TERADATA CLOUD
分析はビジネスを前進させます。

Teradata Vantageは、アナリティクス、Data Lake、データウェアハウスを統合する強力かつ最新の分析クラウドアーキテクチャを提供します。 Teradata Vantageは、すでにクラウドをご利用の企業のみなさんに、成長に合わせて柔軟な拡張性と従量課金制による最大限の柔軟性を提供します。 クラウドに移行中、ハイブリッドインフラを採用している、すでに完全な運用をしているなどの状態を問わず、テラデータはクラウド分析から答えを導き出します。

クラウド分析 - AWS
アマゾンウェブサービス Teradata VantageでAWSインフラストラクチャを使用する
クラウド分析 - Microsoft Azure
Microsoft Azure AzureリソースをTeradata Vantageと組み合わせる
クラウドアナリティクス - Google Cloud
Google Cloud Teradata VantageでGoogle Cloudを活用する
カタログをダウンロードする

なぜクラウドなのか?

エンタープライズレベルのビジネスでは、クラウドは選択肢のひとつではなく、クラウドこそがビジネスの中核であることがわかっています。 情報技術は、スピード、ストレージ、無限のスケールという新しい基準を利用して再構築されています。 クラウドは、より高い柔軟性、大容量(かつ低コスト)のストレージ、より広範なサービス機能を実現できるため、クラウドが急速な成長を続けていることは容易に理解できるでしょう。

Teradata Vantageのクラウド分析により、効果的なクラウド データ分析を大きな規模で実現できます。 クラウド企業向けのオールインワンツール。
クラウドの強み

柔軟性を高め、コストを削減し、ビジネスを前進させることがクラウドの利点です。

クラウド最適化分析プラットフォームとして最高のパフォーマンスを発揮する、Teradata Vantageの詳細をご覧ください。

Infographicを見る

ビジネスと技術の推進要因

予算にやさしい

クラウド ソリューションを使用することで、従量課金性によるコスト管理が強化できるため、高価なインフラを購入する必要がありません。

価値実現までの時間を短縮する

ITインフラストラクチャの調達、展開、プロビジョニングは時間のかかるプロセスですが、クラウドソリューションを使えば、文字通り数ヶ月を数分に短縮できます。

エンタープライズ対応

データクラウドソリューションに対応したテクノロジーは急速に進化しており、現在では本番環境の作業量にも対応可能なエンタープライズ仕様となっています。

機敏性と柔軟性

高速プロビジョニング、弾力性のある演算能力、大規模に拡張可能なストレージは、従来のソリューションでは見られないレベルの自由度をもたらします。

ネイティブオブジェクトストレージ

Amazon S3、Azure Blob、ADLS Gen2、Google Cloud Storageなどの低コストのオブジェクトストア内のデータに簡単に接続し、分析できます。

サブスクリプションモデル

テラデータは、多くのデータクラウドサービスを、キャッシュフローに配慮したサブスクリプションモデルを採用しており、すべての展開オプションで同じVantageのソフトウェアを提供しています。

クラウドを活用して答えを導き出す方法について

Vantage in the Cloud の詳細を是非ご確認ください

活用事例
デモを見る - クラウドデータと分析の働きをご覧ください。 クラウド企業向けのツール。

Cloudデモを体験

このセルフペース型インタラクティブ・ツアーで、Vantage in the Cloudを詳細にご覧になり、最新のクラウド・アーキテクチャが、ビジネスの将来を見据えた柔軟性と俊敏性をどのようにもたらすかをご確認ください。

デモを見る

推奨運用例

多くの分析エコシステムがクラウドに進出していおり、その数はさらに増え続けています。 クラウド展開がもたらす弾力性は、テストおよび開発システムやデータラボなどで非常に有効なシナリオとなります。 これらの運用例には、「短期間だけ必要で、その後しばらくは不要」という特徴があります。

テストと開発に向けたクラウド

多くの企業では、テストと開発システムの能力が十分に活用できていないケースが多く見られますが、ひとたび活動が活発化すると今度はキャパシティが不足する可能性もあります。 このパラドックスは、クラウド展開で対処することができます。 テストや開発に必要なリソースを適格に割り当てし、その後すぐに方向転換して割り当てを解除できる柔軟性は非常に強力です。 さらに、テストと開発においては、高度に管理されたオンプレミス環境にソフトウェアを導入する前に、最新バージョンのソフトウェアを使用して機能の検証を実施できる利点もあります。

データラボ向けクラウド

データラボの展開では、クラウドを実装することで2つの大きな利点がもたらされます。 まず、クラウドの拡張性は、次の新しいデータセットやアルゴリズムの処理に必要なリソースを必ずしも予測できないユーザーにとっては、完璧な作業モデルを提供します。 データサイエンスの仕事にクラウドを導入する2つ目のメリットは、機敏性です。 オンプレミスの新しいソフトウェアを導入する内部プロセスや時間的制約は、データディスカバリーが遅くなる原因となり得ます。 クラウドデータラボ環境では、ITガバナンスや基準委員会の迷路を経由することなく、必要なツールに簡単にアクセスできます。

Teradata Vantage: クラウドデータ分析プラットフォームの働きをご覧ください

最新のクラウドソリューションの働きをご覧ください

Teradata Vantageで、エンタープライズアナリティクスに向けたコネクテッド・マルチクラウド・データプラットフォームを体験しましょう。

今すぐ確認する

今すぐVantage in the Cloudを始めましょう

今すぐ確認する