日本テラデータ、クルマの新しい価値創造にデータを最大活用する方法を テーマにしたウェビナーを5月15日(水)に開催

2024年5月7日 | 東京発

Teradata(NYSE:TDC)の日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙橋 倫二、以下、日本テラデータ)は、本日、「クルマの新しい価値創造にデータを最大活用するには」をテーマにReVision Auto&Mobility 社と2024年5月15日にウェビナーを開催することを発表します。

 

自動車業界において、新しい体験を生み出す上でのコネクテッドサービスづくりや車両価値向上への開発は、これからクルマを差別化する上で重要な要素です。そのためには、車に関わる計測データや、ユーザーに関わる利用可能なデータ、市場データなどを分析・活用し、どれほどうまくサービスや開発に使っていけるかがカギを握ります。

 

本ウェビナーでは、車の新しい価値創造をリードする自動車業界のプロフェッショナルが登壇し、クルマづくりに携わる自動車メーカーや自動車業界の方々が求めるコネクテッドサービスやクルマの価値づくりに必要な取組みについて掘り下げます。そして、車両・ユーザー・市場など多様なデータをどう統合し、分析・活用できるのか、先進的なソリューションとその導入、活用方法について紹介します。

 

【ウェビナー概要】

タイトル: クルマの新しい価値創造にデータを最大活用するには

日時: 2024年5月15日(水)15:00-16:50

場所: バーチャル(ライブウェビナー)

主催: ReVision Auto&Mobility日本テラデータ株式会社

詳細・申し込み: ウェブサイトをご確認ください。

https://www.teradata.jp/events/jp202405

 

【注目セッション】

  • 株式会社 SUBARU 市川 健太郎 氏「車両価値と顧客体験の向上へのデータ統合基盤とデータマネジメント ― 製品からカスタマーまでバリューチェーンの最大化へ向けた組織改革(仮)」
  • Automotive ジャパン 大塚 真大 氏 「コネクテッドカーのデータ活用と、ソフトウェア・ディファインド・ビークル(SDV)の業界動向 ― CES・MWC でのトレンドや各メーカーの開発状況などから考える(仮)」
  • 日本テラデータ株式会社  小俵 友之「現在の車両開発でデータ活用へのコアの課題は何か ― データの多様性、組織横断による新価値創造、変化するユーザー要求に柔軟に対応する仕組みづくりへ向けて」

 

本ウェビナーは事前登録制となります。当日ご視聴が難しい場合でも、ご登録いただきますと期間限定でオンデマンドにてご視聴いただけます。

 

Teradataについて

Teradataは、より良い情報が人と企業を成長させると信じています。Teradataが提供する最も包括的なAI向けクラウドデータ分析基盤は、信頼できる統合されたデータと信頼できるAI/MLを提供し、確実な意思決定、迅速なイノベーション、価値あるビジネス成果を実現します。詳しくは、Teradata.jpをご覧ください。

テラデータからもっと見る