モダンなクラウドデータ分析基盤で
求められる機能とは

クラウドオンリーでは不十分

競争力を維持するため、多くの企業が自社のデータ分析環境を近代化しています。クラウドは、柔軟性と俊敏性を高め、多くの場合は総所有コストも大幅に削減できるなど、多大なメリットをもたらします。しかし、単にクラウドに移行するだけでは、現在、そして長期的に必要となる機能郡が犠牲となる可能性があります。

今すぐご確認ください:

モダンなクラウド分析とは何かについて理解を深め、また、成功に不可欠な主要機能を備えているのはどのプラットフォームかを見極めるのにお役立てください。

Orange down arrow

モダンなクラウド分析基盤に必要な6つの機能

ハイブリッド・マルチクラウド時代への最適化

ハイブリッド・マルチクラウドへの最適化

柔軟性とポータビリティにより、パブリック・クラウド(AWS、Azure、GCP)やオンプレミスを含むあらゆる場所での展開が容易になると同時に、単一のクラウドやアーキテクチャへのロックインを回避できます。

弾力性のある拡張によるコンピューティングとストレージの分離

弾力性のある拡張による
コンピューティングとストレージの分離

このモダンな機能は、IT担当者の介入なしでのセルフサービスによるスケール・アップ/ダウン/イン/アウトおよび開始/停止を実現しながら、未使用の容量を過度に残すことなくデータとユーザーの両方の要求をコスト効率のよい形でサポートできます。

ファーストパーティのクラウドサービスとの統合

ファーストパーティの
クラウドサービスとの統合

クラウドのネイティブなサービスと統合することで分析基盤の価値が向上します。お使いのAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、またはGoogle Cloud Platformの各種サービスとの統合です。

先進的なデータソースの読み込み

モダンなデータソースの
取り込み

データタイプとデータソースは増加し続けており、クリックストリームやソーシャル・メディア・フィード、デジタル・ツイン、IoTをベースとするセンサー・データがあふれています。これらの情報すべてを活用してビジネスの全容を把握できることが必須条件となっています。

統合データマネジメントおよびスケーラブルな分析

統合データマネジメント
およびスケーラブルな分析

分析とデータマネジメントを統合することにより、データ探索やモデリング、スコアリングをたった1つの使いやすい環境で大規模に実行できます。また、すでにお客様がご利用中の言語を使用して複雑なアルゴリズムを実装するのに不可欠な柔軟性も必要です。

動的なリソース割り当ておよびワークロードマネジメント

動的なリソース割り当て
およびワークロードマネジメント

リソースに対する需要は動的であり、目まぐるしいスピードで変化が起こります。モダンなプラットフォームというものは、ビジネスの優先順位に合わせてリソースとワークロードを最適化し、一度設定するだけで細かい操作は不要となるようなコントロール体制を実現しなくてはなりません。

テラデータの「レガシー」は「最高」

クラウド・スタートアップ企業は、 歴史が価値ではないことを教えてくれます。しかし、テラデータが重ねてきた革新の歴史は、最高の価値を実現しています。

ウェビナー
Brinkerによるテラデータ活用の軌跡

今日の分析に対するBrinker InternationalとMcKnight Consultingの見解をご覧ください。テラデータのウワサについて何が事実かが明らかになります。

今すぐ登録する
content_copy
ホワイトペーパー
クラウド時代におけるテラデータの姿

ダウンロードはこちら

シンプルなだけでなく
高度な技術を

ビジネスに適したモダンなプラットフォームの選択は、もっとスムーズに行うことができます。それがまさに、当社の専門家と一流アナリストの腕の見せどころです。

データレイクとパフォーマンスの二者択一は過去の話

モダンな分析エコシステム1つですべてのデータを統合し、これらにアクセスして分析できます。詳しくご覧ください。

先進的な分析エコシステム1つでデータを分析
ビデオを見る
ビデオ

すべてを実現

Teradata Vantage専門家によるテクニカル・ウォークスルー
ビデオを見る
ビデオ

先進技術の有効活用

エキスパート・ウォークスルー:Teradata Vantage™ in the cloud

テラデータに対する第三者の評価

モダンなクラウドデータ分析基盤における、お客様の体験とその成果をご覧ください。

Meredithのロゴ American Airlinesのロゴ 米空軍のロゴ United Rentalsのロゴ Bayerのロゴ Brinker Internationalのロゴ Papa Ginosのロゴ Arcos Doradosのロゴ BevMo Care Centrixのロゴ BlueCross BlueShieldのロゴ SAIEP-SRLのロゴ

クラウドベースのアーキテクチャで価値を最適化

クラウドでのエンタープライズ分析に関し、Vantageは他を圧倒しています。クラウドプロバイダ各社の世界的プレゼンスを併せて活用することにより、お客様は必要に応じて拡張を行ったり、ファーストパーティのクラウドサービスとシームレスに統合して、データ関連の分析エコシステムを加速できます。

Vantage on Amazon Web Services
Vantage on Amazon Web Services(AWS) 分析プロセスの最初から最後まであらゆる面で革新の新しいベースを活用し、クラウドネイティブの機能を最大限に活用しましょう。
ブログを読む
Vantage on Microsoft Azure
Vantage on Microsoft Azure Vantageは、Azureファーストパーティ・サービスの統合により、データを革命的な洞察に変換します。
詳しくはこちら
クラウドベースのアーキテクチャ
データと分析用のクラウドベースのアーキテクチャ:サイロ化の防止と価値の最大化 Ventana Researchによると、多くの組織はクラウド限定でなくオンプレミスとクラウドのハイブリッド・インフラストラクチャを採用する見込みです。
詳しくはこちら

構造化から半構造化、非構造化までさまざまなデータをお持ちのお客様にこそ、テラデータのソリューションが最適

どんなお客様にも適合するVantageの秘密とは

詳しくはこちら

「クラウドオンリー」はナンセンス

データ分析基盤の採用に際しては、現在および将来の組織のニーズをサポートし、状況に応じて進化するものを選択する必要があります。

分析基盤で実現したいこと クラウド限定の
データウェアハウス
Teradata Vantage
クラウドの選択肢があること    
必要な分だけの費用を支払えること    
予測可能な価格設定がされていること    
ハイブリッドデプロイができること(オンプレミスおよびクラウド)    
空間と時間の分析ができること(地理空間およびテンポラル)    
複数のアプリでのSLAへの適合(ワークロード管理)    
ハードウェアだけでなくソフトウェアによるパフォーマンスの最適化    
リアルタイムでのピンポイントアクセスおよび検索    
高度なアナリティクスの統合(AI/ML)    
大規模に実行するクエリーあたりのコストが最も低いこと    
業界アナリストが連続して第1位にランク付けしていること    

クラウドの種類の選択

クラウド限定:選択肢はAWS、Azure、GCPのみ
Vantage:AWS、Azure、GCP、プライベート・クラウドから選択可能

必要な分だけ支払うシステム

クラウド限定:散発的なワークロード向けの従量課金型料金モデルのみ
Vantage:従量課金制と柔軟なオファーによる混合型課金

予測可能な料金体系

クラウド限定:予測不可能な従量課金制のみ
Vantage:必要な分だけ支払う混合型料金モデル

ハイブリッド展開の実現(オンプレミスからクラウドへ)

クラウド限定:ハイブリッドのサポートなし。クラウド・リソースが必要
Vantage:オンプレミスとクラウドで展開でき、同一のソフトウェアで動作

空間および時間の分析の実現(4D分析)

クラウド限定:データマネジメントのみ。空間と時間に対応する高度な機能なし
Vantage:ビルトインの4D分析(地理空間、テンポラル、時系列)

複数のアプリのSLAへの準拠(ワークロードマネジメント)

クラウド限定:ワークロードマネジメントなし。限定的なエラスティック・コンピューティング機能に依存
Vantage:動的なリソース割り当てにより、すべてのSLAをソフトウェアで管理

ハードウェアに加えソフトウェアでのパフォーマンス最適化

クラウド限定:高価なハードウェア・リソースのみを使用した強引な拡張
Vantage:高度なインデックス作成技術による優れたパフォーマンス

ピンポイントでのリアルタイム・アクセスおよび検索

クラウド限定:戦術的クエリーには不適
Vantage:リアルタイムの運用クエリー用に組み込まれた戦術的クエリー・パフォーマンス

統合された高度な分析(AI/ML)/ML)

クラウド限定:サポートにはサードパーティ・パートナー・エンジンが必要
Vantage:大規模に統合されたMLおよびAI

大規模なクエリーごとのコストの最小化

クラウド限定:クエリーごとの料金はテラデータの5~10倍
Vantage:ソフトウェアの最適化により、大規模なクエリーごとのコストを最小化

業界アナリストによる一貫したトップ評価

クラウド限定:さまざまなユース・ケースで10〜12位
Vantage:ガートナーのクリティカル・ケイパビリティ・レポートで4つのユース・ケースすべてにおいて1位。かつ、フォレスターの製品全般カテゴリーでも1位
次のセクション

Vantageの詳細情報

クラウドでモダンなデータ分析基盤の構築を、今すぐ始めましょう

お問い合わせ