コスト最小化の大規模データ分析

クラウドのニーズに合わせた価格

クラウドでデータ分析を実行すると、驚くほどコストがかかる可能性があります。アナリスト企業のガートナーは、2022年までに、クラウドデータマネジメントシステムを使用している組織の75%で予算超過が発生すると予測しています。実際のクラウドデータ分析コスト、ビジネスに最適な価格設定、および予期しない事態を回避する方法をよりよく理解できるように支援しましょう。

クラウドで成功するための6つの主要因
成功のためのこれらの6つの要因に基づいて、クラウドで適切なデータ分析ソリューションを選択する方法をご覧ください。

ワークロードに基づいて将来の予算を見積もります

ワークロードに基づいて将来の予算を見積もる

実際の予算要件を見積もるには、大規模なワークロードを示す本番環境の活用事例を確認してください。

クラウドに移行する際専門家のガイダンスを入手

クラウドに移行する際専門家のガイダンスを入手

クラウドへの移行は簡単であるという主張に耳を傾けないでください。これは、予算超過を引き起こす可能性のある複雑なプロセスです。

予期しないコストを回避し、プロジェクトを存続させます

予期しないコストを回避し、プロジェクトを存続

ユーザーの需要が変化すると、自動スケーリングによって予期しない請求が発生し、プロジェクトと評判が損なわれる可能性があります。

最初にソフトウェアでサービスレベルの目標を達成する

最初にソフトウェアでサービスレベルの目標を達成

コンピューティングリソースの増分コストなしでサービスレベルの目標を達成するために最適化できる成熟したソフトウェアが必要です。

柔軟なクラウド価格を要求する

柔軟なクラウド価格を要求

柔軟な価格設定により、コストを管理し、絶えず変化するユーザーの需要のニーズを満たすことができます。 

価格性能を測定する

価格性能を測定

クエリあたりのコストの最小化を探してみてください。ベンダーは、ソリューションを最も魅力的に見せるために、異なる複数の指標を提供するものです。

柔軟性・手ごろな価格・透明性

テラデータの柔軟な価格設定と、データから最大の価値を引き出すのにどのように役立つかについてご覧ください。 

iso
コスト計算機
適切な費用はいくらか

5つの簡単な質問に答えて、クラウドのニーズに適した価格を見積もります。

コスト見積もり
compare_arrows
インフォグラフィック
手頃な価格

クラウドの旅のどこにいても、これらの価格設定オプションは、組織のデータ需要に合うように設計されています。

インフォグラフィックを見る 

大規模な コストの最小化

Teradata Vantageは、1時間あたり5ドルのコンピューティング、1時間あたり1テラバイトのストレージあたり19セントから、クラウドでのデータ分析に何が必要かに関わらず、 手頃な価格のクラウドを提供します。

$5
1時間当たり
計算する
 19¢ 
テラバイトあたり
1時間あたりのストレージ

予期せぬサプライズに

クラウドのみの データウェアハウスの初期の起動時の節約は、大規模な予期しない(そして歓迎されない)コストの 急上昇 にすぐに発展する可能性があります。

クラウドのみのデータウェアハウスでコストが膨らむ理由

真実がおわかりですね。クラウドのニーズに適した価格を見積もりましょう。

詳しくはこちら

テラデータは、大規模で最低のコストを実現し、
クラウドデータ分析のコストを簡素化します。

テラデータのお客様は、各データ分析ワークロードに最適な価格設定を選択できることで、財務上のガードレールが促進され、投資収益率を向上させることができます。

混合型課金設定なら、請求書が来て驚いたり、値段の高さにびっくりしたりすることがありません。従量課金設定では、使用されたものに対してのみ支払う完全な自由があります。

description
概要説明
柔軟なクラウド価格

詳しくはこちら
Larry H Miller Sportsのビデオ
videocam
顧客ビデオ
Larry H. Miller Sports&Entertainment(Utah Jazz)は、使用ニーズの変化に応じて簡単にスケールアップおよびスケールダウン

laptop
オンデマンドのウェビナー
Utah Jazzのクラウド最新化への道

リプレイを見る

クラウドのみの価格設定モデルは本当に
約束どおり費用対効果が高いのか?

並べて比較すると、Vantageと競合他社の違いは明らかです。Vantageだけが、選択肢、真に予測可能で透明性のある価格設定、ニーズの弾力性に加えて、大規模な最低価格設定を提供します。 

データ分析プラットフォームで実現したいこと クラウド限定の
データウェアハウス
Teradata Vantage
縛りなく、すぐに始める    
小さく始めて成長する    
部門ごとにユーザーコストをシームレスに割り当てる(チャージバック)    
小さなステップで必要なだけ計算をスケーリング    
さまざまなワークロードの価格設定モデルの選択    
大規模なコストの最小化    
きめ細かいスケーラビリティで必要なものだけ支払い    
クエリ、読み込み、保存の料金のみ    
請求書に驚くことなく、予測可能な価格設定    
自動弾性でシステムサイズを気にする必要不要    
以前のオンプレミス投資とIPを新しい展開に再利用    

縛りはありません、すぐに始めましょう

クラウドのみ: 金銭的な縛りなしで迅速に開始
ヴァンテージ: 金銭的な縛りなしで迅速に開始

小さく始めて成長する

クラウドのみ: 小規模から始めて中規模システムに拡張できます
Vantage: 小規模から始めて、エンタープライズサイズのシステムに拡張できます

部門ごとにユーザーコストをシームレスに割り当てる(チャージバック)

クラウドのみ: コストを分離するために複数のシステムが必要になる場合があります
Vantage: すべてのユーザーは、チャージバックの完全な透過性を備えた同じシステム上にいることができます

小さなステップで必要なだけ計算をスケーリングする

クラウドのみ: 必要以上に大きくなることが多い、ますます大きなステップでのみスケーリングする
Vantage: 未使用のリソースを回避するために、使用量に基づいて段階的にスケーリングします

さまざまなワークロードの価格設定モデルの選択

クラウドのみ: 従量課金制に限定
Vantage: 柔軟な選択: 混合型課金制(予約制)と従量課金制(従量制)

大規模なコストの最小化

クラウドのみ: クエリの量が増えると、クエリあたりのコストが劇的に上昇します
Vantage: クエリの量が増えるにつれて、クエリあたりのコストは低いままです

きめ細かいスケーラビリティで必要なものだけを支払う

クラウドのみ: 必要以上に大きくても、プロビジョニングされたものに対して支払う
Vantage: きめ細かいスケーリングで使用したものに対してのみ支払います

クエリ、読み込み、保存の料金のみ

クラウドのみ: 未使用で大きすぎる場合でも、プロビジョニングされたものに対して支払います
Vantage: 実際に使用されたリソースに対してのみ支払います(従量課金制)

請求書に驚くことなく、予測可能な価格設定をお楽しみください

クラウドのみ: 自動スケーリングのコストを発見した後のコスト「驚き」
Vantage: コストが財政的なガードレールによって制限されたままなので安心できます(ブレンド価格)

自動弾性をお楽しみください。システムサイズを気にする必要はありません。

クラウドのみ: 自動スケーリングに必要な最大サイズを推測します
Vantage: Teradataが使用状況に基づいてシステムサイズを監視し、自動的に調整できるようにします(従量課金制)

以前のオンプレミス投資とIPを新しい展開に再利用する

クラウドのみ: 以前のベースラインに到達するために、最初からやり直し、再コーディングし、再トレーニングします
Vantage: 現在のデータとツールを使用して、初日からプラスのROIを獲得します

アナリスト、専門家

透明性のあるクラウドの価格設定と業界での「落とし穴」の蔓延について話しているのは当社だけではありません。

次のセクション

最新クラウドデータ分析プラットフォームについて

ビジネスに役立つクラウドデータ分析

お問い合わせ