クラウド分析

新時代のパーベイシブデータインテリジェンス用の分析

今こそ
クラウド分析

今日のデータに支えられた世界において、クラウド分析は、組織でどのような事象が発生しているかだけでなく、さらに重要なこととして、事象が発生している理由や、将来事象が発生する可能性、そして組織が成功のために今行うべきことを知るための新しい通貨となっています。 言い換えれば、クラウドデータ分析は競争と勝利のための新しい基盤です。

誇大広告に注意

クラウドが熱狂的に支持されるのには明確な理由がありますが、何らかの視点を維持することは重要です。 分析を実行する場所に関係なく、これらの機能の基本的な目的は、クラウドの出現によって変わるものではありません。

言い換えれば、分析の中核となる機能は、ビジネスの成果を向上させるために、より深い洞察を推進し、より良い意思決定のための情報を提供することです。 組織がクラウドで分析を行っているという事実だけでは、企業が全体的な運用に適した最善のデータモデルを持つ状況に近づいているということにはなりません。 また、クラウドで分析を行うことと、難しい問題に回答し有効な洞察を提供するための、適切で最新のデータが手元にあることは、必ずしも相関しているわけではありません。

Teradataは、理想的なクラウド分析プラットフォームが、クエリの規模や量に関係なく、組織のデータを100%活用してリアルタイムのインテリジェンスを提供できると考えています。 データ分析に利用可能なツールは数多く存在し、それらをデプロイする方法と場所にも非常に幅広い選択肢があるため、そのオプションに圧倒されるかもしれません。 すべての分析プラットフォーム(またはデプロイ方法)が同じように作成されているわけではないことに注意してください。

Teradataクラウド分析プラットフォームは、企業のお客様向けに特別に設計されています。

Teradataは、適切な人材、テクノロジー、および分析を調整し、独自の長所の組み合わせて、より良いビジネス成果を実現するのに役立ちます。

コンサルティング

組織全体の変化を推進する、ビジネス、アーキテクチャ、テクノロジーサービス

アーキテクチャ

ビジネス要件とITの現状を結びつける、柔軟なアーキテクチャ

テクノロジー

回答の検索を容易にする、自動化された俊敏で使いやすい分析ソリューション

顧客体験

すべてのタッチポイントで最適化

顧客体験の向上、顧客の獲得、保持、クロスセル、アップセルには、Teradataが役立ちます。 ソリューションでは、関連性の高いパーソナライズされた体験をリアルタイムで提供し、カスタマージャーニーに影響を与えて、望ましいビジネス成果に結びつけるとともに、現在および将来的に必要となる複雑性と規模をサポートするシステム設計を実現します。

データ統合、マルチジャンル分析、クロスチャネルオーケストレーションのためにTeradataの専門知識を活用します。

エクスペリエンスの向上

パーソナライズされた関連性の高いコミュニケーションを提供

市場シェアを拡大

クロスセルとアップセルで個々の売上を増大

売上収益の増加

新規顧客による市場プレゼンスの拡大

解約の削減

解約リスクを軽減することで顧客を維持

統合財務分析

混沌状態によるコスト増の影響

現代の金融に典型的な混沌状態は、複数のデータソース、データマートの急増、ビジネスインテリジェンスの無秩序によって悪化しています。 統合された財務基盤によって、企業は唯一の信頼できる情報を維持し、ローカルのサイロ化されたデータマートに依存するというコストと時間のかかる慣行を終わらせることができます。

統合分析の力により、CFOや財務部門は、企業のパフォーマンスを向上させるという役割を全うすることができます。

予測分析

組織全体のパフォーマンスを向上

企業全体の可視性

自動化および統合されたエンドツーエンドのビュー

データ統合

サイロによって引き起こされる死角を解消

自動化されたレポート

統合によりスタッフの時間を節約

合併と買収

M&A活動における新たなビジネス価値の発表

HR分析

解約を減らし、採用のベストプラクティスを推進

プロダクトイノベーション分析

ゆりかごから墓場までのトレーサビリティ

製品ラインを改善したり、市場投入までの時間を短縮したりする前に、製品を成功させる要因、または製品を失敗させる原因を理解する必要があります。 Teradataは、製品ライフサイクルの可視性と洞察を提供するカスタムソリューションを作成します。

ソリューションによって、製品の品質、顧客満足度、および運用効率が向上します。

トレーサビリティ

各フェーズを最初から最後までトレース

市場投入までのスピード

品質を犠牲にすることなく、より迅速にデプロイ

収益の増大

新しいビジネスモデルを使用して機会を発見

ライフサイクル管理

複数のSKUの管理を強化

プロアクティブなリスク軽減

インシデントを事前に防止

ほとんどの企業がいつかはサイバー詐欺の標的になります。 いつ、どのように詐欺が行われるかを知ることは不可能であるため、企業は準備しておく必要があります。 このような脅威は現実のものですが、Teradataのお客様は、これまで以上に多くのリスク管理による防御を利用できます。

最も効果的なリスク軽減戦略は、他の方法では見えないパターン、傾向、およびシグナルを特定して対処します。

脆弱性の特定

潜在的な弱点の領域を見つけて定量化

プロアクティブな防御

監視と高度な脅威インテリジェンスを確立

リスク管理モデル

IT、ブランド、運用など、あらゆるカテゴリの責任

複数の消費とデプロイメントのオプション

AWS、Azure、Google Cloud、Teradata Cloud、Customer Cloudなど、サービスとしてVantageをデプロイして使用する方法はたくさんあります。 Teradataは環境をプロビジョニングおよび管理するため、お客様はITではなく回答に集中できます。

Vantage on AWS
アマゾンウェブサービス(AWS) Teradata VantageでAWSインフラストラクチャを使用する
Vantage on Azure
Microsoft Azure AzureリソースをTeradata Vantageと組み合わせる
Vantage on Google Cloud
Google Cloud Teradata VantageでGoogle Cloudを活用する
クラウドでの分析を今すぐ始めましょう

データと分析の可能性の再考

ホワイトペーパーのダウンロード