Subscribe to the Teradata Blog

Get the latest industry news, technology trends, and data science insights each week.

モダナイゼーションに必要なのは、シンプルさと高度さ

モダナイゼーションに必要なのは、シンプルさと高度さ
近年、分析ソフトウェア企業の多くが「モダン」を謳っています。
彼らは決まって、「レガシー」製品とは比べものにならないと主張します。しかし、「モダン」が結局何を意味するのかについてはほとんど説明されません。完全にクラウドベースである、という意味でしょうか。それとも、創立20年未満の分析ソフトウェアプロバイダと提携している、という意味でしょうか。もし後者の意味であるなら、同じ基準を他の業界に当てはめるのは無理があるかもしれません。
たとえば、Teslaは新しい企業です。しかしそれは、AudiやBMWが古くさいという意味になるのでしょうか。

事実として、テラデータは40年以上にわたって事業を続けています。しかし、テラデータは常にデータマネジメントと分析の第一線に立ち続けてきましたし、それはこれからも変わりません。先進的なデータウェアハウスについて語るとき、企業の営業年数は単なる数字にすぎません。実際に価値を持つのは、根本的な実力です。
 
クラウドへの移行はあくまで数ある策のひとつ
 
Demystifying Cloud Data Warehouse Characteristics(クラウド・データウェアハウスの特性を解明)」の中で、ガートナーのアナリスト、ラムケ・ラマクリシュナン氏は次のように述べています。「分析アプリケーション用に構築されたモダンなデータウェアハウス・システムは、同時発生するユーザーやワークロードの増加をサポートすることを目的としています。これらのシステムでは、従量課金型の料金モデルにより、複数種のデータ構造や複数形式のデータ消費(クエリーやAPIベースのインタラクションなど)を処理できます」。また、「データストレージおよび処理要件の近代化により、クラウド・データウェアハウスは、ますます多様な展開オプションを提供しています」とも語っています。 [1]

ただし、すべてのクラウド・データウェアハウスが同じであるわけではなく、すべてが全企業のニーズをもれなく満たすわけではありません。企業上層部は、オンプレミス・ソリューション並みの高度さを実現していないクラウド・データウェアハウス・ソリューションを引き続き警戒する必要があります。たとえば、管理コストを予測・防止し、クラウド・データウェアハウスのパフォーマンスの問題を緩和することはときに困難です。クラウドサービス・プロバイダの大半は、高度なデータマネジメント機能の提供を何とかこなそうとしている段階であり、企業各社がオンプレミスで利用していた機能は移行プロセス中に失われる可能性があります。

経営幹部は、クラウドへの移行が不可欠であることを踏まえ、クラウドのシンプルさとオンプレミス・ソリューションの高度さを両立させるべくハイブリッド・マルチクラウドにますます依拠しつつあります。これは決して意外な動きではありません。というのも、2016年にテラデータが実施した顧客調査で、企業幹部の90%が2020年までにオンプレミスとクラウドの両方に展開したいと答えているのです。 [2]
 
両者の長所を同時に実現
 
ハイブリッド・マルチクラウド環境向けに構築されたTeradata Vantageは、オンプレミスとクラウド両方のデータウェアハウスの長所を組み合わせることにより、企業が必要とするシンプルさと高度さを提供します。これは、クラウド・データウェアハウスを単独で使用した場合には実現不可能です。
このブログ・シリーズでは、ラマクリシュナン氏が提示したクラウド・ウェアハウスの6つの機能領域をVantageがどう改善するかを詳しくご説明します。 
 
  1. 展開 — Vantageは、コンピューティングとストレージの分離、および革新的なMAPSシェアード・ナッシング・アーキテクチャによる行ストアと列ストアのハイブリッドソリューションを提供し、ディスカバリーおよび分析、実稼働のユースケースを実現します。
 
  1. 信頼性 — Vantageには高可用性が組み込まれており、コンピューティング障害とストレージ障害の両方からデータを保護します。また、Vantage in the Cloudは、レプリケートされた耐久性のあるストレージ上で、データベース全体の自動化され保存されたバックアップを提供します。
 
  1. パフォーマンス — Vantageユーザーは、コンピューティング・インスタンスの数を調整(スケール・アウト/イン)したり、インスタンスサイズを変更(拡大/縮小)したり、コンピューティング・インスタンスをオフにしてコアオペレーションを停止して支出を最適化(停止/開始)できます。これらがパフォーマンスやストレージに悪影響を及ぼすことはありません。
 
  1. セキュリティ — Vantageは、オブジェクトレベル、また行および列レベルできめ細かなセキュリティおよびアクセス制御を提供し、ユーザーがGDPR、PCI、HIPAA、ISO 27001、SOC 1、SOC 2、およびFDA 21認証に準拠できるようサポートします。
 
  1. 料金 — Vantageは、お客様が必要なときに必要な分だけ支払う、混合料金モデル(従量課金型およびサブスクリプション型の料金体系を含む)を提供します。企業のCFOは、このモデルが提供する予測可能性の高さを間違いなく気に入るはずです。
 
  1. データストレージ — Vantageは、ブロックストレージとオブジェクトストレージの両方を提供し、最高のパフォーマンスと最低コストを実現するストレージオプションを提供します。また、Vantageは、Avro、Parquet、JSON、BSON、XMLなどの先進的なデータソースとデータタイプの読み込みもサポートしています。 
Vantageは、上記の基準を満たすだけでなく、データウェアハウスの基盤に必要な高度な機能も提供します。具体的には、ハイブリッド・マルチクラウド展開や、データマネジメントと高度な分析の統合(AI/ML)、ピンポイントでのリアルタイム・アクセスおよび検索、ハードウェアではなくソフトウェアを用いたパフォーマンスの最適化、動的なリソース割り当てによる全SLAの管理、ビルトインの4Dアナリティクスなどのサポートが含まれます。また、Vantageは、データウェアハウス・アズ・ア・サービス(DWaaS)モデルでこれらの機能すべてをハイブリッド・マルチクラウドに提供します。これは、企業の動的なニーズを満たすのに不可欠です。

ガートナーは、2019年の分析用データマネジメント・ソリューションのクリティカル・ケイパビリティ、4つのユースケース(従来型、ロジカル型、リアルタイム型、コンテキスト独立型)でVantage(「テラデータ」として記載)は、これらのユースケースすべてにおいて最高スコアを獲得しました。 [3]  
 
「モダン」データ分析に必要なのは、シンプルかつ高度な技術
 
「モダン」という言葉は、実は必ずしも「新しさ」を意味しません。多くの新しいクラウド・データウェアハウス・ソリューションは確かに懸念を排除し、先進的なデータウェアハウスの基準の一部を満たしていますが、コストやパフォーマンスの予測に関しては課題を抱えているものもあります。つまり、クラウド・データウェアハウスに関し、企業はシンプルさを得ることによって高度さを失う可能性があります。 

テラデータのクラウド・データウェアハウス・ソリューションはTeradata Vantageを活用して、必要な要素の不足を埋めます。柔軟性と多次元的な拡張性による簡便性をもたらすだけでなく、企業が現在および将来のデータマネジメントの課題を克服するための高度なデータ処理・分析テクノロジーをも提供します。Vantageはシンプルかつ高度で、現在および将来にわたって企業のニーズを満たすために必要な機能を備えています。しかも、これはまだほんの入り口にすぎません。
 
 
ガートナーは、調査関連の発行物に記載されているベンダーまたは製品、サービスを推奨するものではなく、最高評価またはその他の称号を付与されたベンダーのみを選択するようテクノロジー・ユーザーに助言することもありません。ガートナーの調査関連の発行物は、あくまでガートナーの調査組織の見解で構成されたものであり、決して事実を述べた記述と解釈されるべきではありません。ガートナーはこの調査に関し、商品性または特定用途への適合性の保証を含む、明示的または黙示的なすべての保証を否認します。
 
[1] ガートナー「Demystifying Cloud Data Warehouse Characteristics(クラウド・データウェアハウスの特性を解明)」ラムケ・ラマクリシュナン(2020年1月22日)
[2] JPMorgan CIO調査およびTeradata Cloud顧客調査(2016年)
[3] ガートナー「分析用データマネジメント・ソリューションのクリティカル・ケイパビリティ」リック・グリーンウォルドおよびアダム・ロンサール(2019年3月18日)。ガートナーは、調査関連の発行物に記載されているベンダーまたは製品、サービスを推奨するものではなく、最高評価またはその他の称号を付与されたベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに助言することもありません。ガートナーの調査関連の発行物は、あくまでガートナーの調査組織の見解で構成されたものであり、決して事実を述べた記述と解釈されるべきではありません。ガートナーはこの調査に関し、商品性または特定用途への適合性の保証を含む、明示的または黙示的なすべての保証を否認します。

Portrait of Chris Twogood

(Author):
Chris Twogood

Chris Twogood is Senior Vice President Global Marketing for Teradata Corporation. He is responsible for Teradata Brand, Influencer Relations, Content Marketing, Corporate Communications, Global Events, Demand Generation, Account Based Marketing and Digital for Teradata including Web and Social. Chris has thirty years of experience.  Chris has extensive experience in the computer industry specializing in Data Warehousing, Decision Support, Customer Management and Analytics
  View all posts by Chris Twogood

Turn your complex data and analytics into answers with Teradata Vantage.

お問い合わせ