Share
laptop
Webinar

製薬業界向けウェビナー|現代の環境がもたらすハードルと可能性

※当ウェビナーは2020年7月16日に開催しましたオンラインセミナー(3回シリーズ)です。
 

Teradata 製薬業界向けオンラインセミナー第3回
現代の環境がもたらすハードルと可能性​

 
製薬業界におけるRSPについて取り上げます。規制関連の問題(GxP)は時としてビジネスのハードルになります。FAIRの原則を適用する必要性が課題として認識されることもありますが、データインフラストラクチャを活用することで、ステークホルダ-(ヘルスケアプロバイダー、大学、新興開発企業)とのコラボレーションを簡素化および促進することができます。 もう1つの重要な側面は、各国のデータのプライバシーです。データの所有権が患者/市民に帰属するというビジョンは、データドリブン・インフラストラクチャを実装するための持続可能なオプションであると言われています。

当セッションでは、製薬業界における課題と今後の取り組みに関してご紹介します。規制、基準(GxP)がビジネス進行を妨げることがあります。FAIRの原則を適用する必要性が課題として認識されることもありますが、多様なステークホルダ-(医療従事者、大学、新興開発企業など)とのコラボレーションをデータインフラストラクチャを活用することで、簡素化および促進することができます。 もう1つの重要な側面は、各国でのデータの機密性です。データの所有権が患者/市民に帰属するという考え方は、データドリブン・インフラストラクチャを実装するための持続可能な要素となります。
  • コラボレーションしてイノベーションを推進する傾向(FAIR、および業界を超えたコラボレーション)について
  • データの所有権とパーソナライゼーション対応に必要な患者との協同作業
  • 製薬業界、ヘルスケアプロバイダー、政府、患者をつなぐ新しいデータソース

第1回 データドリブンな製薬企業のあり方・海外のDX最新動向 ウェビナー
第2回 DX時代のデータドリブンな新薬開発プロセス ウェビナー