Share
book
資料 (Executive Brief)

Teradata Vantage -ビジネスに必要な次世代アナリティクス・プラットフォーム-

企業はこれまでも、答えを求めてアナリティクスに多くの投資をしてきました。それにも拘わらず、その投資に見合ったビジネス成果を得られていない現状があります。企業でアナリティクスを十分に活用できていない理由の 1 つがデータのサイロ化です。企業では職種や役職ごとの要求に応じ、順次アナリティクス環境を用意してきました。その結果、経営層のための環境や経理部門や営業部門のための環境が別々にできあがってしまったのです。各々の環境がデータをコピーして保持しているため、データの重複や不整合も発生します。さらに、重要な情報を守るためのセキュリティやアクセスコントロールなど、データガバナンスの確保もままなりません。
それらの課題を解決し、以下の 3 つの要件を満たす次世代のアナリティクス・プラット フォームが、Teradata Vantage (以下、Vantage)です。

  1. オープンソース技術の柔軟性と俊敏性を取り込めること
  2. すべてのデータを活用するためにデータ構造を明らかにし、 データガバナンスが考慮されている
  3. ユーザーのさまざまなニーズを満たす先進的で統合された アーキテクチャ
Vantage はシンプルなアーキテクチャで、あらゆるデータを大規模に統合でき、迅速に価値ある答えを導き出します。Vantage はパブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、オンプレミスなど、さまざまな環境で動かすことができます。これにより、ビジネスに直結する価値ある分析環境が迅速に実現できるのです。Vantage ならビジネスにおける重要な課題を解決し、ビジネスにイノベーションをもたらすような高度なアナリティクスも容易となります。


Vantage_Overall20190702-(2).png

file_download 今すぐダウンロードする