると容量が不十分になることがあります。 このような事象は、クラウド展開で解決されます。 テストおよび・開発に必要なリソースを正確に割当て、それから方向転換をして即座に割当てを解除するよう、柔軟性が大変パワフルなのです。 テストと開発の追加のメリットは、高度に管理されたオンプレミス環境にソフトウェアを展開する準備ができる前に、機能の活用や検証にソフトウェアの最新バージョンを使用できることです。

データ・ラボ用のクラウド

データ・ラボ展開に際して、クラウド実施は、二つの大きなメリットがあります。 第一に、クラウド内のスケーラビリティは、次の新データ・セットまたはアルゴリズムを伴う業務に必要なリソースを必ずしも予測できないユーザーに、完璧なワーキング・モデルを提供します。 データ・サイエンス業務のための、第二のクラウド展開メリットは、機敏性です。 社内プロセス、および新種のソフトウェア・オン・プレミスに移行する時間枠は、データ発見を減速させることがあります。 クラウドデータラボ環境では、ITガバナンスと標準化委員会を経なくても、目的のツールに簡単にアクセスできます。

HADOOP MIGRATION PROGRAM FROM TERADATA

Teradataは、既存の価値の高いHadoopデータとプロセスをTeradata Vantageに、価値の低いデータをクラウド内の低コストのオブジェクトストレージに迅速かつ簡単に移行できます。 方法をご覧ください。

Vantageへ移動

より多くの展開方法

Amazon Web Services(AWS)Microsoft AzureGoogle Cloud Platform(GCP)など、Vantageをクラウドにデプロイする方法は多数あります。
これらのオプションに加えて、Teradataインフラストラクチャ(Teradata CloudおよびCustomer Cloud)、およびVMware仮想化ソフトウェアを備えたハードウェアから選択します。

TERADATA CLOUD

Teradata Vantage専用にデザインされた、最適化インフラストラクチャーのメリット

Customer Cloud

お客様データ・センターにおいて、テラデータが運営する専用テラデータ・インフラストラクチャーをご利用いただけます

お客様ハードウェアのVMware

企業のお客様には、最大のハードウェアの有用性を取得していただくために、VMware仮想化ソフトウェアをご使用いただいております

クラウドで何が可能か

お問い合わせ