Share
content_copy
ホワイトペーパー

データを最大の企業資産にする

多くの場合、組織はデータからすべての価値を引き出していません。部門のサイロの壁に阻まれて統合されておらず、必要な人がアクセスできないためです。 

最大の価値を実現するには、企業はデータへのアプローチを再考する必要があります。これには、組織の事業部が「単一のユーザーまたは部門に限定されたデータに焦点を当てたもの」から、「データを最も価値のある企業資産として扱う企業に焦点を当てたもの」へと移行する必要があります。また、データセットを複製しなくてはならないサイロ状態のデータから、「データを1回格納するが何度も使用する」という、再利用可能なアプローチに移行する必要があります。 

分離されたデータの価値は限られています。それとは対照的に、データを統合することで、行動を促進するより多くの回答を得ることができ、より豊かでより深くよりコンテキストに沿った洞察が可能になります。多次元のスケーラビリティを提供する適切なクラウドデータ分析プラットフォームを使用すると、企業はデータを最適化できます。これは、このタイプのプラットフォームが、データ容量、データの待ち時間、クエリデータ容量、クエリの複雑さ、クエリの同時実行性、クエリの応答時間、スキーマの高度化、混合ワークロードの8つのコアディメンションにわたってスケーラビリティを提供するためです。

成功する企業は、データを使用してすべての決定とすべての行動を導きます。ハイブリッド・マルチクラウドの現実のために構築されたプラットフォームを使用して、世界で最も複雑なデータの課題を大規模に解決する方法をご覧ください。