クラウドからさらに取得 バンテージを取得。

スケールするために、クラウド・ソルーションズの構築および価格付をしていることが証明されています。

テラデータ・クラウド
分析はビジネスを前進させます。

大規模で前進タイプのビジネスの皆様は、既にクラウドにいらっしゃいます。 ビジネス機会の駆動に適用する必要があるデータがあります。 テラデータ・バンテージは、アナリティックス、データ・レイク、並びにデータ・ウェアハウスを一体化した、パワフルで最新の分析クラウド・アーキテクチャーを提供します。 クラウドに既にいらっしゃる皆様のために、バンテージは、成長の課題に対応して柔軟に見積りいたします。そして利用時支払いは、最大の柔軟性をご提供します。 組織がクラウドに移行中、ハイブリッド・インフラストラクチャーを保有、または既に完全遂行済みに関わらず、テラデータはクラウド分析から答えを移動します。

なぜ、クラウドなのですか?

事実です。 データ・クラウド・ソルーションズは到着し、ここに滞在します。 どこで、そしてどのようにクラウド・サービスが役割を担うかを見極めるために、至る所にある企業は、自らのITおよびデータ・マネージメント戦略を見直しています。 クラウド・マンデートによる駆動、データ・センター・スペースの不足、高い柔軟性の必要性、あるいは、高度なサービス・レベルの要求に関わらず、クラウドを考慮するために多くの良い理由があります。

クラウド最適化分析プラットフォームの最高機能である、テラデータ・バンテージの詳細 ここ

アマゾン・ウェブ・サービス AWSインフラストラクチャーをテラデータ・バンテージと使用 – アズ・ア・サービスまたはドゥー・イット・ユアセルフ。
マイクロソフトAzure Azureリソースとテラデータ・バンテージの融合 – アズ・ア・サービスまたはドゥー・イット・ユアセルフ。
グーグル・クラウド・プラットフォーム グーグル・クラウド・プラットフォーム(GCP)でのテラデータ・バンテージを使用して、データ駆動型ビジネス見識に焦点をあてる。
全てのクラウド・リソースを見る。

なぜ、クラウドなのですか?

事実です。 データ・クラウド・ソルーションズは到着し、ここに滞在します。 どこで、そしてどのようにクラウド・サービスが役割を担うかを見極めるために、至る所にある企業は、自らのITおよびデータ・マネージメント戦略を見直しています。 クラウド・マンデートによる駆動、データ・センター・スペースの不足、高い柔軟性の必要性、あるいは、高度なサービス・レベルの要求に関わらず、クラウドを考慮するために多くの良い理由があります。

クラウド最適化分析プラットフォームの最高機能である、テラデータ・バンテージの詳細 ここ

クラウドにおける強み

柔軟性のある費用を増加し、ビジネスを前進させます。 クラウドの利点。

クラウド最適化分析プラットフォームの最高機能である、テラデータ・バンテージの詳細

情報画像を見る

ビジネスおよびテクニカル・ドライバー

予算がわかりやすい

クラウドは、高価なインフラストラクチャーを購入する必要性を除去し、より優れたコスト・コントロールを提供する利用時支払い価格を提供します。 利用者は、利用した分だけ支払うことをお選びいただけます。

より速い価値の時間

ITインフラストラクチャーの調達、展開、並びにプロビジョニングは、時間のかかるプロセスですが、クラウドなら、文字通り数ヶ月を数分に短縮できます。

企業-準備完了

データ・クラウド・ソルーションズ用に利用可能なテクノロジーは、急速に進化し、今や企業がすぐに使え、生産仕事量をサポートすることが可能です。

機敏性、柔軟性

高速プロビジョニング、融通性のあるコンピューティング・パワー、並びに自由のレベルを提供する大規模スケーラブルなストレージは、伝統的な解決策にはありません。

ネーティブ・オブジェクト・ストア

先進的SQLエンジンの統合された構成内容は、アマゾンS3およびAzure Blobのようなクラウドにおいて、低価格のオブジェクト・ストア内に、企業が容易にデータの接続、アクセスおよび分析をすることを可能にしています。

定期会員モデル

全ての展開オプションにわたって同じバンテージ・ソフトウェアを提供しながら、テラデータは、キャッシュ・フローしやすい定期会員モデルにおいて、多くのデータ・クラウド・サービスを提供しています。

推奨される第一使用ケース

ますます多くの分析エコシステムが、クラウド内に進出しています。 クラウド展開により順応性が提供されるシナリオは、データ・ラボ同様、試験および開発システムを含め、かなり有利です。 これらの使用ケースは、短期間に必要で、それ以降しばらく必要がないという特徴に共有しています。

試験と開発用クラウド

多くの組織では、試験および開発システムの容量は、しばしば未活用です。しかし、活気を取り戻すと、容量が不十分になることがあります。 このパラドックスは、クラウド展開に記されることがあります。 試験および・または開発に必要なリソースを正確に割当て、それから方向転換をして即座に割当てを解除するよう、柔軟性が大変パワフルなのです。 試験および開発のための追加利点は、高度に管理されたオン・プレミス環境において、ソフトウェアが展開を準備される前に、機能開発および・または検証のために、最新版のソフトウェアを使用する能力です。

データ・ラボ用のクラウド

データ・ラボ展開に際して、クラウド実施は、二つの大きな利点があります。 第一に、クラウド内のスケーラビリティは、次の新データ・セットまたはアルゴリズムを伴う業務に必要なリソースを必ずしも予測できない利用者に、完璧なワーキング・モデルを提供します。 データ・サイエンス業務のための、第二のクラウド展開利点は、機敏性です。 社内プロセス、および新種のソフトウェア・オン・プレミスに移行する時間枠は、データ発見を減速させることがあります。 クラウド・データ・ラボ環境では、ITガバナンスや標準委員会の迷路を通り抜けることなく、ご希望のツールは、より簡単にアクセスいただけます。

テラデータからのHadoopマイグレーション・プログラム

バンテージへ移動テラデータは、迅速かつ容易に、既存のより高価値なHadoopデータをテラデータ・バンテージに移行および処理することが可能であり、低価値データをクラウドの低価格ストレージに移行および処理することが可能です。 どのように処理されるかを見る。

バンテージへ移動

展開のための更なる方法

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)、マイクロソフトAzure、およびグーグル・クラウド・プラットフォーム(GCP)を含む、クラウドにおけるバンテージの展開および購入には多くの方法があります。 これらの選択に加えて、テラデータ・インフラストラクチャー(テラデータ・クラウドとお客様クラウド)、およびVMware仮想化ソフトウェアを伴うお客様ハードウェアからお選びください。

テラデータ・クラウド

テラデータ・バンテージ専用にデザインされた、最適化インフラストラクチャーの利用。

お客様クラウド

お客様データ・センターにおいて、テラデータが運営する専用テラデータ・インフラストラクチャーをご利用ください。

VMwareにおけるお客様ハードウェア

企業のお客様には、最大のハードウェアの有用性を取得していただくために、VMware仮想化ソフトウェアをご使用いただいております。

クラウドで何が可能か、ご再考ください。

お問い合わせ