Teradata Vantage on AWS 
Do-it-Yourself

最適なハイブリッドクラウドソリューション

Do-it-Yourself:
Vantage on AWS

他社は、クラウドで動作するようにソフトウェアを根本的に変更しています。 Teradataは違います。どこでも一貫したVantageの機能を提供しています。 これはハイブリッドクラウドソリューションとして最適であり、ソフトウェアの再コーディングも、新しいツールの学習も必要ありません。 プロビジョニングは1時間未満で完了し、必要な機能を選択するだけです。

ウェブキャストを見る

Vantage on AWS(DIY)が開く新しい扉:

簡単なグローバルデプロイメント

VantageのパワーとAWSのユビキタスにより、分析のグローバルなデプロイおよび実行が容易

2つの信頼できるブランド

プレミアムで信頼できるTeradataエクスペリエンスを、AWSの高度な機能と組み合わせて利用できます。

分析機能をデータに移行

ユーザーの好みのツールと言語を使用して、ソース(Amazon S3を含む)でデータを分析

Do-it-Yourselfの利点

価値実現までの時間を短縮

AWSのデプロイメントを使用すると、ユーザーは長い調達サイクルを回避し、代わりに数分以内にVantageリソースを起動できます。

機敏性

AWSベースのVantageインスタンスを簡単に構築して、新しい概念を試したり、新しい市場機会に迅速に対応したりできます。

CapExからOpExへの移行

AWSサブスクリプションモデルの予測可能な運用コストに移行し、増減の激しい設備投資の消費パターンから脱却します。

財務リスクを軽減

十分に活用されない可能性のあるリソースに投資することを心配せずに、リスクが低く、従量制料金の環境で新しいアイデアを検討できます。

始めるのは簡単です

時間単位と年単位のオプションの比較

毎時
  • 用途:短期または断続的なワークロードにTeradata Vantageを使用することを計画している。
  • 利点:最大限の柔軟性、財務面でのコミットメントは不要。
  • 購入元:AWS Marketplace
  • ステップ1:優先するVantage層を選択し、Teradataエコシステムソフトウェアも必要かどうかを決定します。
  • ステップ2:AWS Marketplaceを使用して、ステップ1で選択した適切なTeradata Vantageオファーを検索、選択、サブスクライブし、以下のプロビジョニング手順に従います。
  • 必要な作業はこれだけです。財務面でのコミットメントは不要で、迅速かつ簡単です。
年間
  • 用途:長期的なワークロードにTeradataソフトウェアを使用することを計画している。
  • 利点:ソフトウェアの移植性による大幅な割引。
  • 購入元: Teradata営業担当チーム
  • ステップ1:優先するVantage層とTeradataエコシステムソフトウェアを選択します。 Teradataは、AWS Marketplaceのプライベートオファーを作成します。
  • ステップ2:以下のプロビジョニング手順に従います。 デプロイすればご利用いただけます。
  • 必要な作業はこれだけです。強力で費用効果が高く、管理が容易です。

デプロイメント手順

{{category.categoryName}}

chevron_right

Vantage on AWS(DIY)を独自のAWS VPCにデプロイするのは簡単です。

次のセクション:

料金プラン(DIY)

Vantage on AWSを今すぐ使い始める

ホワイトペーパーを読む