Share
local_library
eブック

Teradata Magazine 2020:「コネクテッドカー」技術にまい進する日産自動車

「コネクテッドカー」技術にまい進する日産自動車
データ利活用から 導き出す”答え”とは?

1990年代という早い時期からコネクテッドカーの研究開発とサービス化に取り組んできた日産自動車(以下、日産)。通信環境 の高速化、大容量データの処理能力向上といった技術革新の後押しもあり、自動車のデータを分析・利活用する新しいビジネス /サービスの提供を本格化させている。果たして日産は、データ利活用によって何を目指そうとしているのか?日産でコネク テッドカービジネスを担当するコネクテッド技術開発&サービスオペレーション部 部長の(2019年11月現在)村松寿郎氏と データ分析プラットフォームを提供する日本テラデータ ビジネスコンサルティング事業部 事業部長の川村佳世子氏の対談を 通じてその“答え”に迫る。
Teradata-Magazine-2020_Nissan.png
※本記事は、日本経済新聞 電子版広告特集として2019年11月に掲載されたものの転載です。  掲載されている内容、対談者の役職は当時のものとなります。