Share
content_copy
ホワイトペーパー

ハイパースケールでのオーケストレーション

未来は、ハイパースケールでのデータオーケストレーションにクラウドデータ分析プラットフォームを使用する企業のものです。そういった企業はデータを最も価値のある資産として扱い、1か月あたり数兆のインタラクション、数百万のモデル、毎日1億を超えるクエリをサポートするように拡張する機能を備えています。これらの企業には、ハイブリッド・マルチクラウド環境で成功するために必要なプラットフォームとデータプロセスがあります。

未来の企業は、データ・オーケストレーションのベストプラクティスに従うハイパースケールビジネスになる必要があります。ハイパースケールビジネスとは、何十億ものユーザー、顧客、および接続されたデバイスを意味します。それらは、数十億または数兆の相互作用とデータポイントを活用して、100万分の1の確率で1日に数回発生するイベントを可能にします。

ハイパースケールできる能力があれば、企業はすべてのデータにわたってより迅速に回答を得ることができます。これは、ハイパースケールのサイズ、速度、接続性によって迅速なフィードバックを収集し、より大きな成長を促進できるためです。ハイパースケールでのオーケストレーションは、企業全体のデータ駆動型プロセスを自動化しながら、データ、分析、および処理を結び付けます。これには、利用可能なすべてのデータの準備、管理、および統合が含まれます。ハイパースケールでのデータオーケストレーションが新しいビジネス成果をどのように推進するかをご覧ください。