エンタープライズ分析のための最新のコネクテッドマルチクラウドデータプラットフォームに搭載された
優れた機能

クラウド限定では不十分。

競争力を維持するため、多くの企業が自社のデータ分析環境を近代化しています。 クラウドは、柔軟性と俊敏性を高め、多くの場合は総所有コストも大幅に削減できるなど、多大なメリットをもたらします。 しかし、単にクラウドに移行するだけでは、現在、そして長期的に必要な最上級の機能が犠牲となる可能性があります。

事実を知る:

当社では、#MythBustersの名の下にさまざまなリソースをまとめています。先進的なクラウド分析とは何かについて理解を深め、また、成功に不可欠な主要機能を備えているのはどのプラットフォームかを見極めるのにお役立てください。

オレンジ色下向き矢印

先進的なクラウド分析プラットフォームに必要な6つの要素

ハイブリッド・マルチクラウドの世界に向けて構築されている

ハイブリッド・マルチクラウドの世界に
向けて構築されている

柔軟性とポータビリティにより、パブリック・クラウド(AWS、Azure、GCP)やオンプレミスを含むあらゆる場所での展開が容易になると同時に、単一のクラウドやアーキテクチャへのロックインを回避できます。

弾力性のある拡張によるコンピューティングとストレージの分離

弾力性のある拡張による
コンピューティングとストレージの分離

この最新の機能は、ITの介入なしにセルフサービスのスケール/アップ/ダウン/イン/アウトおよび開始/停止を可能にしながら、過剰な未使用の容量なしでデータとユーザーの両方の要求をコスト効率よくサポートします。

ファーストパーティのクラウドサービスとの統合

ファーストパーティの
クラウドサービスとの統合

クラウドサービスとネイティブに統合可能なため、ソリューションの展開が加速されます。 先進的なプラットフォームは、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、およびGoogleのサービスと統合可能です。

先進的なデータソースの読み込み

先進的なデータソースの
読み込み

データタイプとデータソースは増加し続けており、クリックストリームやソーシャル・メディア・フィード、デジタル・ツイン、IoTをベースとするセンサーデータがあふれています。 これらの情報すべてを活用してビジネスの全容を把握できるかどうかが、昨今の必須条件となっています。

統合データマネジメントおよびスケーラブルな分析

統合データマネジメント
およびスケーラブルな分析

分析とデータマネジメントを統合することにより、データ探索やモデリング、スコアリングをたった1つの使いやすい環境で大規模に実行できます。 また、すでにお客様がご利用中の言語を使用して複雑なアルゴリズムを実装するのに不可欠な柔軟性も提供します。

動的なリソース割り当ておよびワークロードマネジメント

動的なリソース割り当て
およびワークロードマネジメント

リソースに対する需要は動的であり、目まぐるしいスピードで変化が起こります。 先進的なプラットフォームは、ビジネスの優先順位に合わせてリソースとワークロードを最適化し、一度設定するだけで細かい操作は不要となるようなコントロール体制を実現しなくてはなりません。

「レガシー」は悪口ではありません。 「最高」こそが禁句。

ある種のクラウド・スタートアップ企業は、英知は必ずしも経験年数に比例しないことを教えてくれます。 しかし、Teradataが重ねてきた革新の歴史の前では、他のすべてが物足りなく見えます。

ラップトップ
ウェビナー
BrinkerによるTeradata活用の軌跡

今日の分析に対するBrinker InternationalとMcKnight Consultingの見解をどうぞご覧ください。Teradataに関し、何が迷信で何が事実かが明らかになります。 今日のオンデマンドウェビナーをご覧ください!

リプレイを見る
コンテンツ_コピー
ホワイトペーパー
迷信を一掃し、現実を直視

事実を知る

ただ単純さだけというわけではありません。
洗練されているということです。

ビジネスに適した先進的なプラットフォームの選択は、もっとスムーズに行うことができます。 それがまさに、当社の専門家と一流アナリストの腕の見せどころです。

データ・レイクとデータ・パフォーマンスの二者択一は不要。

先進的な分析エコシステム1つですべてのデータを統合し、これらにアクセスして分析できます。詳しくご覧ください。

先進的な分析エコシステム1つでデータを分析
ビデオを見る
ビデオ

すべてを実現。

最新のクラウド分析プラットフォームの技術的機能を示すVantageエキスパートのビデオ
ビデオを見る
ビデオ

先進技術の有効活用。

Teradata Vantageで、エンタープライズアナリティクスに向けたコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームを体験しましょう。

私たちの言葉を鵜呑みにしないでください。

先進的なクラウド分析プラットフォームにおける、お客様の直接的な体験とその成果をご覧ください。

Meredith logo
Tabcorp logo
US Air Force logo
United Rentals logo
Bayer logo
Brinker International logo
JCB
Papa Ginos logo
Arcos Dorados logo
BevMo
Care Centrix logo
Hertz
BlueCross BlueShield logo
SAIEP-SRL logo
YPF
Gates Logo
Intertoys Logo
Medibank Logo
シーメンスヘルシニアーズのロゴ
Jibun Bank Logo
G-Foot Logo
CK Hutchison Logo
MS and AD Insurance Group Logo
Groupon Logo
Unilever Logo

クラウドベースのアーキテクチャで価値を最適化します。

クラウドでのエンタープライズ分析に関し、Vantageは他を圧倒しています。 クラウド・プロバイダ各社の世界的プレゼンスを併せて活用することにより、お客様は必要に応じて拡張を行ったり、ファーストパーティのクラウドサービスとシームレスに統合して、データ関連の分析エコシステムを加速できます。

Amazon Web Services(AWS)上のVantage
Vantage on Amazon Web Services(AWS) 分析プロセスの最初から最後まであらゆる面で革新の新しいベースを活用し、クラウドネイティブの機能を最大限に活用しましょう。
ブログを読む
Microsoft Azure上のVantage
Microsoft Azure上のVantage Vantageは、Azureファーストパーティ・サービスの統合により、データを革命的な洞察に変換します。
詳しくはこちら
Whitepaper about the benefits of cloud-based architecture for data analytics
データと分析のためのクラウドベースのアーキテクチャ:サイロの防止と価値の最大化 Ventana Researchによると多くの企業はクラウドだけでなくオンプレミスとクラウドのハイブリッド・インフラストラクチャを採用。
詳しくはこちら

構造化から半構造化、非構造化までさまざまなデータをお持ちですか? 当社のソリューションが最適です。

どんなお客様にも適合するVantageの秘密を探求

詳しくはこちら

「クラウド限定」はナンセンス。

分析プラットフォームの採用に際しては、現在および将来の組織のニーズをサポートし、状況に応じて進化するものを選択する必要があります。

分析プラットフォームで実現したいことは? クラウド限定の
データウェアハウス
Teradata Vantage
クラウドの種類の選択
必要な分だけ支払うシステム
予測可能な料金体系
ハイブリッド展開の実現(オンプレミスからクラウドへ)
空間および時間の分析の実現(4D分析)
複数のアプリのSLAへの準拠(ワークロードマネジメント)
ハードウェアに加えソフトウェアでのパフォーマンス最適化
ピンポイントでのリアルタイム・アクセスおよび検索
統合された高度な分析(AIとML)
大規模なクエリーごとのコストの最小化
業界アナリストによる一貫したトップ評価

クラウドの種類の選択

クラウドのみ: AWS、Azure、GCPのみを選択
Vantage: AWS、Azure、GCP、プライベートクラウドの選択

必要な分だけ支払うシステム

クラウドのみ:散発的なワークロードに適した従量課金制の価格モデルのみ
Vantage:混合価格設定のための従量制で柔軟な製品

予測可能な料金体系

クラウドのみ:予測できない従量課金制のみ
Vantage:必要なものだけを支払うようにブレンドされた混合価格モデル

ハイブリッド展開の実現(オンプレミスからクラウドへ)

クラウドのみ:ハイブリッドをサポートできません。動作するにはクラウドリソースが必要です
Vantage:同じソフトウェアと組み合わせて、オンプレミスとクラウドを提供します

空間および時間の分析の実現(4D分析)

クラウドのみ:データマネジメントのみ。空間と時間の高度な機能はありません
Vantage:組み込み4D分析(地理空間、時間、時系列)

複数のアプリのSLAへの準拠(ワークロードマネジメント)

クラウドのみ:ワークロードマネジメントなし。elastic computeの限られた能力に依存しています
Vantage:ソフトウェアですべてのSLAを管理するための動的なリソース割り当て

ハードウェアに加えソフトウェアでのパフォーマンス最適化

クラウドのみ:高価なハードウェアリソースのみを使用したブルートフォーススケール
Vantage:高度なインデックス作成技術による優れたパフォーマンス

ピンポイントでのリアルタイム・アクセスおよび検索

クラウドのみ:戦術的なクエリ用には設計されていません
Vantage:リアルタイムの運用クエリのための組み込みの戦術クエリパフォーマンス

統合された高度な分析(AIとML)

クラウドのみ:サポートにはサードパーティのパートナーエンジンが必要です
Vantage:大規模な統合MLとAI

大規模なクエリーごとのコストの最小化

クラウドのみ:クエリあたりの価格はTeradataの5倍から10倍です
Vantage:ソフトウェアの最適化により、クエリあたりのコストが大規模に最小化されます

業界アナリストによる一貫したトップ評価

クラウドのみ:さまざまなユースケースで10〜12にランク付け
Vantage: Gartner ALL 4ユースケースクリティカル機能レポートで第1位、Forrester製品全体で第1位
次のセクション

最も低コストの大規模データ分析を探る

クラウドの近代化に向けた取り組みを、今すぐ始めましょう

お問い合わせ