Teradata Vantage on Azure
Do-it-Yourself

自分でVantageを実行する

Do-it-Yourself:
Vantage on Azure

Teradata Vantage on Azure(DIY)を使用すると、ユーザーはMicrosoft Azureインフラストラクチャを使用して他の場所で利用できるのと同じ強力な分析機能を利用できます。 他の企業がクラウドで動作するようにソフトウェアを根本的に変更している一方で、Teradataは一貫した機能を備えた一貫したエクスペリエンスを提供しています。 これは、ハイブリッドクラウド環境に最適なソリューションです。新しいことを学ぶ必要はなく、行うことも変わりません。プロビジョニングは1時間未満で完了し、必要な機能を選択するだけです。

データシートの入手:Teradata Vantage on Azure

Vantage on Azure(DIY)が開く新しい扉:

簡単なグローバルデプロイメント

VantageのパワーとAzureのユビキタスにより、分析のグローバルなデプロイが容易

2つの信頼できるブランド

プレミアムで信頼できるTeradataエクスペリエンスを、Azureの高度な機能と組み合わせて利用できます。

分析機能をデータに移行

ユーザーの好みのツールと言語を使用して、ソース(Azure Blobを含む)でデータを分析

Do-it-Yourselfの利点

価値実現までの時間を短縮

Azureでのデプロイメントを使用すると、ユーザーは長い調達サイクルを回避し、代わりに数分以内にVantageリソースを起動できます。

機敏性

AzureベースのVantageインスタンスを簡単に構築して、新しい概念を試したり、新しい市場機会に迅速に対応したりできます。

CapExからOpExへの移行

Azureサブスクリプションモデルの予測可能な運用コストに移行し、増減の激しい設備投資の消費パターンから脱却します。

財務リスクを軽減

十分に活用されない可能性のあるリソースに投資することを心配せずに、リスクが低く、従量制料金の環境で新しいアイデアを検討できます。

始めるのは簡単です

時間単位と年単位のオプションの比較

毎時
  • 用途:短期または断続的なワークロードにTeradata Vantageを使用することを計画している。
  • 利点:最大限の柔軟性、財務面でのコミットメントは不要。
  • 購入元: Azure Marketplace
  • ステップ1:優先するVantage層を選択し、Teradataエコシステムソフトウェアも必要かどうかを決定します。
  • ステップ2:Azure Marketplaceを使用して、ステップ1で選択した適切なTeradata Vantageオファーを検索、選択、サブスクライブし、プロビジョニング手順に従います。
  • 必要な作業はこれだけです。財務面でのコミットメントは不要で、迅速かつ簡単です。
年間
  • 用途:長期的なワークロードにTeradataソフトウェアを使用することを計画している。
  • 利点:ソフトウェアの移植性による大幅な割引。
  • 購入元:Teradata営業担当チーム。
  • ステップ1:優先するVantage層とTeradataエコシステムソフトウェアを選択します。 Teradataはプライベートオファーを作成します。
  • ステップ2: Vantage on Azure(DIY)プライベートオファーのプロビジョニング手順に従います。 デプロイすればご利用いただけます。
  • 必要な作業はこれだけです。強力で費用効果が高く、ユーザーによる管理が容易です。
企業全体の俊敏性を実現 トップ企業間の競争は熾烈です。 競争に生き残り、成功を収めるには、俊敏な運用が必要です。 Vantage on Azure(DIY)はこれを実現します。 開始するのにほんの一瞬しかかかりません。つまり、ユーザーは1時間以内にシステムを起動して、クラウド内のデータを分析できます。 Azureは、新しいユーザーと新しい分析ツールへのアクセスに対応するために、グローバルに拡張できます。 
ユビキタスなAzureと組み合わせたTeradata Vantage
Azure Advanced Services

ユビキタスなAzureと組み合わせたVantageの処理能力。

Teradataは、エンタープライズ規模の分析の先駆者です。 Azureにデプロイすると、データをより深く分析するための豊富なツールセットが用意されているため、さらに高度な分析機能を利用できます。
Cognitive Services
Cognitive Services

最も重要な回答を取得できます。

VantageデータがAzureに保存されている場合、ユーザーはデータに対してCognitive Servicesを適用できます。 Cortanaのような人工知能(AI)ソリューションによって、Teradata分析機能を拡張できます。 Cortanaを使用すると、ユーザーはVantageデータに対して追加のデータを参照して、これまで知られていなかったレベルの洞察を発見できます。
すべてのデータに簡単にアクセス
追加のソースを参照する

すべてのデータに簡単にアクセスできます。

Azure Bot Serviceを利用すると、ユーザーは他のデータベースのデータをVantageシステムに接続できます。 Azure Bot Serviceは、企業全体で追加のデータソースを参照することにより、Vantage内のデータを充実させて、まったく新しい洞察を発見できます。
Power BIとTeradata Vantageを組み合わせる
Power BIの接続

Power BIとVantageを組み合わせることで、回答と洞察が得られます。

Azureの高度なサービスを利用してより詳細な分析を行った後、Power BIレポートをVantageシステムに簡単に接続できます。 Power BIレポートはVantageに簡単に統合でき、ユーザーは充実した最先端の分析結果をダッシュボードに表示できます。 答えが明らかになり、洞察が始まるのは、そのときです。
次のセクション:

料金プラン(DIY)

Vantage on Azureを今すぐ使い始める

ホワイトペーパーを読む