Teradata Vantage on AWS
(Do-it-Yourself)

料金プラン

パワーとコントロール

Do-It-YourselfベースのVantage on AWSは、独自に作業したいユーザーに、求めているパワーとコントロールを提供します。

プロビジョニングされた分だけ支払うことで、多額の資本支出やリスクを排除することができます。 サブスクリプションには、Teradata Vantageソフトウェアが含まれます。 お客様はAWSインフラストラクチャを個別に選択して支払います。オンデマンド、予約済み、および専用のEC2インスタンスのいずれも使用できます。

Teradata Vantage on AWS(DIY) - 混合型料金プラン(米国)

エンジン インスタンス 毎時($ USD) 毎時($ USD) 毎時($ USD)
Advanced SQL Engine r5.4xl $1.68 $3.35 $4.47
r5.8xl $2.91 $5.82 $7.76
r5.12xl $4.25 $8.51 $11.34
r5.16xl $5.83 $11.66 $15.54
r5.24xl $8.51 $17.03 $22.70
  • $ USDの時間料金は、3年間のサブスクリプションに基づく比較のための有効料金であり、コンピューティング料金とストレージ料金は含まれていません。
  • Developer層(無料)ソフトウェアは、d2.xl EC2インスタンスで利用できます。
  • 中国を除く世界中のほぼすべてのパブリックAWSリージョンで一般利用できます。
  • すべてのEC2タイプがすべてのリージョンで利用できるわけではありません。現在の可用性と料金情報については、AWSのウェブサイトを参照してください。 
Vantageソフトウェア層 AWS MarketplaceのVantageソフトウェアは、Developer、Base、Advanced、Enterpriseの各層で利用できます。サブスクリプションごとに利用者は特定の機能とエコシステムソフトウェアを使用できます。 4つの層すべてに、行レベルのセキュリティ、Secure Zones、およびTeradata Columnarを備えたTeradata Vantageに加えて、Teradata Data Stream Controller、Teradata Ecosystem Manager、Teradata Query Service、Teradata Server Management、Teradata Tools and Utilities、Teradata Viewpointのエコシステム機能が含まれます。

含まれているエコシステムソフトウェア

オプションのエコシステムソフトウェア

次のセクション:

よくある質問(DIY)

Vantage on AWSを今すぐ使い始める

ホワイトペーパーを読む